<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
広重と印象派

先日の日曜日、TVで「日本の心の旅SP・蘇る浮世絵ロード」という番組がありました。
女優・壇れいがフランス印象派の画家たちに影響を与えたという日本の浮世絵をたずさえ、巨匠たちのゆかりの地を旅するという美術紀行。

今年は歌川広重の没後150年ということで、代表作「東海道五十三次」全55図が彫師たちにより3年の年月をかけ完全復刻されたことも重要なポイントのようです。

録画して3回観ました。
パリのマルモッタン美術館とオルセー美術館では、直接影響受けたという印象派の画家ピサロやマネ等の絵と広重や北斎の浮世絵とを実際見比べながら鑑賞するという、なんとも贅沢なものでした。
ジャポニズムという言葉が流行ったように、まさに印象派の絵画の中に、浮世絵の斬新な構図や色彩、日本の叙情までもが生きているんです。
後半は、広重の影響を特に受けたという、セザンヌ、モネ、ゴッホにスポットをあて、彼らの創作の現場を訪れながら、同時に、広重が歩いた日本の東海道五十三次の今昔を映しながらの検証は本当に興味深いものでした。


a0029889_12385089.jpg
「ローヴからみたサント・ヴィクトール山」セザンヌ

高校時代はセザンヌが大好きで、画集を手放しませんでした。大人になって、ドガやロートレック、そしてモネの睡蓮。とずっと印象派ばかり観ていたような気がします。
でも、ゴッホの位置はちょっと違った。セザンヌやモネのように画集を傍らに置くのでなく、遠くから見つめる感じでした。


a0029889_12374139.jpg
左;「夜のカフェテラス」ゴッホ / 右;「オヴェールの教会」ゴッホ

ゴッホの絵をみるとき、燃える太陽の黄色も、火傷しそうなオレンジ色も、深く澄んだ青色も、力強く描かれていればいるほど何故か心はとめどなく寂寥感に包まれるのです。孤独の叫びとか、そんな簡単な言葉では表せないもっと深い苦のうねりのようなものを感じていたからでしょうか。

セザンヌやモネの絵は模写できても、ゴッホの絵は誰にも真似できないと思う。
絵の具と一緒に塗りこめられた魂の叫びまで描けないと思うから。

今回、ゴッホの「青」について語られるところがあったけれど、これも広重の影響らしい。
ゴッホの青をみて、昔、フランスのフォンテーヌ・ブローという村で見た青空がこの世のものとは思えないほど美しかったのを思い出した。あの時の青空も何故かすごく寂しい青をしていた。

ゴッホの絵が凄いのは、時代を経てもいつも変わらぬエネルギーで私たちを感動させてくれること。彼の心の叫びが絵の具のうねりとなって描かれているからでしょう。それは未来永劫決して色あせることはないと断言できます。

でもね、あなたの大好きな絵は?と聞かれたら、やはり真っ先に答えるのは、「モネの睡蓮」だと思います。
何層にも重なりあう深いモーブ(紫)は大きな懐に包みこまれるような安堵感があります。
a0029889_11404615.jpg
「睡蓮」モネ



今回、歌川広重の「東海道五十三次」を観て、あらためて浮世絵の素晴らしさを再認識しました。
季節感を大事にし、その移り行く風情を美意識として表現する日本人の感性は世界に誇れるものなのですね!


先日、第138回・芥川賞に決まった川上未映子氏のblogをみていたら、過去にゴッホについて書かれていました。ストレートに胸に届きます、皆さんにも是非読んでほしいです。
こちら→「わたしはゴッホにゆうたりたい」
[PR]
by soleiljap | 2008-01-29 14:52 | ◇ 美 術 | Trackback
カンタービレ!

a0029889_9534117.jpg
本格的な冬日が続いています。皆さま、風邪など召されていませんか。

今朝の富士山は、虫眼鏡で見るようなくっきりした輪郭で、丹沢の山肌が波打っているのまではっきりとみえました。
スタンドのビオレが沢山花をつけていました。乾燥気味の土は最初なかなか水を吸ってくれないので、沢山水をあげたら、そのうち余分な水が急に流れてでて慌てて離れました。(笑) 
寒い冬に咲く花って、どこか凛として気持ちいいです♪

ピアノに没頭しています。春の発表会を意識する頃なのですが、今練習中のアラベスクか、昨春覚えたノクターンのどちらかを弾くことになると思います。どちらがきてもいいように今は両方完成したく練習中。(先生は両方弾いてもいいとおっしゃっていたのですが、それは・・・)

思うように弾けない私のテーマは、タイトル通り、“カンタービレ”(=歌うように)。
音を楽しむ音楽。その方法は人それぞれ。少しでも人の耳に触れるのなら、いい音をだしたい。理想の音で、歌うように旋律が流れ、聴く人も自分も心地よくなれたら、と思うのは、ピアノ歴、たかが一年ちょっとの青二才には欲張りですね。

特にショパンの曲は、五線譜にない音、叙情をどのように表現するかだと思うのです。弾く人の数だけノクターンがあるのかなと思います。
よって、叙情以前のテクニックもない私は日々鍵盤に向かい“カンタービレ!”を合いの手に今日も練習に励んでいるのであります。

そんな日々。丁度一週間前、我が家のピアノに異変が!! ←これ一度やってみたかったのよ(笑)


































前板がない!!!


a0029889_8585423.jpg
今、こんな状態で弾いています。(譜面はアラベスク1番)
普段から湿度が低い部屋、床暖房やエアコンで部屋は益々乾燥。他にも原因はあるのでしょうが、音が反響(虫が羽をこすり合わすような音)して、調節してもらうために修理に出しました。


最初は早く元通りになってほしかったのですが、今はもう少しこのままでもいいかなと。だってとってもいい音なんです。
むき出しの弦とハンマー。音がそのまま伝わるのですから音が綺麗なのは当たり前。伸び、切れ、まろやかさ、何をとっても蓋つきよりずっといい。先日の先生のレッスンもこれで。(笑)

そして、久々の手作りおやつ♪
[PR]
by soleiljap | 2008-01-25 11:35 | ◇ 音 楽 | Trackback
ニュー・イヤー・コンサート@オペラ・シティ

あの感動からすでに1週間以上が過ぎてしまいました。
1月15日、ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団のニューイヤーコンサートに行ってきました。

ニューイヤーコンサートといえば、すぐ思い浮かぶのが毎年元旦にウィーンで行われるウィーン・フィルの演奏会。
衛星放送のおかげでいまや、リアルタイムで世界中で見ることができます。毎年選ばれる指揮者も興味ありますが、何より指揮者と演奏家と観客が一つになって楽しんでいる様子は見ていて毎回幸せになります。ちなみに来年の指揮者はバレンボイムだそうです。

そんなニューイヤーコンサートの雰囲気を今年はなんと日本でも味わえるというではありませんか♪
お正月からスキーや諸々の用で予定が立てられなかったのですが、早々にコンサートに行かれたtkouzanさんの記事を見て益々行きたい気持ちはつのり、東京の最後の日(オペラ・シティ)に行くことができました。

ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団はワルツ王ヨハン・シュトラウスが創設した伝統あるオーケストラ。優雅で空を舞うような軽やかなヨハンシュトラウス(一家)の楽曲を本家本元の演奏で聴くのは勿論初めて。おなじみの「皇帝円舞曲」「美しき青きドナウ」もリッチな大人の曲というイメージ。アンコールにはお正月の曲「一月一日」が演奏され皆で合唱するという場面も。
粋なサプライズに後半はずっと和やかな雰囲気で、ヴァイオリニストでもある指揮者オーラ・ルードゥナーと団員とのユーモアたっぷりのパフォーマンスをまじえた演奏は実に楽しかったです。2時間があっという間でした。
一緒に行った娘も楽しかったねと感激。帰りは娘とラデツキー行進曲を鼻歌で歌いながら帰ってきました。
素敵な演奏会を紹介してくださったUさん、こんなにハッピーになる演奏会は初めてでした。ありがとうございました♪

来年もくるらしい♪楽しみです! 詳しくはこちらをごらんください。
[PR]
by soleiljap | 2008-01-23 23:57 | ◇ 音 楽 | Trackback(1)
おばあちゃんのお漬物
a0029889_1645794.jpg

皆さんの家では、毎日の(和食の)食卓にお漬物は必ず並ぶほうですか?

我が家は並んだり並ばなかったり。 というのは昨年の前半まで。
昨年12月、毎年送られてくる実家からの子どもたちへのプレゼントやお年玉と一緒に、大量の寒干し大根が送られてきました。(2kも!)
箱を開けたとたん匂う干した大根の匂い。 懐かしさと同時に、こんなに食べられるかなーという不安。中には手紙と一緒に秘伝のレシピも入っていました。

何のお漬物か鹿児島の方はお分かりですよね。鹿児島名産の壷漬け(山川漬け)です。 スーパー、お土産屋、どこにでも必ずあるものですが、これが味が微妙に違い、好みに合うものが中々ないし、味も濃い。
いつからか母のレシピは一番の美味しい壷漬けになっていました。これまでは出来上がったものを容器に入れて送ってくれていたのですが、今回初めてレシピと寒干し大根が送られてきました。

a0029889_18294797.jpg早速、レシピ通りに作りました。
鹿児島のお醤油は甘いので、少々母の味とは異なるかもと思いながら、漬け込んで2,3日。(この辺から食べられるとのこと)
その美味しさにびっくり!!!それ以来、毎日我が家のテーブルに並ぶ壷漬け。(↑皿は毎日壷漬用に使っているもの)


どこへいってもある庶民的なお漬物、その種類は数え切れないほど。 縦に長い日本列島、寒暖の差は産物、調理の仕方、保存方法までその土地ならではものが出来上がる。 これもお米が主食の国だからこそ出来上がる代物なのかも知れない。
そんな庶民的な漬物なのにお値段はちと高い。 梅干にしかり、しかし、その手間を考えると頷けますよね。
最初、送られてきた寒干し大根の量を見た時、食べられるかなと心配ましたが、ビンの上までいっぱいだった壺漬けが、もう半分に!

家族の「美味しいね」の賞賛を浴びながら、母(おばあちゃん)の美味しい漬物は今夜も我が家の食卓に並ぶのでした。
[PR]
by soleiljap | 2008-01-13 18:24 | ◆ 料  理 | Trackback
1月11は鏡開きの日  ※追記あり
a0029889_9342767.jpg
1月11日は恒例の鏡開き。家族の無病息災を願って、お供えしておいたお餅をぜんざいに入れていただきました。子どもたちも学校へ行く前に食べていきました。

私、生まれて物後心ついてから鏡開きにぜんざいを食べなかった年はないくらいぜんざい(餡子)が好きです。先日、雪のゲレンデでおしるこを頂いてから、益々この日が待ち遠しかったです。(笑)
娘は餡子は好んでは食べませんが、息子は大好き。夫もぜんざいは自分からよそって食べてます。(というか冷たいぜんざいが好きなので、温めるまえに自分でよそっている)
昨夜作って、朝食に食べられるようにしておきました。ことしの小豆は、暮れに友人のお母様から頂いたもの。皮が柔らかく小豆の味がしっかりして、いつもより美味しいです。

a0029889_11261797.jpg毎年書いていますが、鏡開きというと、父が1月11日にお供えの餅をさげて、ストーブの前で丁寧にカビを取りながら、小さく割った餅をストーブで焼いていたのを思い出します。

結婚してプラスチックの餅が出回るようになると、毎年プラ餅をお供えするようになりました。鏡開きの日にパッケージを開いて出てくる餅をオーブントースターで焼いて食べているのですから、風情などあったものではないですね。わが子どもたちの中で鏡開きといえば、プラスチックの餅&オーブントースターという図なんでしょうか。せめて、私が経験した鏡開きは話してあげたいと思います。
(田舎はまだ生の(機械で)ついた餅をお供えしています)

鏡を開く、、昔は切ることを嫌い、開くといわれています。本来のカビがきた餅は鏡開きの頃は乾燥して、手で裂けますが、プラスチック入りの餅で、一個ずつパックされているものはいいのですが、固めてある餅は包丁をいれないと切れませんよね。2段重ねの餅を丸ごと焼くにもいかないし。


a0029889_932032.jpg
お椀は、それぞれ子どもたちの名前が入っています。いいものではないのですが、普段使いにしていないので、こういう時に使わなければ!

追記:
我が家のお正月の行事は、11日の鏡開きで一応終わります。地方によって、各家庭によって違いますが、大晦日の年越しそばからスタートするお正月の行事は、元旦のおせち、初詣、新年の挨拶、そして、7日の七草粥で玄関のお飾りをはずし、お粥をいただき、11日の鏡開きではお供えの餅をさげてぜんざいに入れて食べる。
この一連を終えて、我が家はお正月が終わるといった感じでしょうか。

今年は、七草粥の前日に娘が「明日は七草粥だね」と言っていました。また、鏡開きが近づくと、(これは毎年なんですが)ぜんざい好きの息子が、「もうすぐ鏡開きだね」と言います。
時代の流れで行事の内容はむかしのようにはいきませんが、子どもたちの心に根付いてきたことを実感するたびに、ほんわかとした気持ちになります。そして、blogを通して日本の古きよき文化を見つけるたびに本当に嬉しくなります。

私たちが先代から受けついできた日本の文化や習慣。様子は時代とともに少しずつかわっても、根底にある精神は忘れずに子どもたちへと繋げていきたいですね。


最後に。
ぜんざいとおしるこの違い、地方によって呼び名が違うんですよね。「マヤヤのお料理ブログ」でその違いを書いてくださっています。
私の実家(鹿児島)は鹿児島なので、関西の呼び方のようです。 
関西と関東、もっと広く言えば地方、地方でも呼び名、調理法、その違いは多々ありますね。食の世界ってホントに興味深いです。
[PR]
by soleiljap | 2008-01-11 12:27 | ◆ Sweets | Trackback(1)
軽井沢 白糸の滝
a0029889_1031788.jpgチェックアウトを済ますと、いつも、もっと滑りたい夫は嬬恋のスキー場へ行こうと言い出す。
今回は子どもたちも大きくなり付き添いがなかった分、本人も子どもたちも十分滑ったという思いがあるからか(いや、年のせいか?笑)、「嬬恋」の二文字は出てきませんでした。

時間もあるし、白糸の滝へ寄ることに。
北軽から市街地へ抜ける「白糸ハイランドウェイ」(有料)の途中にある「白糸の滝」。以前、訪れた時は道路に出店などなかったのに、今回は観光客目当てのお店が数件建っていました。

露店の焼き鳥屋さんから、大音量で演歌が流れていたのにはがっかり。訪れる全ての人が演歌を好きなわけはなく、静かな景色に大音量の演歌。どうにかしてほしい!


a0029889_10351880.jpg
軽井沢は駅周辺と北のほうでは雪の量が違います。30分も走らないうちに、景色から雪がなくなります。
ここは北に位置する場所。車を置いて雪景色を堪能しながら歩いて滝へ向かいます。(画像は帰り道)

a0029889_10322078.jpg
白糸の滝はその名の通り、山に蓄えられた水が岩肌から細い糸状になって幾重にもその筋をつくって流れ出ている静かな滝。高さは3メートル、幅は70メートルほどですが、湾曲になっているので見る角度で表情が変わります。

a0029889_10342226.jpg

a0029889_11181685.jpg
気温は氷点下、氷になっている部分も見られ、さぞ水も冷たいかなと思いきや、ぬるいという印象でした。
(※追記:水は伏流水(=地中で自然のろ過が行われている)なので、温度が一定で濁りがないそうです。)
白糸の滝を後にした私たち、一度も行った事がない「アウトレットショップ」に寄りましたが、大自然の中で物欲は遥か遠くに押しやられ、というか目的がないので、建物をひと通り見ただけでそそくさと出てきました。

今回の2泊3日のスキー旅行は大自然のなかで思いっきり身体を動かして、美しいものを見て触れて心身ともにリフレッシュできた旅でした。怒涛の年末年始も滞りなく終え、また新しい年に向かって気持ちよく前進できそうです。
楽しい旅行をアレンジしてくれたパパありがとね。

***************************
※関連記事  【お正月スキー】 ・ 【軽井沢スキー 足跡編】
[PR]
by soleiljap | 2008-01-10 13:15 | ◇ 風 景
軽井沢スキー 足跡編
a0029889_14214624.jpg
自然が美しいのは、そこに一切の作為がないから。

真横からさした朝日が雪の上に木の影を作っていました。細く幾重にも重なる枝がやわらかな波を作って、雪の上に描かれた絵のよう。
本当は朝陽が見たくて早起きしたけれど、偶然見つけた雪の上の「絵」。

そして、もう一つ 可愛いものを見つけました。――― 足跡です。
足跡というより、急いで引いた点線のようです。 見えますか?(クリックで大きくなります)
鳥でしょうか。雪の上をすべるように走りぬけたのね。あちこちの木をくぐって、その行き先をたどったけれど、光の反射で見えなくなりました。
数年前は野生のウサギを見かけたことも。これだけの自然、人間の方がお邪魔させてもらっているんですね。


そして、こちらは作為の足跡。(笑)
a0029889_1411696.jpg
a0029889_1425463.jpg

a0029889_1474954.jpg
きゅっ、きゅっと雪を踏む音。嬉しくて私もこの後、娘と一緒にお散歩。 そして、冷たくなった身体の後は、勿論温泉!

***************************
※関連記事   【お正月スキー】 ・ 【軽井沢 白糸の滝】
[PR]
by soleiljap | 2008-01-09 23:08 | ◇ 風 景
お正月スキー
a0029889_1344776.jpg
お正月3日から出かけたスキー旅行は、浅間山を望む、自然がいっぱいある北軽井沢へ行ってきました。

a0029889_14264272.jpg
ホテルはハーヴェストクラブ軽井沢高原。
↓ホテルへ向かう道中、左側に見える雪原と山並みがまたいい景色。そこから旅の満足は始まっていると言うくらい大自然に囲まれた所です。
a0029889_16323598.jpg

なぜこのホテルが落ち着くのか考えたのですが、立地といい、建物の規模から、カナダにある大自然に囲まれたカナナスキス・ホテルを思い出すからかなと、夫とも話していました。
スキーといえばここ!というくらい良く来ましたが、今回は本当に久しぶり。目と鼻の先のスキー場へはスキー靴を履いていけます。

a0029889_1352075.jpg
↑ホテルの回りの風景。建物から撮影。 周りに見えるのは山と木と雪と空だけ。

a0029889_1354037.jpg
↑もホテルから撮影。大自然の美しさは私にとって最高の贅沢で癒し。

a0029889_1364462.jpg
お昼前に着いてすぐ、ゲレンデへ。
板と靴はレンタルしました。以前、来たとき(5,6年前迄)はこのスキー場も穴場で少なかったのに、今回はどこも列を作っていたのには驚きました。小さい子どもを連れた家族連れが多かったです。
a0029889_14283991.jpg
カナダに20年近くいた夫は、スキーは得意。 子どもがまだ板を履けない頃は、子どもを足の間に挟んで滑っていました。少し大きくなると、カルガモ親子のように夫の前や後を転びながら滑らせていました。今回のスキーでは、娘とは中級のゲレンデ親子3人で、息子とは上級コースを二人で滑っていたようです。

で、私はというと・・・

More
[PR]
by soleiljap | 2008-01-08 10:56 | ◇ 風 景
嬉しいお知らせ♪

ただいま~♪ 2泊3日の軽井沢スキーから昨夜帰ってきました。
滑って転んで、力を入れすぎた腕や腰が痛みます。(笑) 山のような洗濯ものを片付けてやっとPCに向かうと、なんと「食卓から愛をこめて」があの有名な料理サイト、『マヤヤのお料理ブログ』に紹介されていました!

痛みも疲れも一気に吹きとび、嬉しく読みました。
ハナさんのコーナー“探検!お料理ブログ その47”に書いてくださった素敵な記事を拝見し、ブログをはじめてはや3年半、我が家のおもてなしや季節の行事、家族との食卓でのふれあい。また時には趣味のことを自由に拙い文で綴ってきましたが、益々、食卓を囲むみんなの笑顔を大事にしてきたいという気持ちでいっぱいです。
メインの紹介記事の他にも、以前の記事にも触れてくださり、とっても細やかにご紹介いただけたこと心から感謝いたします。

ハナさん、そして「マヤヤのお料理ブログ」の関係者の皆さま、このたびは本当にありがとうございました。素敵なお年玉を頂いたような気持ちです。
これからも日々のお料理を楽みながら、「食卓から愛をこめて」も充実させて、皆さんといっしょに幸せになれたらと思います。

皆さまも是非、「マヤヤのお料理ブログ」をごらんくださいませ。



**********************
※あわただしい日々を送っております。皆さまのところへのご挨拶が遅れて申し訳ありません。ゆっくりになると思いますが、のちほど伺いたいと思います。
[PR]
by soleiljap | 2008-01-06 17:53 | *ご挨拶&お知らせ | Trackback
お正月のおもてなし ~おせち料理 2008~
a0029889_23184327.jpg
「一富士、二鷹、三なすび」、いい夢の順番ですが、二日の初夢、皆さんははどんな夢をみましたか。
また、二日は書初めの日。娘が朝、宿題の書初めをしていました。冬休みのこの宿題だけは私たちが子どもの頃から変わりませんね。

本日、義理の姉がきてくださいました。いつも凛としてとても素敵な女性。
おもてなしは、もちろんお節料理。お重に入れて出しました。

a0029889_23242557.jpg
元旦のプレートの寄せ盛りとは違い、お重に詰めるときりっとします。

実は昨年暮れにお重を新調しました。屠蘇セットと同じ塗りのものが欲しかったのですが、探しに行く時間もなかったのです。昨年冬、買い物にでた時、偶然見つけてすぐに購入。
蓋をあけた時、目に飛び込む色彩を楽しみたいので器(箱)はシンプルに。

a0029889_23274944.jpg
しつらえながら、やっとお正月らしい食卓だな、、なんて一人ウキウキしていました。
準備にも気合が入り、お雑煮のお出汁は、最初出来上がったものが鰹節の匂いが気に入らなくてやり直したくらい。

a0029889_23163747.jpg
今年のお節はどれも美味しかったので(何度も言う・・・笑)、皆さんにも食べてもらいたかったです。(笑)


a0029889_23103963.jpg
今日の富士山も朝からとっても綺麗でした。こちらは、夕日が落ちてすぐの富士山。(クリックで大きくなります)


明日から家族でスキーへ行ってきます。
[PR]
by soleiljap | 2008-01-03 00:42 | ◆ おせち料理 | Trackback(1)