<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ありがとう、桜 2008
a0029889_21572888.jpg

a0029889_21174015.jpg
目黒川沿いの桜並木は今がまさに見ごろ。青空が見えないくらい咲きほこっていました。

午前中ピアノの練習をして、午後からのんびり散歩に出かけました。

a0029889_21201732.jpg
ジョギング(ウォーキング)コースの一つです。何往復もしたくなる桜のトンネル。

a0029889_2133421.jpg
時折、ひらひらとガクごと落ちてくる桜の花を大事そうに袋に集めている女の子。お弁当を広げて、ピクニックの人。カメラに収める人。この時期は沢山の人が訪れます。

明日の朝、またカメラをもって来よう。
[PR]
by soleiljap | 2008-03-29 22:00 | ◇ 風 景 | Trackback(1)
塩キャラメル マフィン & Pianoのことも。
a0029889_1083681.jpg
ほんのり塩気の利いたキャラメル・マフィン。クセになりそう。

どうやらスーパーにまで、その手は及んだみたい。無塩バターがすっかりその姿を消してしまった。
いつも行く専門店の発酵バターやカルピスバターは、すでに昨年から買えなくなったけれど、スーパーに売っている○葉の無塩バターでも、美味しいパウンドケーキは作れた。でも、無塩が見つからない今、流石に、バターの量が必要なケーキには有塩バターは使えない。

a0029889_1052545.jpg
さて、それならば、バターなしで作れるケーキはというと、マカロンにシフォンケーキ、色々あるけれど、冷蔵庫に買い置きしていた生クリームと有塩バターが沢山ある。何か作らねば。
ということで、まず、生クリームで塩キャラメルを作ってみた。塩はキャラメルが出来上がってから最後に、少しずつ味見をしつつ投入。
キャラメルができたら、次は、以前から作りたかったマーブル状のキャラメル・マフィンに挑戦。
有塩バターといってもこのマフィンはバター控えめ。バター生地とほんのり塩味のキャラメルのハーモニーは、予想以上に美味しかった。マーブルは正解。

無塩バター対策につくった“有塩バターのお菓子”。意外と簡単にできたのでした。

----------------------------------------------------------
さて、ピアノの発表会が近づいてきました。お菓子作りはそんな程よい緊張を解きほぐすための心のマッサージ。なんて書くと、ソレイユは髪振り乱してピアノの前に座っていると、思う?
いやいや、何が起こっても後悔せぬよう、万全を期したいのです。
昨年、ピアノを始めて半年ちょっとででた発表会。娘の胸をかりて連弾ならと挑んだわけだけど、それが予想を遥かにこえた撃沈劇。―――あれほど練習したのに・・・・

今年は連弾とソロも弾きます。  あと一ヶ月、がんばります♪


PS バター不足の原因はご存知だとおもいますが、詳しくはこちら
[PR]
by soleiljap | 2008-03-28 14:05 | ◆ Sweets | Trackback
おめでとう!春はお祝いの季節
a0029889_940774.jpg
今日はあちこちで卒業式が行われたようですね。卒業された皆さん、そしてお父様、お母様、おめでとうございます。感慨深く、式を見守られたことと思います。

卒業式は子どもと同じように親にとっても記念すべき祝いの日。子どもが生まれて親になり、私たちも子どもと一緒に一年一年成長させてもらっている。だから、子どもの卒業式や終了式は親にとっても、子育て○○年の節目の日。
これから、また数年子どもと一緒に笑い、涙し、沢山のエネルギーを吸い取られながら(笑)、一緒に階段を登っいくんだな、と毎年この季節になると思う。

a0029889_212788.jpg
植物は誰かに教えられる訳でもなく、土の中で春を待っているのですね。何も無かった枝に萌黄の小さな小さな芽を出し始めました。

この木は、以前住んでいたマンションの庭に植えてあった木の子ども。(木の名前が分からない) 
子どもと書いたのは、引越しの時、この木を息子が新しい家へ持っていきたいと懇願。でも地面にしっかり根を張っていたので掘り起こせません。ならば差し木でと、枝を数本切り、新しいマンションで鉢に10本差して様子をみました。
9本がだめで、1本だけに根がつきました。あれから、約4年、毎年元気に芽吹いています。
以前の家では、毎年、5月の子どもの誕生日の頃に真っ赤な実をつけていました。低い木なので、実は子どもたちの届くところにあります。数種類の鳥がこの赤い実を食べに来ていました。子どもたちは、「鳥さんたちと半分こね」といいながら、兄妹や友達と一緒に、その甘酸っぱい実を食べていました。
差し木で育った木は栄養が足りないのか、まだ実はつきません。新芽を見つけると、今年こそは、と思うのです。


a0029889_2133999.jpgごらんの通り、ドンペリニヨン。
明日、あるところへ持っていってお祝いします。

急遽、今日買いにいったのですが、近所のお酒屋さんにあってよかったです。

a0029889_214370.jpg
プレゼントなので、包装、リボンをと思い相談したら、このお酒、箱が十分に存在感があるので、包装はしないほうがいいとのこと。リボンもしかり。 
言われて、納得。あぁ、言わなければよかった・・・(笑)
[PR]
by soleiljap | 2008-03-19 22:36
ピーカンナッツ・クッキー
a0029889_17492665.jpg
花粉症の洗眼液が手放せません。今、涙目でタイピング。 今日は特に花粉が多く飛んでいたような気がします。なので本日は短めで失礼いたします。

この数日、クッキーばかり焼いています。 春休みに入るので、ちょっとつまめるおやつがあると母も子も安心。

こちらのクッキーは、先日Yさんに教えていただいたばかり。
ピーカンナッツは細かく砕いて、食感を残すために少し荒めのものも加えました。アーモンドパウダーにはない、軽いけれどしっかりナッツの味を楽しめるクッキーです。
美味しかったです。レシピありがとうございました。

では、皆さま、おやすみなさい。
[PR]
by soleiljap | 2008-03-18 23:30 | ◆ Sweets | Trackback
ブラームス ピアノ・コンチェルト2番@サントリー・ホール

3月15日、サントリーホールにて日本フィルの定期演奏会を聴きに行きました。

  日本フィルハーモニー交響楽団 
     ♪ ブラームス : ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調
     ♪ R.シュトラウス : 交響詩《ツァラトゥストはかく語りき》

     ■ 指揮 : 沼尻竜典
     ■ ピアノ : ニコラ・アンゲリッシュ

ブラームスのピアノ・コンチェルト2番は大好きな曲で、いつも「リヒテル/マゼール指揮」 と 「ツィマーマン/バーンスタイン指揮」 多分他にもあったと思うけれど、この二つのCDを良く聴いています。(好みは安定感のあるリヒテル) 
この曲はなんといっても、最初のホルンの出だし。この曲を聴くとまず思うのが、雄大な山の風景。以前、真冬の早朝、自宅から美しい富士山を見つけた時、すぐにこの曲を思い出しかけてみたけれど、「ちがう・・・」。
もっと大陸的な原始地球を思わせる山。そう、ヨーロッパの大自然のもっと大きい風景がぴったりなのです。
コンチェルトと言えば、3楽章編成のものが多いのですが、これは4楽章からなる長い曲。スケールといい、ピアニストには力を求められる曲なのでしょう。

ピアノは、ニコラ・アンゲリッシュ。1970年生まれのアメリカ人、13歳でパリ国立高等音楽院に入学し、ピアノ、室内楽、伴奏の各クラスでプルミエ・プリを受賞。その他、さまざまなコンクールで賞を獲得している彼はこれから先が楽しみなピアニスト。

今回2階席から聴いたのですが、大オーケストラを従えてのピアノの存在感は凄い。アンコールに、シューマンの「トロイメライ」。お兄ちゃんに聴かせたかったね、とお隣の娘と話していました。
そして、毎回言っていますが、生はいいですね。交響詩もいれて2時間弱、贅沢な時間を過ごせました。

↓はサントリー・ホールの広場の噴水周りの花壇。きちんと手入れがされていてとても綺麗でした。いい音楽を聴いたあとで、可愛い花たちに出会うと心さらにやさしくなれますね。都会にあっても、こういう(イベント)余裕は忘れないで続けてほしいと思います。

a0029889_892669.jpg


a0029889_894232.jpg

2時からの公演で終わったのが4時。ぽかぽか陽気だし、このまま帰るのももったいなくて、PAULによって軽く食事をしてかえりました。勿論、パパとお兄ちゃんにケーキのお土産も忘れずに。
[PR]
by soleiljap | 2008-03-17 08:10 | ◇ 音 楽
ビュー・ラウンジでピクニック♪

a0029889_1833070.jpg
クッキーとパウンドケーキを持って、パリから一時帰国しているきっしゅさん宅におじゃましました。
最近はフランスと日本を行ったり来たりでとても忙しい彼女。この日は、パリから買ってきたという沢山の食材で手作りの料理をご馳走してくださいました。

そして、出来立ての料理は、お住まいの高層マンションの上階にあるビューラウンジに運んで ピクニック。なんて素敵な提案。

景色の写真を撮り忘れたのですが、上からの景色は素晴らしく、晴れていたので東京湾とレインボーブリッジが良く見えていました。以前は夜景でしたが、夜もまたいい景色なのよね。

a0029889_22552297.jpg
メニューはフランスの香りたっぷりです♪
・まずは、きっしゅさんお得意のケーク・サレ・・・塩味のパウンドケーキです。きのことブルーチーズがコンビネーションがとてもよくて、ヨーグルトのソースを添えていただくので濃厚だけどさっぱりといただけますね。
・野菜のマリネ・・・パプリカとアスパラ。チコリが添えてありました。
・ドゥ・フィノア(ポテト・グラタン)・・・我が家もよく作るのですが、人が作ってくれるのをいただくのもまた味が違って刺激になります。
・パン・・・フランスから買ってきたというパン、、パン屋の名前が思い出せない。(笑)
・ジャンボン・セック・・・薄く切った生ハムを少し乾燥させたハム。サンドウィッチ・オ・ジャンボンを思い出す。
・パンのおとも・・・パテ、タプナード&クリームチーズ 

どれもホントに美味しくて、お喋りしながらずーと口も動いていたような気がします。
きっしゅさん、フランスを十分満喫。とっても美味しかったです。ごちそう様でした。
[PR]
by soleiljap | 2008-03-16 01:30
バーチ・ディ・ダーマ (貴婦人のキッス)

a0029889_10475383.jpg
ぷっくりとした唇のような形のクッキーは"Baci di Dama"(バーチ・ディ・ダーマ)。
イタリア語で、貴婦人のキスという意味だそうです。
プレゼント用に焼きました。

今日は会社をサボって(笑)、パリから一時帰国している きっしゅさんのお宅へ。
眺望のいいラウンジでピクニック。お手製のお料理をご馳走になりました。

a0029889_10395478.jpg
お土産のクッキーは、"Baci di Dama"(バーチ・ディ・ダーマ)。
このクッキー、材料も手順もとても簡単で、生地は手で丸めます。あっという間にできてすごく美味しいの。食感はふわっとして更にサクサク。
きっしゅさんはクッキーが大好き。初めて作ったクッキーは満足の出来。そんな時のラッピングもまた楽しいもの。

レシピはこちら

もう一つは先日作った夏みかんのピールでパウンドケーキを焼きました。
こちらは最近よく焼いているもの。レシピを確立したいので、今回も焼かせてもらいました。
小さいパウンド型で2本焼いて、1本は子どもたちのおやつです。朝、夫も食べていきましたが、「美味しい!」と言ってた。(うほ!…^^) 

a0029889_10422653.jpg
ラウンジでのピクニックはパリの食材をつかったおいしいランチ・メニュー。

追記:
 夏みかんのピールで作ったお菓子たち
  ■ Birthday Cake
  ■ パウンド・ケーキ
  ■ マフィン
  ■ パウンド・ケーキ&ピール
[PR]
by soleiljap | 2008-03-13 22:06 | ◆ Sweets | Trackback
ミラノから来たチーズ
「これはね、イタリアの最高チーズ。これを担保にお金だって借りれるんですって。心して食べてね」

a0029889_1015545.jpg
そういわれて、熟成4年物を一番最初に食したのは、私と同じくチーズが大好きな息子でした。
薄く切ってあげると、そのインパクトたるや、香り豊かで濃厚な味に舌がちょっと驚いた。彼の表情からそんな感じだったでしょうか。

先日、ミラノから一時帰国しているすずめさんに、4年もののパルミジャーノ・レッジャーノをいただきました。封を開けたときの芳醇な香り、表面の白い斑点、岩のような風格は、まさにイタリアチーズの王様!

a0029889_958292.jpg
さっそく、ミート・ソースでいただくことに。
こちらの乾燥パスタは、やはりすずめさん帰国されたとき(昨年暮れ)にいただいたもの。とても食べやすい形と大きさで、ソースとの絡みも絶妙です。 (次回もコレお願いしますね♪)

a0029889_109619.jpg
このパルミジャーノ・レッジャーノはほんの少しで十分。
いつも、これでもかとパルメザン・チーズをかける息子も、軽くかけて、いつもの数倍おいしくなるね、ですって。
スライサーは、3年ほど前にパリのきっしゅさんにいただいたもの。こちらはふわっと削れて口当たりもとてもいいのです。

すずめさん、とっても美味しかったです。家族も大喜びでした。ありがとう!!(あ、これもリクエストしていい?・・・笑)

--------------------------------
余談ですが、この2,3日、花粉症が本格化。目は赤く、鼻はかみすぎてヒリヒリに。頭は機能がにぶりぼーっとしています。(これはいつものことかしら)
そんな気分を払拭したく(物理的には無理なのですが)、会社へ行く途中に寄り道。
ピアノ屋さんで試弾させていただいてきました。それは、当分(いや一生かな)、買えそうにない、スタインウェイ。
普段スタンドで練習しているので、グランドピアノで弾くと、トリルも指をもてあましてしまうくらい軽いし、音のニュアンスもいくらでも表現できそう。(若輩者にはまだまだですが・・・)
レッスンは先生が家に来てくださるので、いつも同じ環境(ピアノ)で弾いています。時々、グランドピアノで弾くことも大事だなと、今日、そんなことを思いました。ホールは(昨年とおなじなら)、置かれているピアノはスタインウェイかベヒシュタイン。

そうそう、発表会はノクターンop.9-2を弾きます。アラベスクは暫くお預けです。
クラシックは奥が深い。弾けば弾くほどに思う。


**********************
ランキングに参加中。いつもありがとう。今日もよかったらクリックお願いします♪


[PR]
by soleiljap | 2008-03-07 15:10 | ◆ 料  理
プレゼントのお菓子

水ぬるむ3月、少しずつ温かくなってきていますね♪
さて、今日は桃の節句。我が家のおてんば娘は今日から試験、日をあらためてお祝いしようね、ということになりました。

a0029889_913209.jpg
画像はプレゼント用のマカロン(2種)と先日作った夏みかんピールを使ったパウンドケーキ。

a0029889_9133747.jpg
a0029889_9135069.jpg
これらを持って、ミラノからお嬢様と一時帰国しているすずめさんと会って怒涛のお喋りをしてきます(笑)。

a0029889_9135954.jpg
こちらは今朝、実家への宅急便の荷物と一緒に入れたマカロン詰め合せ。
会社から送ってもらおうと、夫に頼んで持たせた後にピールを入れ忘れたことに気づく。(残念)


今日の気温は14℃とのこと。暖かな一日になりそう。 皆さまも素敵な一日をお過ごしください。
[PR]
by soleiljap | 2008-03-03 09:33 | ◆ Sweets
読了  2008/1月~2月

2008年 2月

● 「ソフィーの世界」 読み始める。 ヨースタイン・ゴルテル
● 「愛の生活 森のメリュジーヌ」  金井美恵子 (再読)  
● 「乳と卵」  川井未映子 (芥川賞)
● 「こころの声を聴く」 河合隼雄


2008年 1月

● 「荒野の庭」  丸山健二
● 「燃えるクラシックこの100選」  宮本英世
● 「人生の目的」  五木寛之 (再読)
[PR]
by soleiljap | 2008-03-01 23:57 | ◇ 本