<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
大暑
a0029889_22514535.jpg
蝉が急に鳴きだしたね、と息子。まさに梅雨明けとともにやってきた夏、蝉の声も一段と逞しく響いてきます。

昨日は二十四節気の上では大暑。今日はホントに暑かったですね。




最近、簡単に人を刺したり、殴ったり、死に至らしめる事件をニュースで見るたびにやり場のない怒りと悲しさに包まれると同時に、ささくれた心はどうして生まれるの、という疑問。

恐ろしい事件が起こる度に、社会や経済のあり方、学校の教育体制、汚職まみれの政治家の体質……、数え切れない諸々のことばかりを挙げ、マスコミやコメンテーターと呼ばれる人間たちはここぞとばかり他人のせいにする。明日はわが身かもしれないのに。
大切なことは、今、私たちが何をどうすればいいのかを考えていかなければならないのでは…。

右をみても左をみても数字が溢れて、生まれてからすでにデジタルの世界で生活し、当たり前にコンピューターがあり、エアコン完備の部屋で四六時中ゲームをし、溢れた数字はリセットボタンでゼロにする。
受験戦争ではむやみに競争心をあおり、没個性の押し込み勉強をさせ、タイムリーな心の成長は後回し。コミュニケーションは液晶で文字会話。
これってオカシイよね、と思うけれど、さてどうしたものか。情報が氾濫し錯綜し、何が良くて何が悪いかさえ意識の中では麻痺状態。

そんな時にいつもおもう事は、始まりは家族だということ。
目を見て、「おはよう」と言っているだろうか。「美味しいね」「楽しかった?」「頑張ったね」「ありがとう」……。日々の生活の中で、何気ない言葉を心からかけてあげているだろうか。きっかけは沢山ある。大層なことではなく、普通のことでも心をこめて伝える。いつも目を見て。

デジタルな生活はとても便利。でも、ちょっと足を止めて自然と触れ合い、感動を分かち合い心豊かに過ごしたい。そんなことでいいと思う。いや、そんなことこそが今大事なことだと思う。



毎日暑いけれど、生きてるって証拠。(笑) 必ず秋は来る。元気にこの夏をすごしましょう。



本日、早朝息子は吹奏楽部の夏合宿へ発ちました。8月にあるコンクールに向けての猛練習です。
娘も中3最後のコンクール(同じく吹奏楽部)の練習へ突入。
息子は朝、熱っぽかったのでちょっと心配ですが。元気で4泊5日の練習を終え、いい成果をあげて帰ってきてほしいです。
娘は、今朝お弁当を持っていきました。3時まで練習。(お弁当は画像がよく撮れていたら、後ほどアップします。(まだPCにおとしておらず)

二人とも身体に気をつけて頑張ってね。最後の高校と中学生活。燃焼してください!みんなで応援しているからね。

More 娘のお弁当
[PR]
by soleiljap | 2008-07-23 15:45 | *ご挨拶&お知らせ
お知らせ♪

いつも美味しそうな手作りスイーツを載せていらっしゃる、*Sweet tooth*のgreenflower1111さんが、焼き菓子のネットショップをオープンされました。

私がgreenflowerさんと初めて交信させていただいたのは、もう、思い出せないくらい昔のこと。更新の度に、美味しそうな焼き菓子を楽しみにしたものです。
今も昔もずっと変わらないgreenflowerさんのお菓子作りに対する想いや情熱、それを作る真摯な姿は、見る方に一つの安心感を与えるんだと思います。私も心から応援させていただきます。

私がいろいろ書くより、是非、ブログをごらんください。オープン記念の素敵なプレゼント企画もあるようです♪ 



※新しい記事は ↓ にあります。
[PR]
by soleiljap | 2008-07-21 00:00
珈琲ムース
a0029889_15505779.jpg
今日いっせいに梅雨明けしましたね。このところ暑い日が続いていたので、これでやっと暑中お見舞いが出せます。

先日いただいたコーヒー豆、ゼリーの次はムースにしました。
ゼリーは大人気で子ども達からもリクエストがあり、合計3回作る。コーヒームースは初めての試み。いつも作っているムースのレシピをアレンジしました。

a0029889_15583415.jpga0029889_15584427.jpg
作りながら、コーヒーが薄いかなと思ったのですが、バランスは丁度よかった。もう少しフワフワが好みなので、次回はゼラチンの量を少なめにしてみます。

今日はお客様が見えたので、あるようで無いコーヒーのムースが喜ばれました。


a0029889_166412.jpg

飲んで美味しいものをスイーツにする贅沢さ。いい香りに包まれながら、楽しみながら作りました。
nasukaさん、珈琲ムースも美味しくできましたよ♪ ありがとうございました。
[PR]
by soleiljap | 2008-07-19 21:58 | ◆ Sweets | Trackback
*Recipe 珈琲ゼリー 
a0029889_21443831.jpg
焙煎したての珈琲をいただきました♪ 郵便やさんから手渡された封筒からただよう珈琲の香り。その瞬間、リラックスモードに入ってしまうから、コーヒーのアロマ効果たるやスゴイ。

豆の選別から手作業で、大事に大事に焙煎された珈琲豆。美味しくいれなければバチが当たります。(笑)
すぐに封を開けて、電動ミルで細かくする。手動のミルならもっと香りを楽しめるのですが、・・・残念。
まずはホットで。ネルでじっくり時間をかけて煎れたいところですが、ペーパー。 
お、美味しい!!
次は濃い目に入れて珈琲ゼリーにしました。ガムシロップも生クリームも常備してあるので、シンプルにかけていただく。

実は、最初に作ったものは家族全員にあっという間に食べられてしまい、今朝、再度作りました。美味しい豆ですもの当然ですね。

nasukaさん、とっても美味しかったです。ありがとうございました。次はムースの予定。上手く出来たらアップしますね。

簡単すぎてレシピと言うほどのものではないですが、我が家の配合です。


     珈琲ゼリー

【材料】
・濃い目のコーヒー ・・・・・・・・ 500cc
・板ゼラチン(1枚1.5g) ・・・・ 5枚
・グラニュー糖    ・・・・・・・・ 大さじ2

・シロップ ・・・・・ 鍋に砂糖100g、水200ccを入れ、火にかけ煮とかし、冷やしておく。
・生クリーム ・・・適宜

【作り方】
① 板ゼラチンを水でふやかしておく。
② 濃い目のコーヒーを煎れ、コーヒーが熱いうちに砂糖&水気を絞った板ゼラチンを加え、よく混ぜる。(冷たくなったコーヒーは温める。※沸騰はさせないこと)  
③ お好みの器に入れ冷蔵庫で冷やす。(4時間以上)   
④ 固まったら、シロップ、生クリームをかける。生クリームでデコレーションしたらお洒落なデザートに。

※シロップはアイスコーヒーや、アイスティーのガムシロップとして使えます。我が家は杏仁豆腐のシロップとしていつも常備しています。
※ゼラチンは板(1枚1.5g)を使うので、粉ゼラチンでの硬さはどの程度になるかわかりません。
 
-----------------------------------
飛んできたブラ○○ーのその後。
管理人さんの所へそのまま持っていくには抵抗があったので、今朝ジョギングの帰り、管理人さんに会った時に、その旨話すと、これまでも失くした人が取りに来たことはないとの事。処分してもいいですと言われたので、すぐにゴミ箱へ。一件落着。
[PR]
by soleiljap | 2008-07-17 22:55 | ◆ Sweets | Trackback(1)
ただいま♪
本日鹿児島より帰ってまいりました。
こうやって画像をみていると、まだ鹿児島にいるみたい。(笑) 空気の匂いとか、鹿児島弁とか、、、 
リラックスモードに入ってしまった。(笑)

a0029889_1828315.jpg
早朝、ジョギングシューズを履いて家を飛び出すと、身体中がすぐに極上の空気を感知。大きく腕をまわしながら深呼吸をする。太陽のまだ出ていない蒼く澄んだ空が白い雲をますます白く輝かせていた。
上を見ながら歩いていると、足首あたりに冷たい感触。芝を踏むたびに朝露がはじかれていることに気づくのでした。

南国情緒漂うこの道は実家の近くにあるジョギングコース。背の高いフェニックスや芝が綺麗に整備され、遊具があちこちに点在しながら、約10K程続いています。この日はカメラを持って出たので走れませんでしたが、いつもたっぷり歩いて、帰りは汗だく。

a0029889_18282820.jpg
a0029889_18284062.jpg
この心地いい感触も太陽が昇れば、あじーーーっ!と悲鳴をあげる。 太陽がすっかり顔を出す前に帰らないと、日焼けという怖いおしおきが待っているのです(笑)。

父の3回忌の里帰りは、2泊3日のあっという間の慌しい旅でした。天国の父もみんなが集まってくれて喜んでいたことでしょう。暑い中、お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

今日から東京。さぁ、気持ちを切り替えてまた頑張ろうっと。

[PR]
by soleiljap | 2008-07-14 23:06 | *ご挨拶&お知らせ
小夏のゼリー

a0029889_14195912.jpg
小夏を箱でいただきました。みずみずしい小夏はそのままでも十分美味しいのですが、沢山あるので、ジュースを絞ってゼリーに。
果汁100%手絞りで、粒粒の残るジュース、飲んでしまうとあっという間に終わってしまうけれど、皮をカップに盛り付けると、ちょっとお洒落なデザートになりました。

これは今日お留守番の子ども達と先生の分。

a0029889_14424857.jpg
他にも、マーマレードとピール、昨夜はキッチンにこもって作りました。


a0029889_14164790.jpg

外は真夏日の気候。鹿児島はもっと暑そう!

一人の旅ってこんなに楽なんですね。今まで家族分の準備していたからね。
ランニングシューズも入れましたよ・・・走る気。
楽譜も入れましたよ。・・・・ピアノ弾く気。


では、行ってきまーす♪
[PR]
by soleiljap | 2008-07-12 14:35 | ◆ Sweets
黄色が咲いた♪
a0029889_2332585.jpg今日、法事で鹿児島に帰るので、朝からバタバタとしております。合間に先日の嬉しかったことを書きます。

黄色のハイビスカスが咲いたのです。この日をどれほど待ったことか。
黄色の花ごときで、とお思いの方にかいつまんでお話しすると。

あれは忘れもしない2005年のGWの朝のこと。
あの朝、起きてベランダの散らかった土を見たとき、最初は、オットがハイビスカスを植え替えたんだな、ということぐらいしか想像しませんでした。散らかった土には腹がたったけれど、片付けてもらえばいいことだし。なんて思っていたら・・・・

a0029889_929420.jpg なんと、なんとですよ。ハイビスカスの根っこを洗ったというではありませんか!それも髪を洗う見たく。 理由は葉っぱに黒い点があったから、根っこの病気かも知れないとかなんとか。

翌日には全ての葉っぱが萎れ、その翌日には、葉っぱは枯れて枝にぶら下がって、3日目にはミイラのようなみすぼらしい姿になりました。
根っこを洗う前までは、下の画像のような3色の花をつけるハイビスカスの木だったのに・・・・

あれから、3年、すぐに復活したけれど、3本のうち一本の木だけ葉をつけません。生命力の強い赤は毎年花をつけてくれるのですが、黄色とピンクはまったくでした。いつだったか、黄色が咲きました。その姿は元気なく小ぶりで色も冴えなかった。それから待つこと数年。やっと、やっと元気な黄色が戻ってきたのです。


a0029889_23342443.jpg毎朝、バルコニーで新聞、コーヒー&喫煙タイムのオット、この黄色の開花のことは知っていると思いきや、なんと、3日後に気づいた!

「おぉ、黄色が咲いたぞーー!!」と喜び勇んで子どもや私に教えてくれたのですが、花はすっかり萎んだ状態。

アナタ、おそすぎ。写真撮ったから、写真で楽しんでね。
[PR]
by soleiljap | 2008-07-12 10:43
ウエルシュ・ケーキ

a0029889_107075.jpg
とある日曜日の朝、久々にウエルシュ・ケーキを焼く。フライパンで焼けるお手軽ケーキである。
型で生地を抜いたところで、オットの、今日は午後から雨が降るよ、の言葉に反応。
いつもは日曜日のジョギングはのんびりスタート(走らない場合もあり)。しかし、雨と聞くと、走らねばと脅迫観念にかられるから困ったもんだ。

この日はオットも走ると言い出した。普段はジム派の彼。ランニングマシーンの上を1時間ただひたすら走るのを苦ともしない。
アウトドア派の私は、風を感じ、風景を楽しみながら汗をかくから心も身体もリフレッシュすると思っている。モルモットのようにベルトの上をひたすら壁を相手に走るなど私には無理。我がオット、これが15年以上続いているからスゴイ。

いつものように最初は速歩でスタート。ほどなく横についていた夫が、これは時速7.5キロだなーと言った。
(へーそうなんだ) 
少しペースダウン。すると今度は、これは時速5キロだなーと。
(だから・・・)

折り返し地点は公園。季節の花や木が所狭しと植栽してある、私にとっては息抜きの場所。日々表情を変える花達を見ながら一周すると、復路はジョギング。

公園を出た途端、オットはダッシュ。後姿は見る見るうちに小さくなり、いつの間にかいなくなった。きっと、タイムと速度を体内メーターで計りながら走っているのだろう。
彼にはスロー・ライフなんて言葉はないだろうな。

まったく、肩を並べて走れないなら、一緒にでた意味がないじゃないの。

玄関前に着くと、鍵を忘れた夫が汗だくのシャツでぽつねんと立っていた。兎と亀、結局ゴールは一緒になったね♪(V)

汗を流したら、冷蔵庫で寝かせておいたウエルシュ・ケーキを焼いて、ブランチにしました。
[PR]
by soleiljap | 2008-07-11 11:10 | ◆ Sweets | Trackback
梅雨の楽しみ
a0029889_12564914.jpg
梅雨の楽しみはいろいろある。例えば、梅干作り。6月、雨の知らせを聞く頃、店先には梅が並ぶ。
黄色く熟した梅を今か今かと待ちわび、土用干しを念頭に入れて漬け込むタイミングを狙うのは勝負師さながら。(笑) 出来上がりをイメージし、毎日、瓶の中でその姿を変えていく梅たちを眺めるのは、何より季節限定の楽しみである。
主婦になり梅干作りの醍醐味を知ってから、梅雨の恒例行事だったけれど、今年はお休み。

そんな時に、ふと思いついたらっきょうの酢漬け。実は初めての経験。これまであの匂いが気になり、作らずにいた。が、6月にはいり、美味しい手作りらっきょうをいただいた。

季節は今、ジャストタイミングである。この時期を逃したら、来年まで作れない。
ならば、早速作ることに。くださった方のお母様(熊本の方)に作り方を教えていただき、その日のうちにらっきょうをスーパーで買い求める。

a0029889_1257351.jpg
一個一個丁寧に土を洗い落とす手間を思うとき、これは美味しさを紡いでいく作業なのだと、腰をさすりながら言い聞かせる。今よりずっと不便な時代、母やもっと昔に生きた女性達の仕事を思うと、毎回のことながら感慨深く思う。

荒漬けは暫くらっきょうの匂いがキッチンを包む。そのうちリビングまで匂ってきた。やっと瓶詰めにしたら、1キロのらっきょうはほんの少しである事に愕然。もう一キロ買っておけばよかったと後悔する。

画像は最終段階前のもの。普通はここで終わるのだけれど、ここからが思案のしどころ。レシピは唐辛子を入れると書いてあった。それも沢山。これくらい?いやもっと?十分だよね。と娘と話しながら投入。辛味が想像できないので悩みに悩む。
熊本のらっきょう漬けは赤唐を沢山入れるらしい。でも美味しいらっきょうになることは間違いない。
今、その日を待ちわびる日々。 のはずだった……

味見の名目で、らっきょうたちは瓶の中から、毎日その姿を消してゆくのである。

来年はもっと沢山漬けようっと。
2008年、かくしてもう一つの梅雨の楽しみを見つけた6月であった。
[PR]
by soleiljap | 2008-07-10 22:59 | ◆ 料  理 | Trackback
豆みそ と オニオン・ドレッシング
a0029889_22192239.jpg
昨日、雨が上がるのを待ちながら一人キッチンで作ったもの。

それは、「豆みそ」。
やっと作りました。どこかの郷土料理でしょうか。有元葉子さんのレシピ本に載っていたものを参考にしました。
乾燥の大豆を水に暫くつけて、フライパンで炒った後、味噌と砂糖と酒を絡めながら炒り煮するのですが、水に浸ける時間をもう少し多くとった方がよかったかな。歯ごたえも味のうちの夫には、これくらい固い方がお好みなのですが、我々にはちょっと固すぎ。学力、間違い、顎力がつきそう。
おかずというより、お酒のおつまみにいいですね。我が家はおやつ代わりに食べています。(特に顎力のある人が)

a0029889_22205394.jpg
そして、こちらはエレガントと言う言葉がぴったりの*hana blogのkomiさんが作られていた、新玉ねぎドレッシング。
レシピでは玉葱、1.5~2Kと書いてありましたが、500g(1/4)で、お砂糖は8割入れて作りました。味見した瞬間、これはイケル!と思ったとおり、みんな、出合ったことのない美味しいドレッシングにびっくり!昨夜と今夜いただきました。野菜大好きな子ども達ですが、いくらでも食べそうな勢い。
何にでも合いそうなのですよ。昨夜はグリーンサラダ、今日は、カリフラワーに生ハムを巻いたものにかけました。サーモンも良さそう。

是非、お試しあれ。

komiさんの 「新玉ねぎドレッシング」にTB♪

COOKPADのレシピは → こちら
[PR]
by soleiljap | 2008-07-09 21:48 | ◆ 料  理 | Trackback(1)