<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
『2日目のプティ・デジュネ』
a0029889_12243330.jpg堀井和子・著 『2日目のプティ・デジュネ』

息子の文化祭へ行く電車の中で読む。

ヨーロッパを中心に、ホテルや食事、風景をイラスト写真をまじえながら、料理スタイリストの視点から綴られた旅エッセイです。
ホテルを選ぶ条件は朝食のパンと美味しい紅茶。窓からの眺めがよくて、草木や自然が美しいこと。
時間を大切に思う気持ちや物へのこだわり、研ぎ澄まされた感性は生き方にそのまま映し出されてるんですね。一緒に旅をした気分になりました。


今回、往復の電車で2時間ちょっと、本の旅はあっという間に終わりましたが、その間は都会の雑踏も喧騒から離れた別世界。
読み終えて、パタンと表紙を閉じて顔を上げた瞬間、目に飛び込んでくる統一性のない建物やばらまかれた看板、看板。 もう少し綺麗にならないかな、この街・・・・・・。現実に戻されたました。(笑) 


最後のほうに、「カメラよりノート一冊!」という、堀井さんならではの一面をうかがわせる文がありました。

旅には一眼レフは持っていくが、これはと思った時にしか撮らない。その代わり、その日食べたものや心を動かされたものを思い出しながら、夜スケッチするそうです。だから、昼間感動したものを自分の目でじっと見つめ、見たいものを見たいだけ見る。というようなことが書いてありました。
確かにカメラは便利だけれど、撮ることに夢中になって、心と身体で味わうべき時間がさかれる。本当は自分の心でじっくり感じるものなのに。

これが刺激になってではないけれど、私も昔買ったスケッチブックを取り出して、今傍らにおいてあります。
そうだ、使い古したパステルもどこかにあったはず。
[PR]
by soleiljap | 2008-10-31 13:04 | ◇ 本
『食堂かたつむり』
a0029889_22372524.jpg読んだのは随分前になるけれど、忘れないうちに感想を書いておきます。

以前、あるTVのお奨め図書コーナーでコメンテーターが、「この本を甘くみてはいけません」というようなことを言っていたので気になっていた本です。夫も同時期に読み出したので、よく食事の時に話題になりました。

テーマは一言でいうと「再生」。
失恋した女の子が故郷に帰り、料理を作ることで、そして、それを食べて貰うことで、心を取り戻していくというお話です。

読み始めてまず浮かんだのが、よしもとばななの世界。感傷的劇画が漫画のショットのように脳裏に浮かんでは消えてを繰り返していました。この人は、よしもとばななが好きなのかな、と思いながら読んでいましたが、途中から、そんなことなど忘れ、すっかり入り込んでいました。

随所の詩的な表現が素敵で、(手で上下に開閉する)店のシャッターを、ちゃんと閉じないセルロイドの人形の目に例えたり、夕日のシーンを、蜂蜜を入れたコップに沈んでいく太陽というように、ノスタルジックで常に映像が目に浮かんでくる文章はとても好感が持てました。

最後まで意表をつく展開もあきさせません。料理の描写もどれも実際食べたくなる料理ばかりだったし、何より、登場人物が魅力的。という点でも、面白い小説の部類にはいるのではないでしょうか。

ただ、もっと欲を言えば、ここまで魅力的なプロットで登場人物も個性的なのだから、もう少し物語(内容)に厚みがあったらよかったのにと思う。妾のおばあさんや、お母さんの愛人について、もっと深く書いてほしかった。大胆な展開の一つ、エルメスの解体部分も薄い印象。(詳しくは知りたくはないけれど・・・)

今、アマゾンの評価をみて驚いたのですが、ここまで評価が分かれるのも面白いですね。それだけ沢山の人が興味を持ったということでしょう。

私は、純粋に次の作品も読んでみたいと思いました。
[PR]
by soleiljap | 2008-10-29 23:41 | ◇ 本
日曜日のつづき

とろけるショコラを食べて、朝をゆったりと過ごした日曜日、そこに息子はいなかった。
早朝に出掛かけたもよう。彼は何処へ・・・。

文化祭です。土日は彼の高校生活最後の文化祭でした。昨年は夫と娘も行ったのですが、今年はそれぞれ用があり、私だけ行ってきました。JRと東武東上線に揺られ、約一時間ちょっと。往復で本が一冊読めました。

吹奏楽部、ジャズ研、文芸部、美術部・・・・いろいろ回って、模擬店で唐揚げを一本買う。アイデアの串刺し唐揚げに関心しながら、ひしめくベンチに一人座り、寂しく食べて、お次は吹奏楽部とジャズ研のセッションがあるというのでパティオに向かう。すでに人の山。
OBも入り、しっとりとバラードも聴かせてくれて、みんなお世辞抜きで上手かったです。
a0029889_1243576.jpg

全て自分たちで作り上げていく高校の文化祭、中学にはない空気が流れていますね。仲間意識も強くなり、自我も確立して個も尊重できる年齢(かな)。時にはぶつかり合いながら一つのものを作り上げる。少しでもそんな時間を過ごしてこれたなら幸せね。あと残りの高校生活も大事に過ごしてほしいものです。
(そして、もう一つ・・・・。 打ち上げもいいけれど、ちょっと遅いぞ!)

※写真はぼかしました。
[PR]
by soleiljap | 2008-10-28 01:36
たまには思いつくままに。
おはよう♪ のんびりした朝、たまには思いつくままに。

a0029889_1033679.jpg朝のデザートのモワロー・ショコラです。
トロリとショコラが流れだたところを娘が携帯で撮っていました。
朝から手作りデザートなんてお思いでしょうか?! とんでもぶるぶる。(笑) 作業はオーブンに入れて待つだけ。約10分で出来上がりました。

昨日家庭教師の先生のために作って出して、残りを冷凍しておいたものです。
昨日は焼きの時間が少々長すぎたみたいで、トロリが少なかったのですが、今朝はいいタイミングでオーブンから出せたみたい。


a0029889_1035471.jpgこちらも朝一番で撮った、ベランダの桜蘭。撮ってすぐ妹へ写メール。

2年前、鹿児島の妹の家から、茎2,3本茎を東京に持ち帰って土にさして増やしたものです。

夏は、ベランダでどんどん葉をつけ、11月~4月は部屋の中の窓際ですくすく育っている我が家の可愛いプラントの一つ。もうそろそろ、お部屋に入れる頃なのよね。


さて、ここからが本題。
普段、TVをあまり観ない私ですが、昨日、版画家・棟方志功のドラマが目に入り、そのまま引き込まれTVの前で番組が終わるまで動けず。

棟方志功と彼を支える献身的な妻、そして、彼を囲む愛情あふれる人々のドラマですが、故郷を愛し、心に宗教をもち、常に自分と向き合っていたかれの作品の原点がここにあるのだと思いました。
「わだばゴッホになる」と生涯ゴッホを敬愛し、ベートーヴェンを愛した彼の豊かな感性は、ほとばしる創作意欲というエネルギーとなって、あの数々の素晴らしい作品が生み出されたのですね。

棟方志功を演じる劇団ひとりは、まるで棟方志功が乗りうつったごとくの迫真の演技。妻役の香椎由宇も好演だったし、出演者全ての相乗効果がまた素晴らしかった。脚本、演出、キャスト全てがよかったのでしょう。志功と美術商の動と静の関係もよかったですね。
最後に棟方志功の肉声が流れたのですが、演じていた劇団ひとりの喋りは、本人と同じと思えるくらい似ていました。

愛シテモ、アイシキレナイ。
驚イテモ、オドロキキレナイ。
歓ンデモ、ヨロコビキレナイ。
悲シンデモ、カナシミキレナイ。
ソレガ板画デス。

一つに情熱を向けて一心不乱に取り組む姿は本当に美しいと思う。だからこそ、そこに必ず万人の心を打つ芸術が生まれるのです。
素晴らしい作品を残してくれた棟方志功に心から感謝します。
[PR]
by soleiljap | 2008-10-26 11:25 | ◇ 美 術
*Recipe  胡桃のショートブレッド

お待たせしました。ショートブレッドのレシピを載せておきます。6回作りました(笑)
a0029889_847030.jpg


胡桃のショートブレッド

【材料】
・有塩バター      95g
・砂糖(シュクレーヌ) 40g
・薄力粉  140g  
・強力粉   30g
・クルミ   37g  

*胡桃は170℃のオーブンで7分30秒ロースト後、細かく刻んでおく。
*バターは1㎝角に切って冷蔵庫で冷やしておく。
             
【作り方】
① フードプロセッサーに粉と砂糖を入れスイッチを2~3回押し混ぜ合わせる。
② バターを加え、短くスイッチを押しながらバターが粉になじみサラサラになるまで混ぜる。
③ ボールに移し、刻んだ胡桃を加え全体を混ぜる。
④ 型に生地を入れ、スプーン(大)の背で押さえながら固める。型から出してラップに包む。
※粉がサラサラでも、押えていくうちに固まってきます。
※底が抜けない型の場合はラップを敷いた上に生地をのせ固める。
⑤ 冷蔵庫で2時間以上冷やす。
⑥ 好みの大きさにカット。フォークなどで模様の穴を開け、140℃のオーブンで30分、130℃に下げて20分焼く。(total 50分) 
※焼きあがっても、そのままオーブンの中に放置。(20分程)

★ フードプロセッサーがない場合は、指ですりつぶしながら粉とバターをサラサラにする。
★ シュクレーヌ(極微粒グラニュー糖)がない場合は上白糖で代用。
※普通のグラニュー糖は出来上がりがザラザラした食感になるので不向き。
私は、自家製バニラシュガーを使用(※使用済みのバニラのサヤとグラニュー糖をミルサー(メーカー名)で細かく砕いたもの)。
★ 冷蔵庫で生地が硬くなった場合、20分ほど常温にだしてから切ると綺麗に切れます。
※生地をやわらかくした場合、カット後一度冷蔵庫へ入れて冷やしてから焼く。



a0029889_2334359.jpg←ココア生地は、薄力粉で調節。 
※120g+ココア20g=140g



↓ スタイリッシュ型に入れると高さ約2センチになる。

a0029889_23381669.jpg

中に入れるものをアレンジしてもいいですね。 
美味しくできますように♪ 
[PR]
by soleiljap | 2008-10-21 23:59 | ◆ Sweets | Trackback(1)
ピアノ・リサイタルに行く
 
a0029889_2323362.jpg10月18日(土) 紀尾井ホールに干野宜大(ほしのたかひろ)氏のピアノ・リサイタルに行ってきました。

~プログラム~
● ポロネーズ 第7番 変イ長調 「幻想」
● 2つのノクターン (第7・8番) 
  op.27-1 嬰ハ短調 / op.27-2 変ニ長調
● スケルツォ 第2番 変ロ短調
● バラード 第4番 へ短調
    <休憩>
● シューマン : クライスレリアーナ
● リスト(干野宜大編) :ハンガリー狂詩曲 第13番イ短調

前半は全てショパン。 休憩を挟んで、後半はシューマンとリスト。
干野宜大氏のピアノを生で聴くのは初めてだったので、とても楽しみでした。

ショパンとシューマンは同年生まれで、リストはその翌年に生まれた、いわば同時代を生きた音楽家。同じロマン派のそれぞれの個性輝く3人の曲を同時に聴けるというのも、とても興味深いことです。
 
ショパンの曲では、繊細で優雅で温かな音が多彩な色をともない幻想の世界へ誘い。
後半の演奏は、神業的なテクニックはいうまでもなく。何よりシューマンとリストの精神世界を見るような、とても深い演奏でした。
音楽、いや芸術というものは、心の映し出しがあって、初めて観るもの聴くものに感動を与えるものだと思っています。音楽家の心の声をつぶさに聴かせてくださった干野氏に感謝。

アンコールは3曲。ショパンのワルツ9番とノクターン20番「遺作」、あと一曲はクライスレリアーナから。
ノクターン20番は少し前やっていた曲、丁度鍵盤がよく見える場所だったので勉強になりました。

帰りは、一緒に行った友人とお嬢さんの3人でホール前のホテルニューオータニでお茶。気がつけば11時30分だったの~。(笑)
音楽の話、絵の話、料理(作ることも食べることも)など共通の趣味(話題)は多い。他にも沢山おしゃべりして、本当に充実した一日でした。


★干野宜大氏の公式HPは こちら
★ブログ「僕とピアノと ~ピアニスト干野宜大(ほしの たかひろ)のつぶやき~」は こちら
[PR]
by soleiljap | 2008-10-20 23:59 | ◇ 音 楽 | Trackback
アーモンドのココア・ショートブレッド
a0029889_114345.jpg
おはよう♪ (これを書いたときは朝でした。このままアップします)
今日は濃い目のアッサムティ、それもミルクをたっぷり入れて、カップ片手にご覧くださいね。
ショートブレッドが続いていますが、レシピが完成しそうなので、あと、もう一回書かせてください。
今回ショートブレッドを作りながら思ったこと。イギリスのお菓子は簡単だけど(イギリスの方ごめんなさい)、美味しいものが多いということ。いつも紅茶が傍らにあり、紅茶をいただくためのお菓子なので、主張しすぎず程よい甘さ。バターの香りがほんのりしてシンプルなのがいいです。

a0029889_1161262.jpg画像の断面から、サクッとした歯ざわりが見えます?柔らか過ぎず硬すぎず、私好みの食感です。

さて、次回もショートブレッドです。涼しい顔で言っています^^
胡桃を入れてみました。(今朝、焼いて美味しかったので一人で全部食べてしまった程)

レシピは次回かその次になると思います。


* * *




【ちょっとお喋り】

中国から輸入された冷凍食品にまた農薬混入のニュース。インゲン、あんこと続いて、次は何だろう、という思いにかられるのも悲しいです。これが氷山の一角だと思いたくない。

全ての中国のものが劣悪で危険だとは思いませんが、口に入れるものに人は敏感になります。
数日前に読んだwebの記事(Allabout)に、生産が過剰になり指導する人間が足りないと書いてありました。
生産過程の指導ではなくて倫理の問題じゃないの!「お金が宗教」的教育を長年にわたって植え付けた結果じゃないの、と心の中で怒りを抑えながら読んでいました。

と、書きつつも、日本も同じことをしているではないの。ちょっと前に不良米の転売や、生肉に始まり、どこかの料亭や製菓業・・・(あげればきりがない)。
私利私欲のためなら違法だってする。それも企業ぐるみで。そんな風潮が蔓延してきたのには、原因は沢山あるでしょう。
人間の普遍的な問題と片付けたくないです。今こそ、官庁、学者、マスメディアが一つになって軌道修正していかなければならないと思う。

最近、怒りにわななくことが多く、年齢を重ねるということは、いろんな意味で修行を重ねるということなのね。今、五木寛之の苦悩が分かるような気がします。やっとですね。これまでいろいろ本を読んで分かりきったつもりでいたけれど、これからが生きるということの本番かもしれない。
そんなことを沈思黙考する今日この頃です。
[PR]
by soleiljap | 2008-10-17 12:56 | ◆ Sweets
男前(?)のショートブレッド
a0029889_13416.jpg「男前」という言葉は、折にふれ聞く言葉。
ハンサムで整った容姿をさして言う場合と、もう一つ、精神面に対する褒め言葉としても使われますよね。皆さんから見た「男前」のイメージはどんなものでしょう。

私にとっての「男前」のイメージは、いかなる障害にも屈しない強い信念と精神を持った男。

そんな男が周りにいるかと言えば、頭をひねるしかないというのが正直なところ。

そもそも、「男」という文字をつかった言葉に否定的な言葉はないですね。
職業においては男女の区別をするとき、それが女性の仕事であれば、必ず上に女がつきます。女弁護士、女剣士、女医・・・・ 今でこそ、保育士や看護士という言葉が作られましたが、昔は全て男中心で言葉も作られていたわけです。

随分前に読んだ新聞か随筆(著者が思い出せず)に、男の子と女の子の違いについて面白いことが書いてありました。
生まれ持つ精神面において、男の子と女の子、強くできているのは断然女の子だとか。
男が外で戦うべき時代、男の子が生まれると、弱い精神を鍛えるために、常に「男らしく」「男だから」、と言いながら育て、家に入って家庭を守るのが普通だった女の子には、常に「女らしく」という言葉をかけて育てたのだそうです。

時代は変わり、男女の平等がうたわれて、雇用均等法が作られ、女性の社会進出も障害がなくなったわけですが(それでも古い体質が残る企業にとってはまだまだなのでしょう)、近年の女性の活躍を見ると、それらは顕著に現れていますね。

女性の逞しさがフルに発揮されたのが夏のオリンピック。女性の底力には目を見張るものがありました。私の回りにも、気概にあふれている女性はホントに沢山います。

生きるのに必要なもの、それはバランスと強い精神力。 つまり、「いかなる場合にも、先を見通し行動できる柔軟な精神と、どんな障害にも屈しない強い信念」 なのです。

男だから女だからといったことは、そこには存在しないのです。


a0029889_1294222.jpg
「男前」から話が大分脱線してしまいました。
今回のショートブレッドは塩味を利かせ、ごまの生地とプレーンの生地を2層にしてみました。
生クリームを入れたので、ミルクの香りがほのかにします。ミルクティよりほうじ茶が合います。
あ、何故、男前のショートブレッドかなのかは追求しないこと。(大きな拳のようなイメージだったからかな・・・)

P.S. 今朝富士山がうっすらと見えました。今年の富士山の初冠雪はなんと8月9日だったそうです。これまで大正3年(1914)の8月12日の記録を塗り変え94年ぶりの記録更新だとか。
写真を撮ったのですがよく写っていませんでした。何となく感じがつかめるでしょうか・・・

a0029889_11503519.jpg
2008年10月16日(木)AM7:50頃撮影

[PR]
by soleiljap | 2008-10-16 11:25 | ◆ Sweets | Trackback
素直(?)なショートブレッド
a0029889_1271073.jpg
おはようございます。こちらは曇り空ですが、少しずつ明るい雲に姿を変えつつあります。
最近、朝、西の空を眺めることが多くなりました。そろそろ富士山が姿をみせる頃なのです。

秋は、自然の贈り物が沢山あります。これから冬に向けて紅葉もその一つ。大自然の雄大な錦秋を思いっきり堪能したいものです。
ここからはビルばかりで、紅葉らしき風景は見ることができませんので、せめて、皆さんのブログで秋の風景を楽しませていただこうと思います。 みんな、よろぴく~(古)


さて、食べ物のポストが溜まっています。それも全部ショートブレッド。先日、sarajyaさんの美味しいショートブレッドを食べてから火がついたみたいです。いまさらですが、気になったら納得するまでやり続ける性格です(笑)。
これから暫く、ミルクティを傍らにおいてご覧ください。

会社には「オフィスグリコ」というお菓子のボックスが置いてあります。カエルの口に100円を入れて、自分の好きなお菓子をとるのですが、その中に、「SUNAO」というショートブレドがあります。
こちらが、またあとを引く素朴な美味しさで、ちょっと小腹がすいたとき、何故かいつもこれを選んでいました。理由は二つ。100円にしては美味しい。もう一つは、自分でも作れるかも、という研究心から。
a0029889_1268100.jpg
ネットでショートブレッドを調べると、スコットランドのお菓子で、バターと粉と砂糖と塩の4種類だけで作るものだそうです。
今回はなるべく手を加えないで、超簡単に、そして美味しくを目指しました。
フードプロセッサーでただ回転させて固めて焼くだけ。好みはいろいろなので、自分が美味しいと思う配合を探すという作業。今回は半分に白ゴマを加えてみました。

素朴が信条のショートブレッド、できた先から手でポリポリ食べては、あっという間になくなる日々です。

次回は、塩味を利かせた男前(勝手に命名)のショートブレッドの予定。
[PR]
by soleiljap | 2008-10-15 09:27 | ◆ Sweets | Trackback
美味しい~~~~♪
a0029889_20593256.jpg
先ほど食べたご飯のどアップ。美味しそうでしょう。新潟から新米が届きました♪

いいお米は手で触った瞬間に分かるものです。お米を水で洗うとき、手に伝わるぷりっとして、まん丸に太ったお米は滑らかで、なんとも言えない安心感があります。

いつもはご飯が炊き上がるとすぐに、お仏壇にお供えするのですが、今日は電気釜の蓋を開けた途端、あまりのお米の美しさに、しゃもじからつまみ食いをしていました。
美味しいご飯はおかずがいらないといいますが、まさにその通り。噛めば噛むほど甘みがでて本当に美味しい。

ふた口目は、出来立てご飯に大好きな辛子明太子をのせてパクっ♪ 
こちらの明太子は、先日、福岡のお土産にいただいたもので、「あごおとし」という、あごが落ちるほど美味しい明太子。その名の通りあごがおちてしまった・・・というのは冗談ですが、あまりに美味しかったのでひと腹だけラップに包んで冷凍しておいたのです。
こんなに美味しく両方をいただけたことに大満足です。

a0029889_222177.jpg
そして、今日のおかずは、寒くなったら恋しくなる「おでん」。
新米とおでんの組み合わせは、昨年nasukaさんがやっていらっしゃいましたね。実はあの日、私はモニターを見ながら生唾ごくりしていたのですよ(笑)。
炊きたてご飯に温かいおでん、日本人に生まれてよかった♪

a0029889_22531934.jpg
我が家はおでんは毎回大きなお鍋に二つ作るのですが、今夜は、皆なかなかテーブルから立ち上がらなくて、左は最後にお鍋を一つにまとめたもの。
ご飯が美味しいので、皆ホントによく食べました。

inariwanさん、美味しい美味しい、新米ありがとうございます。
家族みんなで感激していただきました。ご馳走さまでした!!
[PR]
by soleiljap | 2008-10-13 22:04 | ◆ 料  理 | Trackback