<   2009年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧
pianoの発表会のこと & 今日のお弁当

a0029889_7552747.jpg
年に一度の発表会は無事に終わりました。今年は、我が家では娘のみの参加でした。

先日書いたとおり、今年は受験の年であり、いろんなことが新規に変わった年でした。そんな中で、コツコツ・コツコツ頑張った娘に心から拍手をおくりたいです。
彼女自身も満足感があったのでしょう。その夜、「今まで色々発表会で弾いてきたけど、今日が一番満足してる」と言っていました。寝る前ベッドの上では、「今日は凄くすっきりして気持ちいいーーー」と叫んでいました。

昨年、この曲を先生から貰ったときの娘の歓喜の表情は今でも覚えています。が、しかし、受験の年に準備できるかなという懸念も正直ありました。
ピアノは練習以上の成果がでることはまずない。先生からも練習で100%弾けても、舞台ではその70%が発揮できればいいところ、と言われたことがあります。

時間がない中でここまでやれたこと、そして、彼女の中で憧れの曲を、自分なりに満足の出来で弾けたこと、それが何より大きなことで、彼女の寝る前の言葉が全てを語っていると思います。

人は努力するために生まれてきたんだなと、彼女の頑張りを見るたびに思います。人より秀でた才能という切符を持って生まれてきても、努力しなければそれは、ただの紙きれですよね。
決して順風満帆ではなく、マイナスでスタートした赤ちゃん時代。今までには、きっといくつかの涙や見えない悔しさがあったと思います。でも、漠然だけどコツコツ頑張ったら必ず何かが見えてくると、娘は今気づいていると思います。
そして、頑張る子には沢山の応援団がつきます。皆に感謝して独りよがりになることなく、これからも沢山の人に愛されて楽しく頑張っていって欲しいと心から願っています。

子育てする中で、何かの折に思い出す両親の言葉があります。
それは、子どもの頃、母が言っていた、「一つのことを諦めないでやり遂げること」。そして、父が言っていた、「親の責任は、子どもが一人前の社会人になるように育てること」。
この二つは、私が親となり、さまざまなことに直面するたびに思い出す言葉です。
そのたびに考えさせられることは、子育ては夫婦が同じ方向をむいて、見守り、応援することがとても大事だということ。


a0029889_7553957.jpg
さて、世の中はGWですが、子ども達は暦通りです。(息子は昨日も大学がありました)
今日のお弁当は娘のみ。昨日、発表会の帰りに食事に行ってお買い物しなったので、冷蔵(冷凍)庫にあるもので作りました。
海苔を巻き込んだ玉子焼き。ハート型は似合わないわ~^^
[PR]
by soleiljap | 2009-04-30 10:49 | ◇ 音 楽
お弁当 (二日分まとめて)

a0029889_2336568.jpg
月曜日のお弁当です。
お弁当の画像はあまり時間をおきたくないので、今日2回目のポストですがアップさせてください。

前日のパーティで残ったお寿司です。生ものは入れられないので、袱紗寿司とうなぎ&卵焼きの押し寿司の2種。

a0029889_2351617.jpga0029889_2354310.jpg

お客様のお土産にオレンジパウンドケーキも焼いていたので、一切れデザートに。


***************************************


a0029889_07338.jpg
こちらは今日(火曜日)のお弁当。
海老フライが小さいでしょう。お刺身の甘エビ(これも日曜日の残り^^)をフライにしました。


お弁当の記録もいつまで続くかわかりませんが、どうぞお付き合いくださいませ♪
[PR]
by soleiljap | 2009-04-29 00:21 | ◆ お 弁 当
歓迎の宴
a0029889_23304945.jpg
今、ハワイから仕事で東京に来ていらっしゃるお客様をお迎えして食事会をしました。
家族みんなでハワイへ行ったとき(13年前と11年前)に大変お世話になった方で、彼の子どもたちとワイキキで遊んだことを息子の方が覚えていて(娘はその時2歳だったので記憶にない)今回息子さんも一緒に日本に来ているので、会えるのを楽しみにしていたのですが、この日は約束が入っていて、13年ぶりの再会はできませんでした。といっても我が息子も以前からの約束があり出かけていたのですが。


今日のメインは飾り寿司。他には、手作りの胡麻豆腐、茶碗蒸し、タラの芽の天ぷら、鶏の唐揚げ、お吸い物(にゅうめん)等。

a0029889_23221222.jpg
↑ の押し寿司は、スタイリッシュパウンド型を使用。
型にラップを置き、斜めに具をしいて酢飯を詰めました。底になる部分に海苔を置く。切る時はラップごと一緒に切ります。

a0029889_23222312.jpg
こちらもケーキ型で作りました。直径6センチのセルクルで酢飯を抜いて(中に薄焼き卵を挟んでいます)、上にお刺身のトッピング。
袱紗寿司は、酢飯の中に胡麻とレンコンの粗みじん切りが入っています。
a0029889_23235516.jpg
厚焼き玉子とうなぎの蒲焼の押し寿司。 切ってから市松模様になるよう置きました。

手まり寿司は、真鯛のお刺身を薄く切れずに、山椒が浮き出なかったので、山椒の葉は外側にはり付ける。

a0029889_23265458.jpg
タラの芽の天ぷら。春の野菜はこの時期しか食べられないので、2軒スーパーを回って探しました。ふきのとうは時期が遅かった・・・。
唐揚げは定番の味付けです。

a0029889_2343089.jpg


a0029889_23275119.jpg
フルーツは、ハワイにないものを、と色々考えて。
でも、まだ早かったようで糖度が低かったです。残念!
a0029889_2328987.jpg
ケーキは定番のレア・チーズケーキ。苺のソースを添えて。

a0029889_232165.jpg
海外から来られたら、まずはお寿司、と考えるのは安易過ぎますね。日本に来られてもう一週間以上。あちこちですでに美味しいお寿司は召し上がっていらっしゃるわね。今頃気づく自分。
[PR]
by soleiljap | 2009-04-27 00:32 | ◆ Party
月曜から土曜日まで。

a0029889_21325154.jpg
本日娘が持っていったお弁当です。息子は金曜日の明け方から39度台の熱が出て寝込んでいます。

土曜日もお弁当?と思われた方。そう部活です。
高校に入っても迷わず吹奏楽部を選んだ娘、練習は熱心な先生方の指導のもと、月曜日から土曜日まであります。
入学式で先輩たちの素晴らしい演奏を聴き、その芯の通った音に関心したのですが、他の場所で聴いていた娘も同じ事を思っていたようです。

部活をつづけることはとてもいいこと。学校で学ぶ勉強以外に、部活を通して得ることは沢山。
一つの音を皆で作り上げる喜び、協調性や責任感、仲間意識や目的意識、そして、思いやり。ホントに沢山のことを自然に学んでいくと思っています。

中学のとき、三年間、吹部で頑張ってきて、いよいよ今日で部活も終わるという「追い出し会」の日、帰宅後、娘が爽やかな表情で語った言葉を今でも新鮮に思い出します。

「ママー、終わったよー。今日で部活終わって寂しいけど、なんだか凄くすっきりして気持ちいいの!!」

精いっぱいやり遂げたという達成感なのね。これからも、いろんなこと納得いくまで楽しんで続けていって欲しいと思っています。ずっと、ずっと応援しているからね。


a0029889_2133559.jpg
↑ こちらは昨日(金曜日)のお弁当。

娘に、たまには学校のカフェ・テラスでお昼を食べたら、と聞いたところ、返事はノーでした。手作りのお弁当の方がいいそうです。 

今週はほとんどお弁当の記事ばかりでした。(笑)
[PR]
by soleiljap | 2009-04-25 22:32 | ◆ お 弁 当
日課になってしまったお弁当の写真

a0029889_1164672.jpg
お弁当の撮影が日課になってしまった。(笑) 

今朝、子ども達がもっていったお弁当です。そぼろは、合びき肉を白髪ねぎとしょうがで炒め、焼肉のタレと少々お味噌を加えて炒りました。お弁当を作るようになって、焼肉のタレを重宝しています。

おかずは、ささみとアスパラガスの串揚げとマグロの漬けに海苔を巻いて、片栗粉をまぶして揚げたもの。さつま揚げの甘辛煮。

a0029889_1193250.jpg
娘は帰ってくるとすぐに、お弁当箱を自分で洗います。息子は、言わないと洗いません。

娘は、空のお弁当箱をみせて「今日も美味しかったよ」といいますが、息子は、私が「美味しかった?!」と聞かなければ何もいいません。
[PR]
by soleiljap | 2009-04-23 22:20 | ◆ お 弁 当
お弁当作りは楽しい♪

a0029889_82547100.jpg
暑かったり寒かったりの不安定なお天気に加え、行事の多かった3月、4月の疲れがでて、ここにきて風邪をひいたもよう。といっても休んでいられないので、今日も一日頑張ります♪

今朝のお弁当は、エビチリ弁当。エビチリは昨夜の夕飯のメニューでした。^^
エビチリといえば、赤い色をイメージしますよね。皆さんは赤はケチャップを使われます?
我が家はケチャップは使いません。勿論、子ども達が小さい頃はケチャップを使っていました。今は赤は豆板醤のみ。豆板醤のみを使うことで、より本格的な中華の味がします。皆さんもお試しを。


子育てをしていると、子ども達の成長とともにライフスタイルも変化していることに気づきます。
大学生になった息子からは、度々「今日、夕飯いりません」というメールが入り、高校生になった娘は月曜から土曜日までみっちり部活(吹奏楽)をしてくるので、帰りは夕飯前。
今までのように、二人の 「何かおやつない?!」の言葉はきかれなくなりました。

よって、必然とお菓子作りからも遠のいてしまっている日々です。毎日お菓子を焼いていたのは、やはり子ども達のためだったことに気づかされます。


さて、これからどんな人生が待っているか、またこれも楽しみ!!
[PR]
by soleiljap | 2009-04-22 10:28 | ◆ お 弁 当
今日のお弁当

a0029889_720134.jpg
今朝は二人分のお弁当を作りました。娘の分と息子の分です。
昨夜、「俺にもお弁当作って」と息子からリクエストがありました。大学生になり、お小遣いも昼食代も貰えなくなったので、出費を減らすためらしいです。(笑)

息子が高校の頃(3月まで高校生だった)、2年生の終わりごろだったか、お弁当から学食派になったことがあります。理由は、お弁当の冷たくなったご飯がまずいからだそうです。
何という不届き者。ママたちはおばあちゃんが作ってくれるお弁当に文句など言ったことなかったのに。冷たく固く締まったご飯でも食べていたのにな。というか、お弁当のご飯ってそういうものだと思っていたから。

a0029889_2281250.jpg
でもね、大人になってから分かったのですが、確かにお弁当の冷たいご飯は美味しくない。
そこで、いろいろ考えて、ある時、ご飯に少しの麦(ワンパックずつ包装されたもの)を入れて炊いて、それをお弁当に入れたところ、冷めても白米だけの時のように締まらないことを発見。それ以来、我が家のお弁当ご飯は少し麦の入ったご飯になったのです。
しかし、お弁当に飽きた息子は、それ以来、卒業まで学食派を通したのでした。

そんな兄の様子を見ていた妹は、お弁当生活が始まった初めの頃、帰ってくると「今日のお弁当美味しかったよ」の後に、「ご飯、全然固くなっていなかった」と必ず付け加えていました。(笑)


暫く二人分のお弁当が続きそうです。
[PR]
by soleiljap | 2009-04-21 22:46 | ◆ お 弁 当
エフゲニー・キーシン @サントリー・ホール

ただ音を聴くという目的なら、演奏家は一人でいいはずである。
古今東西、星の数ほどピアニストはいるけれど、世界の頂点に立ち、その位置を不動のものにし、常にキラ星のごとく輝き続ける演奏家はそうはいない。

昨夜(19日)、エフゲニー・キーシンのリサイタルに、友人と娘さんの三人で行ってきました。

初めて、キーシンの姿を(YouTubeで)見た時の衝撃は今でも忘れることができません。モスクワで12歳でデビュー。以来、彼の演奏を生で聴くことが、私の人生の中での一つの夢でもあったわけで、それが昨日現実のものとなったのです。

友人がとってくれた席は前から3列目のちょうど真ん中。キーシンの表情が良く見えるS席です。(感謝)
開場とともに席は埋め尽くされ、この不景気にサントリーホールを満席に出来るなんてと驚いている間に、普段なら誰も座らない端っこの席も、1,2階ともにあっという間に埋め尽くされました。

曲は前半に大曲(プロコフィエフ)が二つ。
ステージに出てきたキーシンはあの天使のような12歳の頃の面影はなく(当たり前ですね)、今年38歳になる彼はすっかり青年?の姿になっていました。ミーハーな私は昔の映像を思い起こしながら、ピアノへ向かう彼の姿を目で追っていました。
そして、すぐにキーシンの凄さを知ることになるのです。ピアノの前に座るや否や、彼の集中力の凄さ。
演奏が始まると同時に観客はすでに彼の世界にひき込まれ、彼のパワフルでゆるぎない音は聴くものを圧倒させ、その技巧的な指の動きからもう目が離せなくなるのです。

2曲目のピアノ・ソナタ第8番「戦争ソナタ」が終わると、それまで張り詰めていたホールの空気が一瞬に解放され、客席から「おぉぉ」とか、「うわぁぁ」という溜め息とも唸り声ともつかぬ声がもれ、と同時に地響きのような拍手が開場を包み込みました。客席とステージの距離をこんなに密に感じたのは初めてかもしれない。この時点で、胸もお腹一杯になるほどの満足感。

後半は、オール ショパンの曲。

客席にいた全ての人が彼の世界にいたのは言うまでもありません。
アンコールは7曲。観客はほとんどがスタンディング・オベーション。演奏が全て終わったのが22時を過ぎていました。
これまで沢山のピアノをサントリーホールで聴きましたが、これほどピアニストがピアノを、いや音を操ってるという感覚は今までなかったのです。あの大きなホールが小さく感じられたほどです。

キーシンのピアノが好きでない人も、一度は聴いてみるのもいいのではと思った。それほど、衝撃と感動を与えるピアニストだと思います。

【プログラム】

 プロコフィエフ: 
  バレエ「ロミオとジュリエット」からの10の小品Op.75より
      少女ジュリエット、マキューシオ 、モンタギュー家とキャピレット家

  ピアノ・ソナタ第8番「戦争ソナタ」Op.84 

         ********
ショパン:
  幻想ポロネーズOp.61
  マズルカ Op.30-4、41-4、59-1
  12の練習曲 
    Op.10より 第1番ハ長調,  第2番イ短調,  第3番ホ長調 「別れの曲」
      第4番嬰ハ短調, 第12番ハ短調 「革命」
    Op.25より 第5番ホ短調,  第6番嬰ト短調, 第11番イ短調 「木枯らし」



【追記】 アンコールは
 ・ショパン:ノクターン8番変ニ長調 Op.27-2
 ・プロコフィエフ:4つの小品Op.4より「悪魔的暗示」
 ・プロコフィエフ:歌劇3つのオレンジの恋より「行進曲」
 ・ショパン:マズルカ第47番イ短調 Op.68-2
・ショパン:ワルツ第6番変ニ長調「小犬のワルツ」
 ・モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番イ長調第3楽章「トルコ行進曲」
 ・ショパン:ワルツ第7番嬰ハ短調Op.64-2


さて、5月はフジコ・ヘミングのリサイタルです。こちらも楽しみ!
[PR]
by soleiljap | 2009-04-20 23:13 | ◇ 音 楽 | Trackback
お弁当入れ2作目&お弁当
a0029889_13115213.jpg
お弁当いれの2作目です。以前作ったものより一回り小さめです。

a0029889_10553998.jpg
こちらは今日のお弁当です。(メインのおかずは焼肉)
お弁当箱は、当初、大食漢の娘のために大きめ(息子のもの)を使っていたのですが、一週間がすぎた頃、娘から、ご飯を減らしてとの要望があり、小さめにかえました。

a0029889_10555972.jpg
こちらは大きいお弁当箱の時のもの。
おかずは、夕飯の残り? いえいえ。エビフライは以前沢山作って冷凍しておいたもの。豚肉の野菜巻きは朝作りました。 残り物ばかりではありませんよ♪ (笑)

a0029889_10561560.jpg
こうやって並べてみると、色彩が同じ。 本屋によって(立ち読み)研究してみますか! 



追記

トップの写真と同じ生地で水筒入れも作りましたので、アップします。
a0029889_8223715.jpg

a0029889_8263534.jpg
これで、バッグとお揃いになりました。サイズも丁度いい感じでしょ。
何故か娘は、このお弁当バッグを一度も持ってくれません。色が地味かしら。私は好きなんだけど・・・。
[PR]
by soleiljap | 2009-04-20 11:25 | ◆ お 弁 当
キーシンのピアノ・リサイタル
a0029889_1827326.jpg

もうすぐ開演。
[PR]
by soleiljap | 2009-04-19 18:27 | ◇ 音 楽