<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
プラスとマイナスの妙技
可もなく不可もない、という表現をする時、特に秀でたところもなく人並みで平均的というニュアンスがあるけれど、そうではなく、少し角度をかえてみると、常に柔軟で出しゃばり過ぎず、自分をもち、バランスよく主張もできる、という具合に受け取ることもできる。つまり、何事も気張らないという事である。

常にさりげなくスマートにできればどれほど素晴らしいことか。で、そんな人間に常々なりたいと思っているわけだけれど、いろいろ考えてみると、それらは全てのものに当てはめられる。

例えば、客をもてなすこと。

客を招いて食事をふるまうとする。準備やテーブル・セッティングテーブル葉『悩みの種。
でも食卓を囲んで、美味しい物に舌鼓を打ちながら楽しい会話に興じることはこの上なき幸せ。
気のおけない仲間たちが集まり、美味しいものがあれば、自然と笑顔と楽しい会話が生まれるわけで、それだけで、もてなされた人は十分に喜んでもらえるのではないだろうか。
あれこれと形式にとらわれず、料理も身の丈のもので十分。フレンチレストランで頂くような小洒落た料理も高級割烹で頂くような懐石料理も必要ない。

かりに珍しい食材を使って料理を作ろうとすると、料理だけでは終わらないはず。食器やカトラリーなど、トータルでテーブルウェアを揃えたくなる。必要なものは永遠に続くわけで、そのためにどれだけの労力とお金が必要だろうか。(21世紀ローンの旅?!)
そんなことをするくらいなら、いいレストランに行き、その道のプロにお任せして美味しい物を頂いた方がいい。

家でのもてなしは、もてなす側の個性がでるから素敵なのだ。いつもの料理で十分。十八番があれば尚いい。
皿や盛り付けをいつもより変え、花でも飾ってテーブルを少しだけお洒落にすれば、ゲストにはそれだけで招かれているという気持ちが十分伝わってきて嬉しいもの。一生懸命にもてなしてくれる、その気持ちが伝われば、招かれた人は最高に幸せなのだから。

招く側が頑張り過ぎないこと。料理も準備も楽しむことができたら、ゲストにも必ず伝わるものだと思う。



a0029889_9411158.jpg
こちらは先日の息子の誕生日のテーブル。

白のブリッジランナーとナフキンは手作り。ナフキンは8枚ずつ作ります。テーブルは最高六人掛けなので、食器は6個ずつ揃えますが、ナフキンは汚れた時に替えられるように余分に準備します。

下に敷いてある赤いクロスは、数年前クリスマス用に作りました。我が家のテーブルは伸ばすと、市販のクロスではサイズが合いません。2メートル強あるので、どうしても手作りになってしまうのです。その方がお安くできるのですよね。

赤い色はお祝いの席には重宝しますね。(赤そのものが強い時は、ランナーなどで部分的にカバーする)我が家ではクリスマス問わず、お祝いの食卓にはよく登場するクロスです。
[PR]
by soleiljap | 2009-05-30 11:01 | *私の料理考・お菓子考・○○考
恵比寿の「イレール」でランチ
a0029889_23164843.jpg
画像だけアップして非公開のポストがいくつかあるので、順に公開していきます。

5月中旬に従姉と行った恵比寿のフレンチ・レストラン 「イレール」。
オーナーシェフは、TVの料理番組でもよく見かける方です。
恵比寿ガーデンプレイスに隣接したビルの2階にあって、こじんまりとしたレストランなのですが、空間を上手く使っていて、とてもいごごちが良いのです。
何といっても、真っ白のリネン(クリーム色のクロスとダブル使い)が素敵。インテリアから、オーナーのセンスやこだわりが感じられます。時間がゆっくり流れていくようで、不思議と落ち着ける空間でした。

a0029889_12445279.jpg
さて、肝心のお料理ですが、↑ こちらは私が選んだコースのプレート。
盛り付けはどれをとっても繊細で、お料理が運ばれてきたとき、二人で小さく「わ~♪」と声に出すくらいで素敵でした。お味も上品で、丁度いい味付けです。
食べるのも、作るのも大好きな私たち、美味しいものを前に話題は尽きません。

クーポン代わりになる地図を持っていくと、デザートが3種盛り合わせになると書いてあったので、しっかりプリントアウトして持っていきました。 
クーポンのサイトはこちら
a0029889_1248896.jpg
デザートの一品があまりに可愛かったのでアップで撮影。(携帯写真なのであしからず) 飲み物もつきます。

a0029889_1245431.jpg
↑ こちらは従姉が選んだ、お魚とお肉のプレート。盛り付けのバランス、芸術的でしょう。


初めて行くところは不安がつきものですが、サービス、味、雰囲気、どれをとっても大満足。早速、お気に入りレストランのカテゴリに入れました。

今回来れなかったMちゃん、次は一緒に行こうね♪

*******
【追記】 現在こちらのお店は移転されています。
[PR]
by soleiljap | 2009-05-28 22:01 | ■ お気に入りレストラン
誕生日の食卓 ~息子~
a0029889_1391057.jpg
前回のつづきです。
5月19日は息子の19回目の誕生日でした。家族全員が揃った日曜日(24日)にお祝いをしました。
今年もこの日を家族全員でお祝いできたことに感謝。そして、ここまで元気に育ってくれた息子に、ありがとう。

初めてお母さんになったあの日、あれから19年。子どもの誕生日はお母さんとして歩んだ誕生日でもあるのですね。
本当に沢山の経験をさせてもらい、今はその全てがいい思い出。
皆が元気で笑顔で過ごせることに感謝して、また、この一年、楽しく過ごしましょうね。

a0029889_1271221.jpg
メイン料理はリクエストのパエリアです。
息子が以前から、作り方を教えてと言っていたので、ちょうどいい機会、一緒に作りました。
この料理はパエリア・パン一つで作れるので、男の料理には持って来いのメニューですね。息子も、以外に簡単に作れるんだね、と驚いていました。

他には、アスパラガスの生ハム巻き、パプリカのマリネ、シーザーサラダ、ロースト・ポーク。

シーザーサラダはロメインレタスがなくて、グリーンカールで代用。シーザーサラダには、やはりシャキッとした歯ごたえのロメインレタスのほうが合います。

a0029889_152848.jpg
実は私、この前日、友人(娘の中学の時のママ友)9人で近くの居酒屋さんで、遅くまで飲んで食べたので、この日はなるべく野菜を沢山取り入れようと思って作りました。
お腹に入れる量も控えようと思っていたの。でも、最後までテーブルに座って食べていたのは私。確実に胃拡張ぎみです。

話は戻って、
お米5合のパエリアを皆で食べていると、息子が、「パエリアって翌日も凄く美味しんだよね!」といっていました。
そう、一晩寝かした魚介類のエキスがしっかり染みこんだお米は、本当に美味しいのです。
なんと、次の日のパエリアを夫は食べたことがないといいます。
翌日、朝からおかわりして食べていった子ども達。朝ごはんを食べない夫は今回も美味しい翌日パエリアにありつくことができませんでした。

デザートのお誕生ケーキも息子と私はおかわりしたのでした。美味しかったです。(自分でいってる)


そして、お決まりのこれ!
a0029889_1044238.jpg
お誕生日おめでとう!! この一年元気で過ごしてね。
[PR]
by soleiljap | 2009-05-27 00:24 | ◆ Party
おめでとう。

a0029889_085618.jpg

「お兄ちゃん、19歳 おめでとう」 と言って、今年は本のプレゼントをしていた娘。
パパからは・・・はて、何だろう? 数日前、息子が何やらお願いしていたようだけど。

a0029889_2347476.jpg
お誕生ケーキは苺のタルト。(手作りケーキは、本人がいらないというまで作ってあげようと思います)

料理のリクエストがパエリアとシーザーサラダだったので、久々のお家パエリアです。
今年は息子が手伝ってくれました。


今日はとても疲れたので、お料理の画像は明日にでも。 → こちら
[PR]
by soleiljap | 2009-05-24 23:59 | ◆ Sweets
ノクターン

1月から忙しくてお休みしていたピアノのレッスンが、先日からスタートしました。
選んだ曲は、まずはピアノに慣れるために、昨年弾いていたショパンのノクターン「遺作」。
そんな時、タイミングよく流れてきた、ある歌手の「ノクターン」。

家にいるときは、毎日BGMとして何かしら曲が流れています。ほとんどがクラシックだけれど、たまにポピュラーもかけます。
ボーカルが入る曲は、そうは何度も聴けない。特に邦楽は一度聴くと、もう十分と思ってしまうのですが、でも平原綾香の歌声は違うのです。TVドラマ「風のガーデン」の主題歌にもなったこの曲は、ショパンのノクターンをアレンジしたものですが、平原綾香の声と歌い方にとてもあっていて素晴らしい。




彼女の曲は、クラシックの曲をベースに日本語の歌詞をのせて歌ったものが多く、最初の曲、ホルストの組曲「惑星」の中の「木星」をアレンジした「ジュピター」はかなり話題になりましたよね。
実は、彼女の歌の途中で息継ぎの声が耳に障って最後まで聴けなかったのですが、この「ノクターン」と「カンパニュラの恋」は、そんなことはまったくなく、曲と声に集中できて、一日何度も聴いています。
[PR]
by soleiljap | 2009-05-18 23:56 | ◇ 音 楽
これ、何?

a0029889_1026579.jpg
これ何?と聞いたのは娘。
朝、お弁当を作っていると、制服を着ながら覗きに来ます。


a0029889_1465956.jpg
これははんぺんで作るお弁当のおかず。友人が教えてくれました。
はんぺんを花形でくり貫いて、半分にスライス。中に同じく花形でくり貫いたハムを挟み、オーブン(トースター)で焼いて、上にスライスチーズをのせて、更にオーブン(トースター)で軽く焼く。


a0029889_1483176.jpg
チーズがトロリと溶けて、見た目にも美味しそうでしょ。
ハートの方を味見用に冷めてから食べてみました。ハムが挟んであるので、味もしっかりしてチーズと良くあいます。形状も可愛いし、お弁当のおかずにぴったり。
お弁当のメニューも毎日のことだから、ちょっとしたアイデアが嬉しい。
Y子さん、ありがとう。早速作りました♪

卵焼きに蟹カマを入れたら可愛いかなと思ったけれど、帰宅した娘が 「次から蟹カマ入れないでね」と。
蟹カマの匂いがきつくて、卵の味が消されるそうな。
[PR]
by soleiljap | 2009-05-18 23:18 | ◆ お 弁 当
食卓の風景

すっかり初夏の陽気になりましたね。
ここ数日、娘が学校の課外授業で外泊中のため、家の中が静かです。

a0029889_14424667.jpg
娘がいないので、今日は息子のお弁当だけ。メインのおかずはハンバーグ。(色が地味なのでソースの上に胡麻をふってみた)
画像を見てにんじんのグラッセを入れ忘れていることに気づく。花形にして今朝コトコト煮て作ったのに・・・

オー・バカナルのパンは、朝食に食べて残った分をお昼に食べるからと、お弁当と一緒に持っていきました。



この4月から、いろいろと変化があった我が家ですが、一番変ったことといえば、夕食の風景。
これまで、家族4人、皆がテーブルに揃ってから、一緒に 『いただきます』を言っていた食卓ですが、最近は3人で食べることが多くなってきました。(だいたい欠けるのは息子なのですが) 何年か後、慣れた頃に次がいなくなるのかな。
子ども達を送り出した世のお母様、お父様方は皆さん同じ経験をされてきたのですね。

さて、賑やかだったテーブルが一人減り、二人減るのは成長を願う上で、しかたないことなのですが、少々気になることがあります。
それは、ご飯いらないの連絡手段がメールだということ。携帯(電話、メール)時代、しょうがないのでしょうが、「夕飯いらないです」の一行文字で済まされるのはちょっと寂しいものです。

うちは子どもに携帯電話を持たせたのは高校3年の秋でした。かなり遅い方です。コミュニケーションはなるべく相手の顔を見て言葉で伝えることが一番、と思っているのですが、今ではすっかり、生活の中の便利ツールになってしまっています。
大学生になり携帯電話代は自分で支払っているので文句は言いませんが、「ブルータス、お前もか・・・」ではなく、「息子よ、お前もか・・・」といった心境かな。

電話の方がいいとおもうよ。
[PR]
by soleiljap | 2009-05-13 16:58 | ◆ お 弁 当
連休明けのお弁当

a0029889_8185416.jpg
昨夜、「ママー、明日からまたお弁当お願いねーー」と、元気な声で娘に頼まれた。
「はーい!!」と返事したものの、流石に今朝は身体が重かった。(笑)

久々に作ると勘が戻らない。とりあえず、何品か並べてつめたのが今日のお弁当。
息子から、お弁当の量を少し減らしてといわれていたので、フルーツを詰めてバランスを取る。(娘のデザートは別の容器に)


身体が重かったのは私だけではなかった。学校の忘れ物、遅刻が嫌いな娘、これは大人になってからもとても大事なことなので安心しているけれど、時々、詰めが甘いのです。

今朝、娘の目覚ましが鳴らないのでベッドの時計をみてみると、なんと8時のセット。どうやら、連休中の時間セットのままONにして寝たもよう。
「目覚ましかけたの?」というと ベッドの中から「かけたもーん!」と即答。
確かにかけたけれど、8時じゃ困るでしょ!

入学当初からずっと1時間前に学校に着いていた娘。今日はちょうどいいくらいに着けたのではないかな。^^
[PR]
by soleiljap | 2009-05-07 11:00 | ◆ お 弁 当
子どもの日の柏餅 と 映画鑑賞

a0029889_16365461.jpg
年に一回しか作らないお菓子はいくつかあるけれど、柏餅もその一つ。なので、レシピはいつも同じものを使う。
昨年のメモに、生地は薄めに!と書いてあったので、今年は水分を増やし、生地を少し柔らかく薄くのばして餡を詰めてみた。
餡は、作る数日前までは漉し餡の予定だったけれど、当日になると安易な方を選び、つぶ餡となる。(笑)
餡ってどうしてこんなに美味しいのだろう?いつも鍋ごとかかえて食べたくなる。


a0029889_16322981.jpg
夫に、「餡は甘さ控えめにしてあるからね」といいながら渡すと、「エッ?、これ手作りなの?!」とびっくりていた。
驚いたのはワタシの方!今まで、手作りと知らないで食べていたのだろうか??!!



映画「スラムドッグ・ミリオネラ」と食事のお話はこの次に。
[PR]
by soleiljap | 2009-05-06 23:15 | ◆ Sweets
ありがとう、忌野 清志郎さま。
世代的には下のほうかも知れない。
ドギツイ服装に化粧、ちょっと引いてしまうような言動。風刺的な歌詞。それが私の忌野 清志郎にもった印象。
個性的過ぎる人たちは、一部の熱狂的なファンだけに支持されるもの。しかし、彼の存在はいつもTVやラジオ、雑誌のどこかにいた。多くの人に支持されていた。
最初は不思議だった。亡くなって初めて気付かされた、自分が幼かっただけだったと。


ここ、数ヶ月だけれど、気がつけば口ずさんでいる曲がある。忌野 清志郎氏が作った「寛平応援歌」
寛平ちゃんは自分のサイトで、走りながら涙が止まらなかったと書いていた。

沢山のメッセージが込められ、多くの人を勇気付けてくれる彼の曲。もっと聴いてみたいと思う。

心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by soleiljap | 2009-05-03 14:22