<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
娘とのメール

昨日、娘が4泊5日の吹部の合宿に行く。
早朝4時過ぎに起きてお弁当を作り送り出す。(昨日は一日中、頭がぼ~っ)

学校集合7時。楽器等の荷物をみんなでバスに積んでから出発。8時前に予定通り出発したようです。
携帯を持っていな娘は私の携帯電話を持っていきました。さっそく、乗り込んだバスの中から、私のPCにメールが届きました。


今出発したよ♪ 時間があったら写真とってくるから♪



初めての合宿だね。気をつけてね。
低学年なので、先生、先輩の言うことをよく聞いて、限りある時間だから思いっきり練習するんだよ♪
写真は時間があったらでいいのよ。自由な時間はなるべくゆっくり身体を休めて、自己管理してください。

大事な5日間!悔いが残らないようにね!! 
がんばれ~♪○○(娘の名前)♪
がんばれ~♪○○高校のみんな♪ 

ママ



携帯を自由に使えるのが嬉しいのか、それから、バスの中から撮った写真を送ってくれました。ここまでは良かったのですが、目的地に着くと、今度は電話がかかってきました。

流石に電話の時は、「旅行にいっているのではないので、非常時以外は電話は使わないこと!」とピシャリ。



到着したのね。お疲れ様!運転手さんに「ありがとうございました」と言ってね♪
写真見ました。ありがとう。緑がいっぱいの良い所だね。

旅行ではないので、電話は緊急の時に使うこと。それ以外はメールで。合宿の目的を忘れないようにね。

荷物おろしてから、お弁当ね。
長い移動、お疲れ様でした♪ 

ママ




予定では、お弁当を食べてから、すぐに練習。夕方に各部屋に戻って、お風呂、夕飯になったもようです。夜の練習が終わって21時過ぎにメールが来ていました。
そのあと、一時間弱あけてまたメール。内容は、1,2行のメッセージです。 


第1日目、終わりましたね。長い長い一日だったでしょう。お疲れ様。
生徒もそうだけど、引率してこられた先生方も大変お疲れだと思います。どうぞ、感謝の気持ちを忘れないようにね。

お弁当、美味しかった?
練習はうまくいきましたか?
ホテルはどんな感じ? 夕飯は美味しかった?
お風呂はどう?・・・(こんなことを書いてくれると嬉しいです)

きっと、空が綺麗で、空気が美味しいだろうな、と言うことだけは分かります。
明日も元気いっぱ練習できますように。 ここからパパと祈っています。
おやすみなさい♪

ママ




この日に娘から入ったメール5回。電話1回。 私からの返信は3回。
内容は「出発した、写真送るね、着いた、ありがとう・・・」といった結果を知らす1,2行のものばかり(笑)。

携帯電話を持たない(持たせていない)娘は、必要な時は私のを使用。学校は携帯禁止なので、彼女は夜しか使いません。アドレスの振り分けをしているので、各自に届くメールはそれぞれのフォルダへ振り分けられます。勝手に開くことはないのですが、内容はきっと同じような感じようなものなのでしょう。


携帯メールも、こうやって遠くにいる子どもの現況を知る手段としてはとても便利ですし、ありがたいと思います。しかし、あくまでも道具。使い方次第で、いい道具にもなるし、ただのおもちゃにもなるということ。
道具は上手くつかってこそ。遊ばれないように。
そんなことを感じた一日でした。


さて、今朝6時32分、娘からの「おはようメール」が入っていました。


ママおはよう♪

・ホテルは、綺麗だよ♪
・お弁当は、ママの愛情が沢山こもってて美味しかったよ♪
・湿気が凄かったけど練習は、上手くいったよ♪
・昨日の夕飯は、エビフライ、ハンバーグ、味噌汁、ご飯、サラダ、筍の煮物だったよ♪

こっちは、山の方だから霧が凄いです。
今日も1日頑張るね♪



今度はちょっと長め。私が昨日聞きたかったことが箇条書きに書かれてありました。(笑) 
でも、いいのよ。分刻みのタイムテーブル、朝の忙しい中で送ってくれているのですから、嬉しいです。ありがとう!



○○、おはよう。
よく眠れましたか?長野の朝は気持ちいいでしょう。
今日は東京は曇りで、ちょっと過ごしやすいです。

昨日夕飯の筍は、春地元でとれたものだね。

よく寝て、バランスよく食べて、しっかり体力つけて、練習頑張ってね。
メールはほどほどに、合宿でしかできないことを精いっぱいやってきてください。それがいい結果へと繋がっていくと思うから。

今日一日が○○の吹部にとって、大きなステップとなりますように。
一人ひとりが大事な仕事を果たしてください!!

がんばれ、○○♪

ママ

[PR]
by soleiljap | 2009-07-31 14:18
2週間おくれの誕生日 つづき
前回のつづき
いただいたお料理です。順番に載せます。

a0029889_132043100.jpg


a0029889_13205830.jpg



a0029889_13214833.jpg


a0029889_13222726.jpg

a0029889_13224699.jpg


a0029889_13231513.jpg

a0029889_13233322.jpg

a0029889_1324086.jpg


a0029889_13242331.jpg

[PR]
by soleiljap | 2009-07-19 13:26 | ◆ Party
2週間おくれの誕生日
a0029889_13533788.jpg
6月30日はピアニスト、ブレハッチの誕生日。そして、私の誕生日でもありました。(V)
家族皆が揃う日がなくて、やっと先日の日曜日(12日)に食事に行ってきました。

私の行きたいお店を夫が予約してくれました。恵比寿のレストラン・イレール。写真は、また後日アップいたしますね。

トップの画像は娘が渡してくれたバラの花と手紙。
バラは花屋のケースの中から、お店の人といろいろ相談しながら選んだそうです。リボンもバラの色に合わせたのと嬉しそうに話してくれました。
このバラの花びらがとても不思議な色をしていて、外側が濃いピンクで内側が少し紫がかった薄いピンク。
娘が悩みながら選んでくれた花と一生懸命書いてくれた手紙。私の宝物です。

a0029889_1354211.jpg
料理はどれも本当に美味しくて、兄妹でお互いに分け合いっこしていました。
a0029889_13535079.jpg
こんなに綺麗に咲きました。暫くリビングにはバラの妖精たちがいたはずです。どれだけ癒されたことでしょう。ありがとうね!!

夫からのプレゼントはジムのチケット9枚でした。
もっと痩せろってことでしょうか。
[PR]
by soleiljap | 2009-07-17 23:25 | ◆ Party
読了  2009年6月まで

【6月】

● 走ることについて語るときに僕の語ること   村上春樹・著

● こころを言葉に      日本エッセイスト・クラブ編

● 向田邦子との20年     久世光彦・著

● 天使への扉        イングリット・フジ子・ヘミング・著

---------------------------------------------------------------

※ 1月から5月分は記録なし

思い出す限り、、、

● 青いバラの夢 フジコ・ヘミング画集            フジコ・ヘミング
● フジコ・ヘミング魂のピアニスト               フジコ・ヘミング・著 
● イングリット・フジコ・ヘミング私が歩んだ道、パリ    フジコ・ヘミング・著
● 青い玉                              フジコ・ヘミング・絵

● 名画は遊んでくれる     結城昌子・著
● ルンルンを買っておうちに帰ろう 林真理子・著
● 私をかえたこの一冊





*********************************

最近、自分の中で時間配分が上手く運べてなくて、毎日押せ押せの状態で一日を終えているような気がします。
それに加えて、もの忘れの多いこと。昨日のことも遥か遠い宇宙のはてにいったかのように、たよりない細い糸をたぐり寄せながら記憶を呼び戻しています。
すぐに忘れるくらいのことなので勝手に宇宙の果てでも地球の反対側にでも行ってしまえ、なのですが、お気に入りの本は、思い出したい。
なので、本のタイトルはその都度ちゃんと記録しておかなければならないと反省しています。だって、2回は読まないと中身さえ、えーと、、なんてことになりかねないから。(笑)
[PR]
by soleiljap | 2009-07-03 09:14 | ◇ 本
スコーン (卵を入れたものと卵なし)
a0029889_1354356.jpg
急にスコーンが食べたいと言い出した子ども達。冷蔵庫の中にあるもので作れるこのお菓子、キッチンに入ってあっという間に出来上がった。

 「うちのスコーンて、なんでこんなに美味しいんだろう」 と息子。
 「ジャムも手作りだから、美味しいのね」
 「今度、作り方教えて!ついでにジャムも!!」
 「おやすい御用です」
 
スコーンのレシピには卵を使ったものと使わないものがある。本場イギリスではどっちのレシピが王道なのだろうか。

私自身、今までは卵を使わないものが好みだった。塩味をちょっときかせて、少し粉っぽくて色白のしっとりした生地が、ジャムやクリームとよく合うと思っていたから。
(上は卵を使わないで作ったもの)

a0029889_13545327.jpg
でも、最近は卵を使ってふんわりとしたスコーンも作る。牛乳を卵にかえてつくっただけだけれど、同じ時間焼いて、こんなに焼き色が違う。
我が家のスコーンは、薄力粉に強力粉を混ぜる。そして、しっとりさせるためにヨーグルトを加える。これで、外側、ざっくり、中はしっとりふんわりの食感になる。

いつもはフードプロセッサーでガーっと作るけれど、今回は手で作ってみた。味は変らないけれど、ほんの少しだけ手の優しさがプラスされたはず。

a0029889_1412441.jpg
イギリスのお菓子は本当に紅茶とよく合う。長い歴史のなかで培われた食文化ですね。

最近、お気に入りのエディアールのキャラメル・ティー。友人にいただいて以来大好きになる。新宿伊勢丹で先日購入。


先日、blogをはじめられたばかりの「ほのぼの日記」のsweetafternoonさんもスコーンを焼かれていました。お料理やお菓子作りに楽しさを感じはじめられた素敵な若奥様(もうすぐ?)の「スコーン」にトラックバックいたしま~す♪♪
[PR]
by soleiljap | 2009-07-02 10:52 | ◆ Sweets | Trackback