<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
小さなお客様
a0029889_18591568.jpg
先日の日曜日、我が家にやってきた小さなお客様。それは、ずーっと待ちわびていた赤ちゃん。前に会ったときはまだ首も座らずママやおばあちゃんの腕の中でずっと寝てばかりの小さな天使でした。
前回会ったのが、半年以上前のお宮参りの時。生まれてから一年間の成長は本当に早いものです。

食事の支度をしていると、息子が、見覚えのあるベビーチェアを見て「これ使うんだー」と懐かしそうに言っていました。
「懐かしいでしょう」というと、「うん」となんだか嬉しそう。
子ども達が赤ちゃんの時に座っていた椅子にKちゃんが座る……息子や娘のほっこりした顔を見ながら、私までなんだか幸せな気持ちになりました。
納戸にしまわれていたこの椅子、これからたくさん出番がありそうです。

a0029889_1911241.jpg
瞳が大きいパパ似の可愛いKちゃん、目に入るいろんな物に興味をしめしていました。

a0029889_1916327.jpg
お料理は散し寿司メインにいつもの我が家の定番おかず。
手作りの和風ローストビーフとデザートのトップスのチョコレートケーキは義姉が持ってきてくれました。
赤ちゃんのママ Tちゃんが、乾杯のビールを口に含んだ瞬間、「これ本物??!!」と言ったことばが可愛くて、妊婦時代から授乳期、好きなアルコールをセーブしていたママの言葉に思わずニッコリしてしまいました。

みんなで食卓を囲んでおしゃべりしながらくつろぐ時間は、ほんわかとしたとてもいい時間。
次に会うときは、きっと一人で歩いているだろうな。おしゃべりもたくさん覚えてもっと可愛くなっているねーと、みんなが帰った後、家族で話しました。
また遊びにきてね。そのときはソレイユおばさんのお料理も食べれるようになっていますね♪
[PR]
by soleiljap | 2011-01-26 15:14 | ◆ Party
成人のお祝い (成人式の前日)
2週間前に写真だけをアップして、記事は翌日にと考えておりましたが、娘のインフルエンザに続き私の風邪と、続けて病院通いの日々でした。病気は母娘とも良くなり、娘はすでに元気に登校しておりますが、学校は入試(推薦)期間で、時間割が変動しており、弁当なしの日や部活がない日といろいろ。私の頭の中では予定表がぐるぐる回っている日々です。

成人式を迎えた息子への思いをつらつらと書こうと思っておりましたが、そんなこんなで2週間が過ぎて、あらためて書けといわれても・・・といった感じです。笑
大事な気持ちは日記に書き留めてあるので、こちらでは記録中心に書こうと思います。

a0029889_15551764.jpg
成人式の式典後に中学校の同窓会があるというので、前日に家族でお祝いをしました。
息子に食べたいものをリクエストすると、一丁前に「懐石料理!」との返答。

プラチナ通りにあったお店がなくなってしまっていたため、近くのフレンチを予約しました。息子はかなり残念がっておりましたが、個室での懐石はこの次の楽しみにしましょう。

a0029889_15583184.jpg
さて、一番上の画像はレストランに、成人のお祝いで、と予約したら、名前入りのサブレを用意してくださいました。(デザートの時)
コーヒーと一緒にプティフール。お料理もデザートもすでに終わり、お腹いっぱいになっていたのですが、どれも美味しいので手がとまりませんでした。

a0029889_17271939.jpg
この日のお昼に写真館で記念写真を撮る。
着物は記念撮影の後、食事まで時間があったので、自宅で一度脱いで夕方再度着ました。衣擦れの音を聞きながら「やっぱり着物っていいな…」と再確認。今度はいつ着れるかししら……。

a0029889_15493497.jpg
予約したレストランは、昔よく行っていたお店。最近はどこも変化球の料理が多い中、トラデッショナルなフランス料理をたべさせてくれるお店です。フレンチの王道といった感じでしょうか。
こちらのお店は厳選された素材と調理方法、そして丁寧なサービスでミシュランの一つ星を取ったこともあり、今回久々に行きましたが、やはり美味しかったです。
画像はシェフおまかせコースと、それぞれの中から選ぶコースメニューで、今回まとめて載せました。


翌日、息子は区で行なわれる成人式の式典へ。中学校まで地元だった彼、たくさんの友人達に久々にあって、みんなで楽しく同窓会をやって帰ってきました。同窓会の前に時間調節のために、友人達を連れて帰ってきましたが、みんな成長していい青年になっていました。あの頃が懐かしく、鮮明に思い出され感無量でした。

成人式の翌日にお赤飯を炊きました。いつもの実家の母直伝のお赤飯です。
お祝いの時、必ず母が炊いてくれていたお赤飯を炊きながら、感慨もまたひとしおで、これまでの成長を一つずつおっていくうちにまた涙(嬉し泣き)が出そうになりました。
この日を幸せに迎えられたことに感謝。そして、それはすべての人への感謝にかわり、これからも一日一日を大事に過ごしていこうと固く自分に誓ったのでした。

お赤飯は家族の食べる分を残して、後は小分けして冷凍。鹿児島の実家に送りました。お祝いのお赤飯、みんなに食べて貰えて良かったです。


以前、ブログでも書きましたが、私が20歳代のころ、実家の父が「子どもが社会に出て行けるように育て上げるのが親の責務なんだ」と言っていた言葉を、母となり子育ての中で折に触れ思い出していました。
子どもの誕生日は、お母さんにしてくれた誕生日と思い、一年いちねん大事に過ごしてきました。そして、その先には「成人の日」という何よりも嬉しい日が待っていたのですね。

息子よ、成人するということはこれから沢山の試練に立ち向かうということでもあり、そして、一つずつ苦難を乗り越え、自分の人生をより深く大きなものにしていくということでもあります。沢山の経験をつんで、自分らしいいい人生を歩んでほしい!
息子よ!がんばれ!


【追記】
レストランの名前は OHARA’Sレストラン
[PR]
by soleiljap | 2011-01-24 17:20 | ◆ Party
富士山
a0029889_1747258.jpg

毎日のように富士山がきれいに見えます。この夕景は数日前に撮りました。
同じ場所から眺める風景も、刻一刻と表情を変え、そのつど新たな感動をあたえてくれます。


a0029889_18112028.jpg
どこまでも澄んだ空に、丹沢から顔をのぞかせる真っ白の富士山を見ると、いつのまにか手を合わせて拝んでいます。

寒さが厳しければ厳しいほど美しく孤高にそびえたつ富士山。
そう、人間も甘えていては、いつまでも俗事を超越できないのです。
人生を達観できるのはいつ?私よ。
[PR]
by soleiljap | 2011-01-12 18:25 | ◇ 風 景
今頃ですが、"Xmas Party 2010”
毎日寒い日が続いておりますが、皆様お元気ですか?

我が家の年中行事絵巻を作るとしたら、一年の中で1月が一番にぎやかなのではないでしょうか。
日本が一番日本らしくなるお正月。大好きな月ですが、この月は行事が一つ終わるごとに安堵感とともに身も軽くなっていくのを感じます。

今年はその中に息子の成人式が含まれました。詳しくはあらためて書きますね。
アップしたい話題と画像だけがどんどん溜まっていくので、今日は鏡開きでもなく成人式でもなく、季節はずれのクリスマスの画像をお届けします。

a0029889_17441042.jpg
さて、2010年のクリスマス、イブは息子が友人達と過ごすということだったので、家族のパーティは25日に行いました。

イヴの夜、ロマンティックに愛を語る彼女もいない彼は、野郎たち3人とドンチャン過ごしたらしい。

a0029889_1745586.jpg
25日昼過ぎに帰ってきた息子は、下ごしらえ中のキッチンに入ってきて、今日は何作るの?と。
パエリアよ、というと。「ホント!?楽しみだなーー」と大声で言っていました。
この年、最後の部活を終え帰ってきた娘も同じことを聞いてきました。彼女の目は、材料を見て、これはパエリアに違いないぞ、という期待のまなざしでした。(笑)
久々のパエリアは魚介類のエキスたっぷりでやはり美味しかったです。焦げが絶妙!(と自分で言う)

a0029889_17454725.jpg
前菜のパリソワ。

a0029889_17482262.jpg
ロースト・ビーフ。もう少し火を通せばよかったかな。

a0029889_17522629.jpg
息子に買いに行ってもらったチーズと最近はまっているパテ。

a0029889_17511229.jpg

いつもパーティをやるとき、料理の下準備が終わるころテーブルセッティングにはいります。料理が決まっているので、使うクロスや皿、その他すべて並べ方は頭の中で完成しています。あとはひたすら並べるだけ。
a0029889_17553338.jpg

食事が始まると、息子が全員にプレゼントを渡してくれました。私と娘には本。父親には大好きなナッツ類のおやつ。おつかいを頼んで帰りが遅かったのは、これを買いに行っていたのね。
ありがとうね。


毎年やってくるクリスマス。最近は、あと何回こうやって過ごせるのだろう、と思ったりします。
そのうちに新しい家族が仲間入りするのかな。それはそれで楽しみなんだけどね。
[PR]
by soleiljap | 2011-01-11 17:17 | ◆ Party
2011年もよろしくおねがいします。
a0029889_18122517.jpg
皆様、新年明けましておめでとうございます。
新しい年も5日が過ぎようとしています。PCのない生活(自宅)はまだ続いております。
今日から仕事はじめという方も多かったのではないでしょうか。そういう私も今日から仕事始め。帰る間際に2011年第一回目のポストの更新です。今年は仕事メイン(?)で頑張るつもりです。今までは?と、どうぞ突っ込まないでくださいね(笑)。

今年の元旦のお節です。お客様がいらして楽しくいただきました。

と、ここまで書いて、帰りをせかされております!(焦)
残りは、明日書きますね。では、みなさま、今年もよろしくお願いします。

a0029889_181239100.jpg

【追記】
コホン。お待たせしました~。(笑)

2011年元日の朝見えた富士山は、前日の深夜まで続いたお節作りの疲れなんてを吹き飛ばしてくれるほど美しかったです。

娘と富士山を撮っていると、大晦日から友人達とカウントダウンをしてきた息子が帰宅!

大晦日の夜、息子が出かける前に台所の私のところに来て、「じゃぁ、行ってくるね。、良いお年を!」といって出かけて行った。その言葉がなぜか可笑しくて一人でわらっていた。

そして、元日の朝、眠そうな顔で帰ってきた息子は今度は「明けましておめでとう!良いお年を!」と言って自分の部屋に入っていった。何だかよく分からないけれど、可笑しくてまた一人で笑った。

お正月の朝から笑顔で過ごせるのだから、ま、深く考えないことにしよう!(笑)

a0029889_1813952.jpg
元日のお客様は夫の姉。甥っ子は当日の朝体調が悪くなりこれなくなる。(残念)

お屠蘇をのんだ後はワインで乾杯。お節の写真を撮っていなかったことに気づき慌てて撮る。
↑これは娘が撮ってくれたもの。
a0029889_1814551.jpg
今年は筑前煮を作らず、三の重に鯛の塩焼きを入れました。また、今年は伊達巻も市販のものにしました。それと、かまぼこ以外はすべて手作りです。

みんなに、縁起物なのでひと通り全部食べてねと言ってお雑煮の準備へ。

a0029889_16512496.jpg
お雑煮は昆布と鰹節の一番だしでつくる澄ましタイプ。
実家鹿児島の具材とは少し異なるけれど、味は母譲りのやさしい薄味。

a0029889_16513736.jpg
食べ盛りがいるのでロースト・ポークとボイルのズワイ蟹(画像なし)も準備。

お雑煮とお節をひと通り食べると、十分お腹いっぱいになりました。

みんなが美味しいといって食べてくれると、大晦日、足腰がパンパンになって、あー開放されたいっ!と思ったことをすっかり忘れているから不思議。(笑)


この一年また美味しい食卓(我が家の記録)をブログにアップしてまいります。
時にはピアノだったり、絵だったりすることもありますが、ブログのテーマでもある「美味しいは幸せ」をモットーに今年も食卓から愛を届けたいと思っております。
皆様の美味しい笑顔と健康を心からお祈りしつつ、
あらためまして、本年もよろしくお願いいたします。


a0029889_16291878.jpg
最後に元日の富士山。(朝8時半ごろ撮影)
[PR]
by soleiljap | 2011-01-05 18:30 | ◆ おせち料理