<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ういろうと言えば名古屋!
a0029889_11131770.jpg
こちらは、昨日の私の朝の一服。 お菓子は夫の出張土産、青柳の「冷やしういろう」。 

私の中で名古屋の代名詞になっている『ういろう』、思い起こせば子どもの頃、大の一番に苦手な地方菓子としてインプットされた名前なのです。そのテクスチャーと食感は当時の私にはあまりにも強烈な印象だったので、忘れられなかったのでしょう。(切るのも大変そうだった)

それが昨日、久々にいただいた「ういろう」が、今までのイメージを大いに裏切り、ことのほか美味しかったので(名古屋の方ごめんなさい)、その感動をここへ記すことにします。

一個ずつ包まれた和紙の中から出てきたものは、ふんわりと空気を含んだように軽く、昔のようにムチっと歯にまとわりつくような食感はさほど感じられませんでした。甘さも程良く、上品で本当に美味しいなと感じたのでした。

夫がその日の夕方、急いで新幹線に乗る前の駅の構内で目にはいったものを買ったと言っていたので、次回は別のもの頼んで、いろいろ食べ比べてみたいと思います。

話しの切り口はういろうでしたが、今や名古屋は、日本の「食」を牽引するくらい勢いのある街です。美味しいものは本当に沢山。
「食」はエネルギーの源。たくさん食べる人は元気なように、食に対する意識が高いほど、人も町も活気をおびるものです。

食に興味を持ち、大切にいただくことで、生きる勇気や知恵も授かると私は思っています。
これからの時代、以前のような飽食や作っては捨てる時代ではないと思うので、限られた食料のなかで、個々が食を大事にする。 そして、心をこめて作ったもの、作られたものだから、大事にいただきたいし、大切な人と分け合いたい。そんな気持ちも生まれるのだと思います。


さて、ういろう、次はどこのを戴こうかな・・・  美味しい所ご存じの方は教えてください♪
[PR]
by soleiljap | 2012-05-31 09:35 | ■ お 土 産
バノフィ パイ  (Banoffi Pie)
a0029889_8412297.jpg
バノフィー・パイというイギリスのお菓子をご存じですか?
今回、初めて作ったのですが、その美味しさにびっくり!

a0029889_1114573.jpg
純白の生クリームからのぞくバナナとトフィーソース。とりわけ、トフィーソースの音の響きは、それだけで美味しさが伝わってくるようです。
今回、ブラウンシュガー(今日はきび糖)とバター、生クリームで作りましたが、コンデンスミルクを缶ごとお湯につけて2~3時間ゆでる方法もあるそうです。
真っ白い練乳が、缶のなかでキャラメル色になるなんて、考えただけでワクワクします。

a0029889_8415320.jpg
タルト生地のショートクラストペストリーにしかり、生クリームも甘さが抑えてあるので、濃厚なトフィーソースとのバランスがとてもいいのです。

ふわふわの生クリームと、甘いキャラメルに風味豊かなバナナ、そしてサクサクのタルトが、口の中で相まってとっても美味しい♪ (← 娘談)
イギリスでも人気のお菓子だと書いてありましたが、納得です。

ケーキの名前も、Banana(バナナ)と Toffee(トフィー)で Banoffi(バノフィ)と名付けられたと言うから、なんともユニークで可愛らしいではありませんか。

簡単で美味しい英国菓子、益々のめりこんでしまいそう。


※ 参考レシピ本…「英国アフタヌーンティー&お菓子」 小関由美/小澤祐子(著)
この本で作ったお菓子 → ミニ・パブローヴァ  レモン・メレンゲ・パイ  クランペット
◆3/27追記 コーヒー&ウォルナッツケーキ/ホールカット


 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


追記 ('12/6/8)
トフィーソース繋がりで、kuyuriさんがとっても美味しそうな 「スティッキートフィープディング」を作られました。是非ごらんください♪ 
[PR]
by soleiljap | 2012-05-30 00:41 | ◆ Sweets
我が家の冷蔵庫の中
今朝の娘との会話

  「ママ、今日も会社?」

  「うん、そうだよ」

  「大変だね」

  「ちっとも大変じゃないよ。 ママは大変だと思わないの、その方が同じことでも楽だから」

  「あ、私もそうだよ。何でも楽しんでやるんだ、そうすると、楽しくなんるだよ」


元気になるのも、しんどくなるのも自分自身なんですね。この会話が今朝どれほど元気してくれたでしょう♪ 

さて、本題。
a0029889_225354.jpg
苺の季節もそろそろ終わりですね。時間を見つけてはジャム作りに精をだしています。これで何回目でしょうか。画像は冷凍してあるもの。
友人にあげたり、不意のお客様のお土産にとても重宝します。

a0029889_8425918.jpg
ほぼ二日に一回カスピ海ヨーグルトが出来上がります。
種は昨年2月に鹿児島の妹から貰ってきたもの。それ以来我が家の冷蔵庫の重鎮。こうやって小さめのガラスの容器に入れておくと、すぐに取り出してそのまま食べれるから便利。(容器は100円ショップで購入)

右は巷で話題の塩麹。私は出来上がるとブレンダーで程良く米麹をつぶします。
この塩麹のお陰で、遅くに帰宅してからの夕飯準備もラクラクです。
今も冷蔵庫の中でサーモン、豚ロース、鰆、鶏胸肉・・・が待機中。


a0029889_8433690.jpg
こちらは昨夜作ったもの。(撮影は今朝)
全日本バレーにハラハラドキドキ、いっそキッチンに立って何か作っている方が落ち着く(笑)。

左・・・・・・そろそろ無くなりつつあるブーギニョンバター。これこそ我が家の重鎮かも!

右・・・・・・大きめのイワシが安かったので12尾を3枚におろし冷凍(手開きで)。
イワシの香草焼きにしようかな、娘のリクエストはマリネ。


a0029889_8435447.jpg
左・・・パルミジャーノ・レッジャーノは塊を1キロ買って、すぐに粉とスライスと固まり(1回分ずつ)に分けて冷凍します。これがあるだけで、イタリアンが安心して作れるのです。

右・・・我が家ではミートソースは一回で12人分作ります。タッパーに3等分して冷凍。画像は今冷凍庫に残っている分。
粉にした美味しいパルミジャーノ・レッジャーノとこれさえあれば、子どもたちの大好きな夕飯がすぐに出せるのです。
[PR]
by soleiljap | 2012-05-28 11:00 | ◆ 料  理
アール・グレイとダーク・チェリーのクランブル・ケーキ
a0029889_12422059.jpg
「アール・グレイとダーク・チェリーのクランブル・ケーキ」。

ケーキについては独学でいろいろ勉強して、少しは分かっているつもりでも、紅茶については深く考えたことはなかった私です。いつからかイギリスのお菓子に興味をもち、作るようになると、そのその紅茶の歴史からも十分理解できるように、イギリス菓子は全て紅茶のためにあるのだと実感させられるのです。小麦粉をしっかりと味わえるお菓子は紅茶ととてもあいますね。

紅茶は奥が深いのはいうまでもありませんが、同時に添えられるケーキも時代を超えて何百年も同じものが焼き継がれています。
他の国のお菓子もそうですが、その裏側にある沢山の歴史や物語を思うとなんとも幸せな気持ちになるのです。

a0029889_1003774.jpg
今回焼いたクランブルケーキ、焼いている途中から、アールグレイがふわーっと漂ってきます。
出来立ての端っこをすぐにいただけるのは、作った者の特権です。
カットすると断面からブラックチェリーが顔を覗かせて、果汁をすった生地はしっとりとして、また上のクランブルのざっくりとした食感とあいまってとても美味しいです。
書きながら、また紅茶をいれたくなりました(笑)。

a0029889_141051.jpg
昨日は、朝焼いたものを会社に持っていき、3時のおやつにしました。
そして、今日は娘のランチのデザートに持たせました。お友達の分もいれて。
[PR]
by soleiljap | 2012-05-24 12:24 | ◆ Sweets
金環日食とBirthday Cake
たくさんの人がいっせいに空を見上げた日。朝から日本列島は金環日食一色でしたね。

今年は天文現象のオンパレードらしく、5月上旬のスーパームーンも記憶に新しいですが、素晴らしかった「金環日食」の次は、6月6日の「金星の太陽面通過」、そして、8月14日の「金星食」と、2012年は天体ショーが続くようです。
宇宙の神秘を今年はたくさん楽しめそう。お天気に恵まれますように。
a0029889_15343193.jpg
金環日食に感動した後はBirthday Cake作り。(台は昨夜作っておいたので、デコレーションのみ)

5月19日は息子の誕生日でした。その日は外でみんなでお祝いの食事会をして、ケーキは彼がバイト先からプレゼントにいただいていたので、私が 「これにローソクたててお誕生ケーキにしよう」と言うと、「ダメだよ、これは一人で食べるんだから」ですって。
頂いたロールケーキは、二日かけて一人で全部食べていましたよ。(笑)

a0029889_20541117.jpg
そして、息子のために作ったレア・チーズケーキ、実は今も冷蔵庫の中です。
「今日は、夕飯いらないから」といって朝大学に出掛けた彼。まだ帰ってきません。

冷蔵庫を開ける度に、生唾ゴクリしているのはパパと娘。オアズケ状態です。もう遅いので食べるのは勿論明日。
[PR]
by soleiljap | 2012-05-21 23:27 | ◆ Sweets
新しいお弁当箱
a0029889_13402913.jpg
携帯に入っていた娘の画像は、もう一カ月以上前になりますが、3月の終わりに娘と新しいお弁当箱を買い行った時のもの。真剣に選んでいます・・・(笑)
これまでのお兄ちゃんのお下がりの大きなお弁当箱では・・・と思ったらしく、彼女なりに可愛い小さめの物が欲しくなったようです。

まずLoft(渋谷)でみて、それから東急ハンズへ行き、最終的にまたLoftに戻ってと、納得するまで悩んで買ったのが下のもの。
最初、娘は可愛くて色が綺麗なものを選んでいたのですが、毎日使う物なので、軽くて、おかずやごはんが綺麗に見える色のものがいいわよ、と話すと、本当にいろいろ悩みながら決めていました。(自分で決めるから大事にするし愛情もわくのです)

a0029889_13405687.jpg
こちらはある日のお弁当。
今までのものから比べると30~40%減くらいのスペースです。当初はこれで足りるのかしらと心配で、帰ってくるたびに娘に「お弁当足りてる?」と聞いていましたが、毎回「ちょうどいい位」と返事がかえってくるので大丈夫なのでしょう。

今、画像をみて気づいたのですが、卵焼きをハートにせずに入れると、少しスぺースができて、おかずがもう一品を入れてあげられそう。

お弁当作りは私の喜びなので、できたら卒業まで作らせてほしいのですが、一年だけの約束なので、それまでいろいろ楽しみます。
[PR]
by soleiljap | 2012-05-15 11:16 | ◆ お 弁 当
Mother's Day
a0029889_23164419.jpg

子ども達からのプレゼントです。
母の日の今日は娘が朝から出かけるので、一日早い昨日、みんなでお祝いをしてくれました。

昨日はお昼から出かけていて、夕方帰宅すると、娘が大きな花束を抱えて持ってきました。私の大好きな薔薇の花束です。お兄ちゃんと二人でお金を出し合って買ったんですって。連名のカードが添えてありました。

母になって21年(もうすぐ22年)、子どもたちが元気でいい子に育ってくれたことが何よりのプレゼントだと思っているのに、素敵な花束まで……。
本当にありがとう! (嬉涙) 

8時に帰ってくる息子を待って、みんなで食事に出かけました。
場所は、今まで予約が中々とれなかった「ビストロ魚金」。こちらのお店は、美味しくて安くて、お店の雰囲気もとてもいいのです。

a0029889_23135067.jpg

a0029889_2314165.jpg

今日は、薔薇の優しい香りに包まれてのんびり過ごしました。幸せをかみしめた一日でした。
子どもたち、そしてパパ、ありがとう。
[PR]
by soleiljap | 2012-05-13 23:59 | ■ お気に入り