<   2015年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
パスキン展 @汐留ミュージアム  ※追記あり
a0029889_00061210.jpg


先日の日曜日、パスキン展に行ってきました。 

パスキンという画家を知ったのはつい5年程前、以前通っていた教室で久しぶりに描く油絵に、線も色も大いに迷い、絵具をのせては布で消し、そんな事を繰り返している時、先生が口にされたのがパスキンという画家の名前でした。

早速、図書館で画集を借りました。 その繊細で儚げな線、空気と物体が混ざり合い色に溶け込むさまは、すぐに心を惹きつけて離しませんでした。 資料を読み漁り その画家を知れば知る程、もっと作品を観たい、知りたい衝動にかられたのです。 
パスキンはFUJITAやシャガール、モジリアニと同じエコールドパリに属し、その生き方も時代を象徴するように不安定で流転の人生でした。危うく時に破滅的な生き方と背中合わせに、絵からは繊細すぎる画家の顔が見えかくれします。 穏かで温かな家庭を求めていたんだろうと思うと、自ら終止符を打った45歳という短い人生が悲しく切ないです。 
もっと描いて欲しかったという思いは、今の時代に生きる者の身勝手な考えですね。 
それにして、エコールドパリの画家たちは時代に翻弄されながら破天荒で数奇な運命をたどった人たちばかり。 生まれ変わる時はきっと平凡な人生をと願っているだろう。

今回のお気に入りの絵をネットで何点か探しました。しかし、色が全然違う! 美しく脳裏に焼き付いた色が上書きされそう・・・。 是非、実物をみてほしいです。

a0029889_02134220.jpg

≪テーブルのリシューの肖像≫ 1928年


亡くなる直前に恋人リシューに宛てた「ADIEU」(アデュー)と書かれたカードも展示されていました。


今回、本物の絵を近くで見ながら心奪われたのは、なんといっても人物の肌の美しさ。「真珠母色」と言われる虹色の輝きは何時間でも眺めていたいほどです。

若い頃のデッサンが3点、どれも魅力的です。 こんなに精緻なデッサンを描いていたなんて少し驚きでしたが、でも、繊細な線は彼をそのまま映し出しているようで納得。 

a0029889_02142180.jpg
≪ミュンヘンの少女≫ 1903年

実は何度かパスキンのように描きたくて試みたこともあります。しかし、それは到底無理なことで、あのおぼろげで儚い色も、震える線もパスキンだから描ける世界。
a0029889_02171424.jpg
≪長い髪のエリアーヌ≫ 1927-29年
 

a0029889_02151986.jpg

≪幼い女優≫ 1927年




私の大好きな絵(↓2枚)は今回展示がなかったのですが、今まで画集でも観たことがなかった絵やエッチング数多くあり、とても満足して帰ってきました。きっとまた近いうちに行くと思います。

a0029889_01392206.jpg
a0029889_01405559.jpg

2月1日の日曜美術館はパスキンだそうです。

≪追記≫ 2月1日放送の日曜美術館はパスキンではありませんでした。
パスキン展の会場に2月1日の放送と書いてあったのですが、申し訳ありませんでした。





[PR]
by soleiljap | 2015-01-28 16:01 | ◇ 美 術 | Trackback(1)
パステル画 <一部> (2.5h×3/5)
a0029889_23304707.jpg
パステル画 B2(515x728)

現在描いているパステル画の一部分。B2の紙に膝下で切った構図です。 

普段デッサンやエスキースとして描いているパステル、今回は初めて5回に挑戦。 いつもより時間をかけて丁寧に描いてみたいという思いでスタートしたのですが、紙が大きすぎて(いつもB3)、全体に目がいき届かない。 と言うより、絵創りの意識が足りない。

a0029889_16412621.jpg
エキゾティックな雰囲気のモデルさんです。デニムの装いがぴったりだなと思いながら描いています。 ざっくり(ごわっ)としたデニムの風合いをうまく出せるといいのですが・・・頑張ります!





[PR]
by soleiljap | 2015-01-24 16:25 | ■ 私の絵 | Trackback
苺のタルト
絵の話題が続いたので、美味しい画像を。
a0029889_21191460.jpg
バノフィ・パイのタルト生地が残っていたので苺のタルトをつくる。 
いつもはカスタードと生クリームはミックスするのですが、今回は層にしてデコレーションしてみました。生クリームたっぷり♪

せっかくだから、紅茶を淹れましょう!
a0029889_22411232.jpg
と、久々にシルバーのティーストレーナーを出したら黒く変色していました。磨いてきれいになったのはいいけれど、他のも気になりだして、気がつけばケーキの撮影そっちのけで磨いていた。笑 

a0029889_211974.jpg
ピカピカは気持ちいい♪
でも、今日はここまでにしておこう・・・



*********
【追記】  コメント欄を再開しました。 時にお返事おそくなるかも知れませんが、
       その時はお許しください。気軽にお書き下さると嬉しいです。
[PR]
by soleiljap | 2015-01-19 22:51 | ◆ Sweets | Trackback
パステル画 人物 (2.5h×3)
a0029889_2327197.jpg
昨年末に描いたパステル画。(B3)
ハードパステルとパステル鉛筆で描きました。

少し前に描いた油絵が比較的緻密だったので、どうしてもパステルも細かく描きたくなってしまいます。 早速パステルの鉛筆を購入。

a0029889_23271221.jpg

凛とした色白のモデルさん。白のセーターと紺のスカートという清楚なイメージを画面からも出せたらと描いたのですが、どうでしょう。

a0029889_2354439.jpg
下の投稿には書いたのですが、ここへソフトパステルが加わりました。
今日も描いて来ましたが、ソフトパステルはまだ使いこなせていません。こんな風に描きたいというイメージからどんどん遠ざかっていくし…それは腕の問題か⁈
うまく描けたらまたアップしますね。


[PR]
by soleiljap | 2015-01-15 15:57 | ■ 私の絵 | Trackback
パステル画 人物 (2.5h×1)
a0029889_21221231.jpg
先週から絵も始まり、いよいよ新しい年の絵の始まりです!
画像は年末に新しく加えたソフトパステル。
今まではハードパステル(一番下画像右)だけで描いていたのですが、もっと細密に描きたくてパステル鉛筆を加えました。 デッサンが目的なので、ハードと鉛筆のパステルで十分なのですが、パステルを一年間描いてみて、もう少し違う画肌で描きたくなりました。 画材を揃えれば良い作品が描けるという訳でもないのですが、変化を楽しめたらと思います。

a0029889_20543761.jpg
先日の日曜日に描いた裸婦。(B3) 
一日描きです。 横顔がキリッとした素敵なモデルさんでした
今回初めてソフト・パステル使いました。細かい所はハードや鉛筆パステルで。一回描きなのであまり変化は感じられない。

a0029889_2058374.jpg
新しくモデルが変わる日は、「今日はどんなモデルさんかな・・・」と 期待いっぱいで出掛けます。 昔は人(の形)を描く事だけに専念していましたが、最近では好みもはっきりでてきました。

a0029889_21364853.jpg
画材も揃える時はいろいろ考えます。お値段もそれなりにしますし、人物用、風景のための色と選択もいろいろ。色数だったり、メーカーも比較検討しながら熟考して購入に至ります。

[PR]
by soleiljap | 2015-01-14 23:36 | ■ 私の絵 | Trackback
ホイッスラー展@横浜美術館
a0029889_20212848.jpg
心待ちにしていたホイッスラー展、当然のことですが実物は感動が違いますね。 極上の時を過ごして帰ってきました。

ホイッスラーという画家は大人になってから知った画家です。 印刷された画集を見ながら、こんな繊細な絵を描く人はどんな人なのだろうと、興味は画家の背景まで知りたいと思うようになっていました。

グリーンの背景に浮かぶ風景、幻想の世界のその画面に吸い込まれていくような感覚は、今でも心に張り付いて離れません。 絵の美しさやそれを語る言葉は、唯美主義とか日本美術に影響された事だけでは語れないし、専門書から読み解くだけでは足りないです。 審美眼というワードもたくさん目にとまりました。  
まずは自分の言葉で、と考えたのですが、「すばらしい」という形容詞しか見つかりません。 作品の前で何度溜息をついたことでしょう。

必見です。 必ずまた観に行きます! 


お気に入りの絵をネットで探してみました。しかし、実物の色とはちょっと違うのですよね・・・
a0029889_20302130.jpg
a0029889_2029479.jpg

a0029889_2029306.jpg

[PR]
by soleiljap | 2015-01-13 23:59 | ◇ 美 術 | Trackback
バノフィパイ  成人の日
a0029889_1312133.jpg
成人式を迎えられた皆さん、おめでとうございます。 そして、お子様が成人式を迎えられたお母様お父様、おめでとうございます!そして、ご苦労様でした!

昨年の娘の成人式が思い出されます。特に女の子のお母様はお忙しい思いで過ごされているのではないでしょうか。

昨年のこの日、我が家も早朝から大忙しでした。 バタバタと過ぎて行く時間の中で、ここまでよく成長してくれたという喜びと、自分自身が母として育てられたことも実感した日でもあります。 “子どもの誕生日はお母さんお父さん(になった日)の誕生日“ と自分に言い聞かせ、毎年誕生日を過ごしてきました。それは、必ずやってくるこの日のためだったのかもしれません。 
これからも親子の関係はずっと続いていきますが、一つの区切りだということは確かです。 社会人としての船出の日、なにはともあれおめでとう! そして、頑張れ、新社会人!

a0029889_1316448.jpg

娘のリクエストで久々に作ったバノフィパイ。 以前作ったとき、娘がとても気に入り、今では大好きなケーキのようです。 甘さを押さえた生クリームがトフィーの甘さをコーティングしてくれます。二つのクリームと新鮮なバナナの相性も抜群。

a0029889_13155519.jpg

三連休の最後の日は絵を観に行く予定だったので、ブログもアップできたし、さて、出掛けますか!
[PR]
by soleiljap | 2015-01-12 13:57 | ◆ Sweets | Trackback
鏡開き
a0029889_21272617.jpg
1月11日、鏡開きの日です♪ 
朝から、ぜんざいなら起きぬけでも食べられる息子。小豆が苦手な娘にはきな粉餅にして、すでに仕事に出ていた夫には夜に食べさせました。

我が家のお正月はこの日をもってお開きとなります。今年も元気に明るく楽しく過ごしましょう!!

今日びっくりさせられたこと。
今年、息子の部屋には杵でついた小さな鏡餅がお供えしてあったのですが、しっかりとカビが生えていたようで、それを見た彼、「うゎっ カビてる!!もう食べられないよね、捨てる?」と。

「母さんの子どもの頃の鏡開きといえば、ひび割れたお鏡餅についたカビをおばあちゃんが包丁の背で落として、そのお餅をおじいちゃんがストーブの上で焼いて、ぜんざいにいれて食べていたのよ」
「台所には水の張ったポリバケツが置いてあって、ホロホロになったお餅が漬けられていた。カビを取り除いた餅を水につけてカビの発生を防いでいたのね」

スーパーでは当たり前のようにプラスティックの鏡餅が並び、カビのお餅など無縁になって・・・ いろんなことが無機質になっていく世の中。 せめて心は潤わせてあげたいですね。
[PR]
by soleiljap | 2015-01-11 22:45 | ◆ Sweets | Trackback
セヌリエの絵具
a0029889_2292217.jpg
昨年パリの友人にお願いして買ってきてもらったセヌリエの油絵具。 日本では中々手に入らない貴重な絵具です。 当初は嬉しくて、使うのがもったいなくて眺めてばかりいました。笑  Kさんありがとう!!

届いたのは昨年の11月、ちょうどF30号を描いている最中でした。 お願いした色は、アトリエの先生に教えていただいた8色で、人物を描いているので、肌色を調合するのに一番使う色だとの事です。

使ってみると、話に聞いていた通りオイルなしでどこまでも伸びる滑らかさ。 上品で深い色は、 流石、芸術の都フランスで生まれた絵具です。

こんなただこんないい絵の具を使いこなせるだけの腕がないことが残念!





[PR]
by soleiljap | 2015-01-11 00:53 | ■ お気に入り | Trackback
七草粥
a0029889_2122054.jpg

松の内が終わり、今日でお正月も終わりです。 朝、玄関のお飾りをはずし、七草粥用にお米を水につけて、ブログ用に写真を撮って会社へ。 ランチの時間に画像をアップしようと思ったけれど、ログインできず。 この画像、生ものなので急いでアップします。笑

a0029889_21373558.jpg
七草粥は我が家では夜いただきます。 7日の粥は本当に胃が喜んでいるのが分かります。 
疲れた胃に優しいお粥を、野菜不足になっている身体に春の七草で栄養をと・・・まさに昔の人の叡智ですね。

暮れから始まった一連のお正月行事は、日本が一番日本らしくなれる時。 そこには日本人の精神性の高さや繊細でどこの国よりも高い(と思う)美意識と感性がしっかり根付いています。 こんな素晴らしい国に生まれ育ち、生活しているのですからもっと幸せを感じてもいいはず。 そう、「足るを知る」。 今年は今一度、日本の伝統と文化を見直す年にしたいと思います。
[PR]
by soleiljap | 2015-01-07 22:38 | ◆ 料  理 | Trackback