<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
鏡開き
a0029889_2325245.jpg
今日は朝から出ずっぱりの一日でした。 先ほどPCをつけてびっくり!なんと昨日、非公開で画像だけアップしたつもりが、なんと公開になっていた。 記事は後ほど書きます。

まずは今日の鏡開きの画像から。 今朝、いただく前に撮りました。 
ブログを初めて、何回この鏡開きの記事を書いたことでしょうか。 我が家のおせちと七草粥と鏡開きは年初めのお決まりの行事。 11日の鏡開きを終えて、やっと我が家のお正月は終わります。 

a0029889_23313744.jpg
こちらの可愛い三猿の彫りがほどこされた丸盆は、今年の干支にぴったり。 私の長年の愛用品です。 
息子が小学校6年の時、修学旅行で行った日光でみんなで彫ってお土産に持って帰ってきたものです。 一生懸命彫っている姿が想像できるので、ずっと目の届くところにおいています。 大事に使ってきたのですが、数年前に落として一部欠けてしまいました(矢印)。 すぐに接着剤でつけたのですが、どう見ても分かりますね。 

さて、今年もつつがなくスタートしました。 あすからいつもの日常が始まります。一日一日を大切に過ごしましょう!

* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-01-12 00:04 | ◆ Sweets | Trackback
黒豆の抹茶パウンドケーキ
a0029889_1363570.jpg
1月4日の仕事始めから、慌ただしく過ぎていった一週間、やっとお休みに。 今日から嬉しい3連休です。

久々に焼いた抹茶パウンドケーキは、おせちの残りの黒豆を入れて。
やることが目白押しだった年末年始を思うと、時間も気にせず過ごせることの幸福感、じんわりと心に染みいります。
おせち料理のタッパーでひしめき合っていた冷蔵庫も、やっと片付いてきました。 昨日最後の栗きんとんを息子が食べたので、残すは黒豆のみ。 ま、これは例年のことですが・・・

a0029889_1342123.jpg
バターも長く品薄が懸念されていましたが、解消されるようですね。その分お値段は高くなるようです。 嬉しくも悲しいニュース。 

さて、お正月のちょっと嬉しい出来事 その①
今年の初詣は、家族みんなの予定が揃った3日に近所の氏神様へ。 お参りの帰りに夫の提案でラーメンを食べに行くことに。 朝昼晩とおせちに飽きた頃、ラーメンもいいわね、とさっそく美味しいラーメン店に向かいました。 でも一番のお気に入りがお休み、次なる所へ向かいました。
家族4人いろいろ食べて帰りのお会計で、「俺が払うね」と、なんと息子がささっと支払ってくれたのです。頼もしい息子の背中をみながら、ご馳走さまと、店をでるのでした。

帰りに、お茶でも飲もうかとスタバへ。 それぞれが好みのものを注文して、夫が会計の準備をしていると、今度は娘が「ここは私が払うね」といって財布出しました。 夫が「いいよパパが払うよ」、「だめ私が払うから!」とレジの前で押し問答。 よくおば様方が会計の前でやっているあの風景です。 笑
結局パパが負けて娘が払ってくれました。その様子を店員さん達がずっと微笑んでみていました。

ついこの前まで子どもだったのに、しっかり大人になった二人を見て、何だか嬉しくて温かい気持ちになったのでした。 
二人とも、ありがとう。 パパとママは本当に嬉しかったです♪

* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-01-09 14:59 | ◆ Sweets | Trackback
七草粥
a0029889_094849.jpg
一年の無病息災を祈り、お正月に食べ疲れた胃腸を七草粥でいたわる。  なんて素晴らしい風習なのでしょう。 
一週間過ぎると、流石にお餅ももういいかな。 たくさん食べすぎて体重も気になりだすのが、ちょうどこのころ。 私にとって、年末からお正月、そして七草粥、鏡開きと新年を迎える行事は、一番日本らしく、そして先人たちの叡智を実感する日々なのです。

a0029889_019476.jpg
朝、お米を洗って水に浸してでかけます。 
すずなとすずしろは、お米と一緒に炊きますが、他は、アクが強いので一度さっと塩茹でしたら、水に暫くさらしておいたものを使います。栄養分は逃げるかもしれませんが、雑草臭さをとり、美味しいお粥にするためです。

a0029889_23534312.jpg
私はお粥と梅干しで十分なのですが、子どもには、鹿児島の妹がおくってくれたさつま揚げも一緒に。(母は炊きたての少し硬めに炊いた白いご飯といただきますわ♪)
毎年家族4人揃っていただいていた七草粥も、今年は娘と二人だけ。 みんな社会人になると中々夕飯が揃わないものです。 打ち合わせで遅く帰ってきた夫には食べさせましたが、息子はまだ帰ってきておりません。(明日食べさせます)

* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-01-07 23:51 | ◆ 料  理 | Trackback
今年も描きます!
a0029889_22114944.jpg
年末年始に少しでも描ければと思っていたけれど、一度も筆をとることができませんでした。
画像は昨年最後に描いた人物画、F10油絵です。 モデルさんがいらっしゃる回数が3回という事だったので、1回描きを3枚描きました。(画像はそのうちの2回目と3回目)
a0029889_2218928.jpg



a0029889_22184143.jpg
腰のラインがきれいだったので、3回目は座面まで描く。(M12)
それぞれ一回描きだったので、どの回ももっと描きたかったという思いが今なお続いています。


さて、今年も絵は続けて描いていきます。
昨年も一人抱負を掲げて頑張ったので、今年も抱負か目標か、少し明白にしていこうかなと思います。
なんでもそうなのですが、中途半端が嫌いな性分、絵に関しても、いつも気持ちは、「いい絵が描きたい」。 空回りさせないために、自分に足りない物(ありすぎて困る)を一個ずつ克服していくしかないのですが、多分「空間」が描けるようになれば、描きたい絵に少し近づけるような気がするのです。 
しかし、これが一筋縄ではいかない。
苦労しなければ素晴らしい景色は観れないといいますから、貪欲に追及していこうと思います。

下手な絵ですが、皆さま今年もお付き合いくださいね。

* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-01-05 23:28 | ■ 私の絵 | Trackback
元旦の食卓 ~おせち料理 2016~
a0029889_253317.jpg
新年明けましておめでとうございます。新しい年が皆さまにとって輝かしい年でありますように!

さて、恒例の元旦の食卓です。こうやって今年も無事に皆でお祝いできたこと、嬉しい限りです。年末から続いた怒濤のおせち作りも、食卓についた家族の穏かな顔をみると疲れも吹き飛びます。 ただ今年は娘が30日から大阪へ旅行へ行ったため、元旦は夫と息子との3人での食卓でした。(元日の夕方に帰京しましたが)
おせちはかまぼこと伊達巻以外はすべて手作りです。

a0029889_2575236.jpg
毎回変わらぬ元旦の食卓の風景。 でも、少しずつテーブルセッティングは変えているのですよ。(分かりました?) 重箱やお屠蘇セットは流石に変えられないので、食器と数少ない小物で変化をつけて楽しんでいます。

今年はいつも使っている漆の敷膳をやめて金色のマットにしました。 漆器(銘々皿)もこれまで使わなかったものを使用。(画像は下に載せました)
a0029889_1193493.jpg



a0029889_034293.jpg
我が家は皆お酒が弱いので、お決まりの屠蘇を少しいただいたら、すぐにお雑煮です。 

a0029889_533289.jpg
大好きな黒豆作り。時間はかかりますが、その間にきんとんや田作り、たたきごぼう等を作れるし、黒豆は最初にとりかかるおせち。

少しずつ娘の為に、日程表と一緒に、作りやすい量でレシピにも起こしているのですが、将来、肝心の娘が作るかどうかが心配。笑


一の重
a0029889_420045.jpg
黒豆、かまぼこ、伊達巻、錦卵、数の子、昆布巻き、たたきごぼう。



二の重
a0029889_415503.jpg
紅白なます、海老の八方煮、牛肉の八幡巻、紅鮭粕漬、酢蓮、栗きんとん、田作り。



三の重
a0029889_48406.jpg
煮しめ


重詰めは見た目の色合いも重要なので、船体のバランスを考えながら、隣の持ってくるものは何がいいかなと常に考えながら詰めています。


a0029889_20091.jpg
漆器は以前も書きましたが、母の影響か、大好きな器です。 芸術性が高く、世界に誇れる日本の工芸品です。本当に美しい。(母が亡くなり、あの沢山の漆器はどうしているのだろう。 たまに出して使ってあげているといいな・・・)

漆器は普段使いはできないので、お祝いやお客様用です。今回、金縁の白い洋皿に漆の取り皿を重ねてみました。薪絵はそれぞれの皿で絵柄が違います。

a0029889_0181542.jpg
最後になりましたが、神棚とお仏壇のお供えです。(錦卵を入れ忘れている!今頃気づく)



さて、はや三が日が過ぎようとしています。今年もあっという間に一年が過ぎていくのでしょうか。
悔いのない一年にしたいですね。そのために、一日一日を大事に過ごしましょう。

本年もよろしくお願いいたします。

* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-01-03 01:25 | ◆ おせち料理 | Trackback