タグ:おもてなし料理 ( 19 ) タグの人気記事
スペシャルゲスト
a0029889_1294975.jpg
先日の土曜日、私たち家族にとって特別で、大切で、大好きなお客様がみえました。
オーストラリアに帰られて15年。 そう、15年ぶりに会うご夫妻です。  
なんと東京での駐在が決まり、暫く日本にいらっしゃるとの事。 嬉しいニュースに家族全員大喜び! 

始まりは、息子たちの保育園でした。 2、3歳だった子どもたちは、時を同じくして入園。それは今思えば運命の出会いだったのだと思います。 

あっと言うまに仲良しになった二人は、週末はお互いの家を行ったり来たりと、お泊まりする仲に。小学校はアメリカンスクールと地元の小学校へと離れましたが、変わらず仔犬がじゃれ合うように、いつもいつも一緒でした。
二人が10歳になった年、ジョン君がオーストラリアに帰国するまで、家族ぐるみのお付き合いは続きました。 日本とオーストラリア、あの時10歳だった彼らも、もう25歳です。 

そして、なんと更なるビッグニュース。 ジョン君も、長期の仕事でもうすぐ日本にやってきます。 

a0029889_1184566.jpg


前置きが長くなりました。 お料理でしたね。
以前住んでいた家にはルーフバルコニーがあり、過ごしやすい5月になると息子の誕生日パーティも兼ねて、よくみんなでBBQをしました。 その時、必ず作ったのがパエリアとシーザーサラダ(シーザーサラダは夫の当番)。 なので今回のメイン料理は迷わずパエリアです!

まずは再会を祝してシャンパンで乾杯!
a0029889_23343194.jpg
アボカド・サルサと、ズッキーニのスカペーチェ(画像なし)

a0029889_23331084.jpg
野菜のテリーヌ。 断面を見るまではドキドキ。 準備からサーブまで、程良い緊張感につつまれる楽しい料理です。

a0029889_23502276.jpg
サーモンのマリネ。 テリーヌの横に添えて。 

a0029889_23522754.jpg
ローストビーフ。 グレイビーソースも美味しい。

a0029889_03738.jpg
このレシピは大きめのパエリアパン用に書き起こして、なん十年も作り続けているレシピです。  


さて、18時から始まったパーティーは、なんと23時まで続きました。 
みんなが幸せに包まれていた時、途中、なんとサプライズゲストが!

デザートと、そのお話の続きはまた書きますね。 
(久々のブログ更新・・・ ちょっと時間がかかりすぎたみたい…)

a0029889_11242912.jpg


つは→こちら
[PR]
by soleiljap | 2015-06-17 01:41 | ◆ Party | Trackback
謹賀新春 おせち料理 2015
明けましておめでとうございます! 
2015年が皆さまにとって実り多き年でありますように。本年もよろしくお願いいたします。
a0029889_1264875.jpg
大変ご無沙汰してしまいました。更新できなかった理由はゆっくり書くとして、まずは今年のおせちを!
a0029889_1281312.jpg
お節作り、作るメニューは毎年同じものなのですが、出来上がった時の腰の痛みと背中の張り、そして足が棒の事を思うと、毎年、一度はためらいます。

今年は大晦日に夫と息子が真鶴までイカ釣りに行き、ちょうどお節の仕上げに入る頃帰宅。大漁は嬉しいのですが、帰宅後2時間キッチンを占領され、お節の完成が押してしまう。
今年も、やはりTVは見られず・・・ でも、元旦に食卓に並んだお正月料理をみると、今年も頑張ったなという充実感で疲れも吹き飛ぶのです。

a0029889_15249100.jpg
黒豆作りは大好き。今年はSTAUBで焚き上げました。お鍋の力で時間は短縮(それでも7時間煮ました)、ふっくら柔らかく満足のいく仕上がりに。


a0029889_1573459.jpg
お雑煮はいつもかしわ(鶏肉)も入れて出汁をとるのですが、今回は鰹と昆布のお出汁のみ。


a0029889_1295671.jpg
今年は段取りがよかったのか、仕事納めが26日だったこともあり、あまり腰に来なかったような・・・。お節を食べた後、いつもは泥のように眠ってしまうのですが今日はすこぶる元気でした♪

久々のブログの更新、お節作りより疲れました。画像をダウンロードしてからすでに3時間が経とうとしている。笑 

もう寝ます! お休みなさい!
[PR]
by soleiljap | 2015-01-02 03:38 | ◆ おせち料理 | Trackback
BIRTHDAY PARTY
a0029889_2324716.jpg
気がつくとひと月以上のブランク。 ご無沙汰していました。季節はすっかり初夏の装い?! 梅雨入りするも、本日も日差しが痛く感じるほどでしたね。

さて、取り急ぎ昨夜(6月1日)のパーティーの写真をアップします。 こうでもしなければ、また間があいてしまいそうだから。 記事は追って追加いたしますね。(ごめんなさい) 6/2 18:33記


・・・・・ 【追記】 ・・・・・

a0029889_221052.jpg
6月1日は娘の二十歳の誕生日。 そして、5月19日は息子の23歳の誕生日でした。 息子の誕生日、彼は外に出掛け、その後も予定が立たず、6月1日に二人一緒のお祝いをしようということになりました。
子どもたちのリクエストはいつものパエリア。 そして、私の一存でお赤飯も。 
節目節目に母が作ってくれていた赤飯は、私の中でやはり特別な日には欠かせないものです。

a0029889_21291821.jpg
木の蒸し器で作る赤飯は場所をとるため、すべての他の料理の下準備を済ませから、気合いをいれて作ります。 年に何回も作るものではないので、作る前に必ず母のレシピを再度確認。

a0029889_20565220.jpg
前菜はトマトのテリーヌ。 前回は大きめの型を使いましたが、今回はミニパウンド型で。

a0029889_21534030.jpg
スモークサーモンはただ並べるだけの超簡単なプレート。でも華(花)がある。

a0029889_2395538.jpg
何といっても二十歳になって最初にやってみたいのが飲酒。 娘もとても楽しみにしていました。 パパが赤と白のワイン(ハーフ)を買ってきてくれました。 実は我が家の大人たち3人ともアルコールが苦手。というか、呑みたいのに呑めない体質なのです。なので娘はどうなるかしらと、みんなで興味しんしん。お酒デビュー、その結果は後ほど。

a0029889_2101018.jpg
スープはブロッコリーのポタージュ。

a0029889_2111368.jpg
ローストポークはオーブンに予熱から1h、超簡単料理の中の一つ。

a0029889_2102622.jpg
メインのパエリア。 今回息子が作ってくれました。 塩加減、お米の固さ、お焦げともに絶妙の出来。といっても味付けの最終調節は私ですが(笑)。

a0029889_2122265.jpg
美味しいから、何度食べても飽きないです。
そして、画像はありませんがシーザーサラダ。 パエリアの時は必ずセットで作る我が家のシーザーサラダは、夫がカナダで出会ったレシピ。 何処よりも美味しい!

今回もたくさん食べすぎて、みんなお腹いっぱいでケーキまでたどり着きませんでした。ケーキの画像はまたのちほど。

a0029889_2362859.jpg
親にとって子どもの誕生日は特別な日。

この日娘は、朝10時から15時までバイトが入っていました。 バイトの帰り、氏神さまに二十歳の報告して帰ってきた彼女が、帰宅してすぐに見せてくれた一通のメール、ねえねえ(私の姉)からのものでした。

お誕生日おめでとう。
Rが生まれた時、保育器に入っていると聞いて、すごく心配して、
おばあちゃんと2人で直ぐに飛行機で飛んでいったのを思い出しました。
保育器の中に、一生懸命に生きようとしている小さな赤ちゃんがいました。
そんなRがもう20歳!!楽しく素敵な一年になりますように!!


お誕生日のメッセージでした。 20年前の6月1日、体重が小さくて生まれてすぐに保育器に入れられた娘と私を心配して、母と姉が鹿児島から駆け付けてくれました。 この時、母はひと月前に腸の大きな手術をしたばかりで、退院して間もなかったのです。 そんな母に心配をかけた事や、それから暫くの間、3歳になったばかりの息子を連れて、搾乳器で絞ったおっぱいを持って毎日病院に通ったこと等、いろんな事が走馬灯のように思い出されて、読み終わってウルウル。 

あれから20年、大きな病気もせず、素直で明るく元気な子に育ってくれました。 
あの頃、病院の帰り道、ただただ元気でいてほしいと願ったこと、 そして、その陰で本当に沢山の人たちの支えがあったことを忘れてはいけませんね。 

テーブルの可愛い花はパパが用意してくれました。お兄ちゃんからは 大人っぽい腕時計と花のバレッタ(髪止め)のプレゼントでした。


20代、どんな出会いがあり、どんな人生がまっているのでしょう。 人生経験をあなたたちの数倍多く踏んだ者として伝えられるのは、今が明日の糧になり、明日が未来の糧になるということ。 感謝を忘れずいろんな事に挑戦していってください。 人生七転び八起き、全てが学びです。 転ぶことも大事。最後に起き上がれればいいのですから。


そうそう、お酒は娘も弱そうです。 この日赤いシャツを着ていたのですが、顔が同じ色に(笑)。 
[PR]
by soleiljap | 2013-06-02 23:56 | ◆ Party
クリスマスの料理 2012
クリスマス・イヴ、皆さまはどのようにお過ごしですか?
今日は気温が上がらす、東京も夜になって益々冷え込んできました。
今年のクリスマスは、先日パーティを終えたからか、それまでの忙しさや喧騒から遠ざかって、静かな夜を過ごせたように思います。

遅くなりましたが、先日のクリスマス・パーティの料理を紹介します。
a0029889_16273452.jpg
今年のチキンは何キロあったのだろう・・・とにかく大きなチキンでした。前日からニンニクをすり込んで、ローズマリーの枝を巻き付けておいたので、香り良く仕上がりました。
a0029889_17152161.jpg
子どもたちのリクエストのパエリア。
息子からパエリアの作り方教えてと言われていたので、今回一緒に作りました。
焼きも混ぜも丁寧にやってくれるのですが、時間と段取りが勝負のパーティ料理、何度「巻き」を入れたことか(笑)。
同時に私の右手側で娘がシーザーサラダのドレッシングを作ってくれました。何でも仕事が早い彼女、もう少し丁寧に混ぜて欲しいんだけどな・・・。 兄と妹、足して2で割ったらちょうどいい感じ!!(笑)。

a0029889_16303364.jpg
ロースハムと豚ひき肉のパテ。これは前日作って、冷蔵庫で一晩寝かせなければならないけれど、工程は簡単。
a0029889_1640591.jpg
前日作っておけるものは当日とても楽ですね。

a0029889_20243384.jpg
サーモンのマリネ。これも前日に作ったけれど、当日の朝でも良かったかな。ビネガーで身が白くなってしまった。

パンはメゾンカイザーのバゲット。娘がバイトの帰りに買ってきてくれる。焼きたてだったのでとても美味しかった。

a0029889_1063814.jpg
ケーキはすでにアップしましたが、ここでも載せます。
前日頑張って作ったのに、結局当日は食べられず、でした。
当初は、ルレクチェ(洋梨)のシャルロットの予定でしたが、ビスキュイの丈が長く、カサが必要になってしまい、急きょ苺をのせることに。 美味しい苺だったので満足。


12月のイベントの一つ終わりました。また明日から年末に向けて怒濤の日がやってきます。
皆さまもお疲れがでませんように。 一緒にがんばりましょうね!
[PR]
by soleiljap | 2012-12-25 00:38 | ◆ Party
大阪からお客様
a0029889_232607.jpg
お客様は昨年11月に大阪に行った義姉と千葉の二番目の義姉。
(画像はクリックで大きくなります)

a0029889_23335441.jpg
昨年、義姉を招待してのパーティではパエリアを作ったので、今回は和食にしました。

a0029889_22562952.jpg
まずは春雨のサラダ。
こちらのタレは母から習ったもので、常に冷蔵庫に作り置きがあり、季節で酢を調節しながら通年で使っています。


a0029889_23363640.jpg
揚げ茄子の煮びたし。
もぎたての茄子を数日前にいただきました。素揚げの茄子にだしの味がギューっと染み込んでとても美味しいです。


a0029889_2353077.jpg
メインのおかずは、から揚げと鹿児島の郷土料理の「とんこつ」。
スペアリブを味噌でコトコトと煮ること数時間。口の中でとろけるように柔らかくなったスペアリブは、子どもたちも大好き。各家庭で微妙に味が違う我が家のとんこつは、やはり小さい時から食べていたおふくろの味。

今回、大根をうっかり買い忘れてしまい、一緒に煮たのはこんにゃくのみ。やはり大根があった方が美味しいです。
a0029889_23413815.jpg
とんこつを盛った器は、随分前に妹がプレゼントしてくれた有田焼。大好きな器です。有田の陶器市で買ったと言っていました。


a0029889_23475779.jpg
汁物は、金目鯛の潮汁。
あらが手に入らなかったので、骨付きの切り身で出汁をとりました。これもやはりおふくろの味で、釣りの好きな父が鯛を釣ってくると、母がよく作ってくれました。

身体の芯に染みわたる出汁の味は、身体が覚えてるのでしょうね。時々無性に食べたくなるのです。臭みを取るために、塩でしめ、丁寧に霜降りをしながらとる出汁。
沢山美味しい料理を教えてくれた母にあらためて感謝。美味しい潮汁ができました。

漆の器に入れて蓋をして・・・ 蓋をあけて内側に覗く蒔絵。和食の醍醐味、それは器にもあります。日本人の美意識を思う瞬間でもあります。(このお椀についてはこちらにも書きました)

そして、今回のごはんは炊き込みご飯。(画像を取り忘れる)

ワインは、和食に合う中辛の白を近くの酒屋さんで選んでもらう。ちょっと甘いような気もしますが、フルーティで美味しかったです。

この日、二人の義姉には狭い我が家ですが泊まっていただき、娘もいれて遅くまで沢山お喋りして楽しいひと時を過ごしました。
[PR]
by soleiljap | 2012-08-02 01:50 | ◆ Party
Party Party  (つづき)
a0029889_11363451.jpg
前回の続き)
朝から降っていた雨も午後には上がり、テーブルが出来上がる頃にはキラキラの太陽が顔を出しました。

テーブルに落ちた長い影を見ながら、今日はこのクロスにしてよかったと思う。(3年前の夏に手作りし、使う機会がなかったのです)
a0029889_2202712.jpg
冷えたワインの瓶があっという間に結露で曇って、瓶をおおう水滴を見ると急にお腹がすくのでした。

この日のワインは「asatsuyu 2010」。
そこのワイン好きなアナタ、今生唾ゴクリしたでしょう、、、
息子が以前いただいてきて、中々出番がなかったのですが、今日まで飲まずにいてよかったと思いました。
美味しいです。お酒はあまり詳しくないのですが、すっきりとした白独特の喉越し、まっすぐで深くとても上品な味。
アルコール度数が強いです。一度に飲むと、ぶっ倒れそう>私。


a0029889_7184025.jpg
さぁ、パエリアも出来上がりました。みんなー Party始めるよー♪

◆ 料理の画像はこちらから ◆
[PR]
by soleiljap | 2012-07-09 23:48 | ◆ Party
クリスマスのケーキ
a0029889_8122388.jpg
赤はビタミンカラー。元気のないときは赤い色を身につけなさいと言われるけれど、ホントにその通り。
赤いパンツもそうなのかしら・・・。巣鴨で赤パンを買ったと自慢していたKさん、あまっていたら私にも分けてくださらないかしら・・・・・・。 コホン(笑)

a0029889_37586.jpg
今年の家族で過ごすクリスマスパーティは本日25日に行いました。
24日まで部活があった娘は、イブの夜は中学校からの親友と過ごすんだと楽しみにしていました。何処にご飯食べに行くのか聞いてみると、サイゼリアだそうで、もう少しいい所ないの?と言うと、「だって安いし・・・いいじゃん!^^」ですって。
息子も、予定がはいっているみたいでイソイソと出かけていきました。

クリスマス・イブに子ども二人がいない。こういう日が来ると思っていたけれど、やはり来ましたね。

a0029889_303311.jpg
今年のクリスマスケーキは苺とブルーベリーのシャルロットです。11月に洋梨のシャルロットを作り、生地がイマイチ納得できなかったので、前回は別立てでしたが、今回はジェノワーズにして作ってみました。(やはり、ゆるくなったので、また、近いうちに作ります)

お昼に写真を撮っていると、息子が「うぉー、うんまそー」と言いながら通り過ぎて行きました。
でも、誰もまだ食べていないのです。ワイン(すごく甘かった)飲んで酔っぱらったので(私と息子)、明日食べます。

a0029889_035937.jpg

◆ お料理は こちら。
[PR]
by soleiljap | 2011-12-26 01:16 | ◆ Party | Trackback
先日のパーティー *料理編*
a0029889_17371259.jpg
今回のパーティーほど、買い物と料理の手順を入念に計画立てたことはありません。

ピアノの発表会を4月18日にひかえ、頭の中はそれ一色だったある日、夫から19日にお客様が来ることになったからと報告。
えっ!?ピアノの発表会があるけどというと、前日に終わってるでしょ、と涼しい顔。

料理も、もてなすのも大好きな私ですが、準備には丸一日はほしい。ピアノの発表会が終わるのが夕方の4時ごろ。それから買い物して準備はかなり厳しい。

お客様は計4名。今から30年ほど前、夫がカナダにいた頃の仲間やお世話になった夫妻。
現在ポルトガル在住の一人が、今回一時帰国で帰っていらしたので、是非皆で会いましょうということになったらしい。

何十年振りの全員揃っての再会。そのことが良く分かったので私も頑張ることにした。
カップルのご夫婦とは昨年の暮れにご自宅に招待を受け、お会いしたたばかりだったので、我が家にも来ていただけるいい機会です。

他の二人の男性は夫と同じ建築家。(現在はリタイアされている)
夫婦はカナダに日本企業の駐在で行かれていて、3人の建築家は夫妻に大変お世話になったとか。 夫妻は日本に帰国後、この中の一人に家を設計してもらった。(昨年暮れに伺ったのですが、とっても素敵な家でした)

a0029889_12215922.jpg

テーブルは大人のパーティーなのでシックにまとめました。
今回シルバー・プレートのナプキン・リングを初めて使いました。ずっと探していたもので、先日紹介したシルバーのティーセットと一緒にロンドンから送ってもらったものです。

テーブルクロスはサンドベージュの抑えた色味で、以前ナフキン(茶)と合せて縫っておいたもの。どんな色がきてもまとめてくれる色だと思います。

料理は先ほど書いたとおり時間のない中での準備だったので大忙しでした。発表会の帰り、花束を持って娘と恵比寿&目黒のマーケットを梯子し、ケーキは2日前に作ったりと。


a0029889_1214432.jpg
鯛のカルパッチョ。ソースとの相性がよかったです。(画像はソースをかける前のもの)

a0029889_1223341.jpg
春野菜のテリーヌ。 (画像は自然光のこちらの方がきれい)
写真では色がよくでていませんが、実物はとっても綺麗な色に仕上がって、皆さんも感激してくださいました。

a0029889_1241743.jpg
ローストビーフ。お肉屋さんで、大きな塊から700g切ってもらったのですが、流石プロです。カットされた肉は701gでした。この正確さ、驚きますね。

a0029889_121052100.jpg
マッシュポテト。
チーズはカマンベールとゴルゴンゾーラ。フランスパンはお気に入りの近くのパン屋さんで、中がフワフワのバタール。

a0029889_1245589.jpg
車えびのブーギニォンバター焼き。こちらも好評。

a0029889_1253218.jpg
ビーンズと野菜のサラダ。アンチョビを少しいれたドレッシングで合えました。冷たくして。

a0029889_1255736.jpg
豚ロースのハーブ焼き。バルコニーのローズマリーがわんさか繁っているので、沢山のせてオーブンで焼きました。トップに、お土産にいただいた建築家のT氏が自家菜園で育てたラディッシュを飾って。

a0029889_1262146.jpg
デザートのケーキはタルトと写真にはありませんが、アップルキャラメルパウンドをつくりました。
ご夫婦でいらした奥様が手作りのティラミスを持ってきてくださいました。オリジナルのティラミスはとっても美味しかったです。昨年12月に夫と招待を受けて、いただいたお料理やケーキの美味しさを思い出しました。

紅茶は、先日アップした銀のポットで入れました。このポットで入れるとお紅茶が本当に美味しいのです。
100年という経年を感じさせない美しいフォルムに皆さんも感激されていました。これを買ったエピソードもしっかり皆様にお伝えしました。


あと、野菜のテリーヌの横に添えようとサーモンのマリネを作っていたのですが忘れていました。翌日と翌々日の夕飯になる。


パーティー前は、準備が間に合うか心配でしたが、何とか無事に終えてほっとしています。
日本から遠く離れた海外の土地で、人生の一時期を共有した人と、こうやって30年振りに一緒にテーブルを囲んで和気藹々と話せること。30年という長い月日はそれぞれの人生にさまざまなことを投げかけてきたと思います。その中で皆が健康で再び出合えたことが、とても素敵だなと思います。

皆さんの知的で大きな包容力の中にいると、きっと素晴らしい人生を送ってこられたんだなと実感します。世界中を旅して、旅の途中の風景や人々を描かれたスケッチブックを拝見したり、芸術や哲学、本の話、話題は尽きず楽しい時間を過ごせたこと本当に幸せです。皆様、いらしてくださって本当にありがとうございました。

和やかな時間の中で皆さんの喜ばれるお顔をみていたら、前日までのピアノの発表会の緊張やトホホな結果も、深く思い出すこともなく良かったです。(笑)

5時からスタートしたパーティーは10時まで続きました。ポルトガルからのお客様は、その日は我が家に泊って翌日帰られました。
別れは辛いですね。また、必ずいらしてくださいね!!皆でお待ちしています!!
[PR]
by soleiljap | 2010-04-22 21:38 | ◆ Party
ようこそ~♪
a0029889_17463620.jpg
同じような写真が続いておりますが、カメラにおさめていた画像をアップします。

日曜日の午後、オーストラリアからみえたお客様は、私のもう一人の息子ジョン君のお母様。
ジョン君のことは何度かブログでも書いてきましたが、最近だと、今年のお正月の記事

ジョン君ファミリーとは家族ぐるみのお付き合い。今はオーストラリアと日本、遠く離れて暮らすので中々会う機会もないのですが、時々お母様のお仕事の関係でこうやって日本で会うことが出来ます。

みんなが仲良し。こういう関係って中々ないと思うのです。ふた家族全員が同じテーマで話せる。それぞれの歴史の中に必ず存在する大切な人たち。彼らを思い出すとき必ず優しい気持ちになるのです。
今回も仕事の来日なので中々ゆっくりとできる時間がなく、お茶だけの短い時間でしたが、とても楽しいひと時でした。

お別れの挨拶は、毎回「シドニーに遊びに行きますね!」なのに、中々実現していない。
でも、家族みんなで必ず行きますね!!


a0029889_21154345.jpg
レアチーズケーキはジョン君ファミリーが大好きだったケーキ。
お正月にも作りましたが、今回も。

a0029889_20541275.jpg
純銀のティーセットは夫からの結婚記念日のプレゼント!ロンドンに注文して送ってもらいました。

嬉しかったので、ある日娘に、「パパから結婚記念日のプレゼントに銀の食器買ってもらったの~」というと、「わー、よかったねー!」
娘はすぐに傍にいた父親に、「パパ、ママに買ってあげたの?!」と言うと、夫は笑いながら、

「えーとね、ママに買わされたの!」ですって。

 
 どちらにしても、ありがとう!
a0029889_0111087.jpg

[PR]
by soleiljap | 2010-04-12 22:49 | ◆ Party