タグ:イギリス菓子 ( 13 ) タグの人気記事
スコーン
a0029889_1854547.jpg
秋らしい風の一日でした。
私の周りでは体調を崩している人がたくさんいます。夏の疲れが出る頃、皆さまもどうぞお気をつけください。

間があいてしまいました。まずは先日焼いたスコーンのお話から。
今回は少し水分を多めにして、しっとり、ふんわりに仕上げました。スコーンはたくさん作って冷凍することが多いので、どちらかというと水分は多めに作ることの方が多いです。
解凍はレンジでチンして戻しますが、何度も試行錯誤して一番美味しくいただける時間を探しました。 春に苺ジャムをたくさん作ると、必ずジャムと一緒にスコーンに解凍方法のメモを添えてプレゼントしています。
a0029889_1872441.jpg
春に、それはそれはたくさん作ったジャムもとうの昔に消費して、今は市販のジャムでいただいていますが、これが美味しいと思った物に一度も出会ったことがなく、はやく苺の季節にならないかと願うばかりです。

a0029889_1875174.jpg
お気に入りのマザーオブパールのナイフ。 以前アップしたバターナイフも素晴らしいですが、こちらもすっきりとしたデザインがお気に入り。

実りの秋、そして食欲が止まらない私、エネルギーの需要と供給のバランスが悪く、ウエストがきつくなる一方です。 でもおいしい誘惑には勝てません。いただける幸せを感じながら実りの秋を楽しみます。



ランキングに参加しております。足跡かわりにクリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ


ブログランキングへ
* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-10-09 18:36 | ◆ Sweets | Trackback
クリーム・ティー
a0029889_0143351.jpg
いつものように早く起きてしまった私、しかし、新聞片手に二度寝。 目が覚めた時、娘が掃除機と洗濯を済ませてくれていました。 それだけでも土曜の朝が輝いて見えるから不思議♪

たくさん寝たせいか、すこぶる元気。さっそくスコーンを焼きました。 

スコーンを焼くのは今週は3回目。 すでに2回焼いていて、今回は、甘さや粉(強力粉と薄力粉)の配合など、少しだけ変化をつけてみました。 (※一番下の画像は最初にレシピ通りに作ったものです)

スコーン程、限られた最低限の材料で手間なく作れるスイーツはないと思います。イギリスで生まれ、愛され育ったスコーン、イギリスの粉を使わなければその味には到底届きません。 そのことに気づいたのは大分経ってから。そのおかげで、我が家のレシピができたのですが・・・。

今回は卵を使いました。 卵を使うと生地も繊細でふわふわ、香りもいいです。 リッチ・スコーンと命名される所以ですね! 


a0029889_1814560.jpg
クリーム・ティーにはジャムとクロテッドクリーム。 ジャムは昨日作ったばかりの苺のジャム

a0029889_1734429.jpg
クロテッドクリームが先か、ジャムが先か・・・あなたはどちら派? 

美味しすぎて娘と二人でなんと11個も食べていました。冷凍してあったのも解凍して・・・!
娘が5個、私が6個、いや、7個。 オーブンから出したばかりを1個味見したような・・・



a0029889_18282583.jpg



[PR]
by soleiljap | 2015-03-21 23:42 | ◆ Sweets | Trackback
ヴィクトリア・サンドイッチケーキ
久々に予定の入ってない休日。 同じく、珍しく家にいる娘。 朝からまったりと過ごしていましたが、急にお菓子が作りたくなって・・・
a0029889_202469.jpg
昨日教えていただいたばかりのヴィクトリア・サンドイッチケーキです。

昨日は紅茶のレッスンに参加。 テーマはアフタヌーン・ティーの為のティーフーズ。 
スコーンとヴィクトリア・サンドイッチケーキはデモンストレーションで、レッスンの終わにサンドイッチと、焼き立てのスコーンとケーキをいただきました。紅茶はティンブラ。

a0029889_2162782.jpg
イギリスのお菓子は、作るたびにその作りやすさに驚き、更にはその美味しさに感動し、またその歴史を知ることで、ついには、菓子だけにとどまらず、紅茶の歴史、お茶の文化、そこから派生する銀器やそのスタイル、技術など、知れば知るほど興味は尽きることがなく、今日に至っています。


a0029889_20532475.jpg
ヴィクトリア・サンドイッチケーキは以前も一度作っていますが、サンドイッチ・ティンを持っていないので直径18cmのセルクルを使用。
普段バターケーキはフワフワより、しっとりほっくり系が好きで、材料はホイッパーで混ぜ込んでいくのですが、今回はハンドミキサーを使うフンワリ生地。 でも、イギリスの粉で作ると、こんなにフワフワにならないとか。 

a0029889_20542556.jpg
間に挟んだものはレッスンと同じくレモンカード。 上品な生地と甘酸っぱいクリームが口の中で溶け合います。
生地は断面からも分かるようにキメが細かく、フワフワの食感です。 

少しだけテーブルもお洒落して、久々に娘と二人で過ごしたティータイムは至福の時間でした。

a0029889_218116.jpg

[PR]
by soleiljap | 2015-03-14 23:45 | ◆ Sweets | Trackback
バノフィパイ  成人の日
a0029889_1312133.jpg
成人式を迎えられた皆さん、おめでとうございます。 そして、お子様が成人式を迎えられたお母様お父様、おめでとうございます!そして、ご苦労様でした!

昨年の娘の成人式が思い出されます。特に女の子のお母様はお忙しい思いで過ごされているのではないでしょうか。

昨年のこの日、我が家も早朝から大忙しでした。 バタバタと過ぎて行く時間の中で、ここまでよく成長してくれたという喜びと、自分自身が母として育てられたことも実感した日でもあります。 “子どもの誕生日はお母さんお父さん(になった日)の誕生日“ と自分に言い聞かせ、毎年誕生日を過ごしてきました。それは、必ずやってくるこの日のためだったのかもしれません。 
これからも親子の関係はずっと続いていきますが、一つの区切りだということは確かです。 社会人としての船出の日、なにはともあれおめでとう! そして、頑張れ、新社会人!

a0029889_1316448.jpg

娘のリクエストで久々に作ったバノフィパイ。 以前作ったとき、娘がとても気に入り、今では大好きなケーキのようです。 甘さを押さえた生クリームがトフィーの甘さをコーティングしてくれます。二つのクリームと新鮮なバナナの相性も抜群。

a0029889_13155519.jpg

三連休の最後の日は絵を観に行く予定だったので、ブログもアップできたし、さて、出掛けますか!
[PR]
by soleiljap | 2015-01-12 13:57 | ◆ Sweets | Trackback
ショートブレッドが美味しい朝に思うこと
土曜日夫と、夫の友人で建築家仲間のクループ展に行ってきた。 その方は現役から遠ざかって何年経たれるのだろうか。 家庭菜園にいそしみ、趣味の遺跡を巡る旅行や彫刻を趣味とし、残りの人生を謳歌している方だ。

夫とはカナダ時代の友人。数年前に我が家でその時代の仲間たちが集まり楽しい時間を過ごした。
今回のグループ展では海外を回って描かれたスケッチ画と思いきや、それは見事な仏像彫刻で、20年ほど前に亡くなられた奥さまを思い彫られたとのこと。

高さ30センチあっただろうか、立像の観音様は薄眼に笑みを浮かべ、かざした左手の親指と人差し指には蓮の花を、おろした右手の親指と人差し指で作られた輪のたおやかさ、全体を包むしなやかな柄紋、全てが繊細で濃密な風景です。 仏像の前にたたずみ静かに見入っていると、そこには亡き奥さまとT氏の語らいの時間が確かに流れていました。

死ぬまで仕事か、それとも残りの人生はやりたいことをして楽しむか、それは難しい選択だと思う。我が夫はきっと前者だろう。 求められて生きがいを見いだすのならそれも素晴らしいことなのだと思う。 
自分はどうか・・・・・・


ここまで書いたら、食べ物の話はどうでもよくなりました。(笑)
a0029889_954278.jpg
いえ、食卓から愛を届けるのが私の生きがい?(いや喜び)なので、今日も「美味しいは幸せ」をお届けします。

バター香るショートブレッドは紅茶にぴったり。 さすが、英国菓子、ミルクたっぷりの濃いめのミルクティーでいただきました。
分かりづらいと思いますが、生地をタルト型に敷き、そのまま焼きました。厚くもなく薄くもない(?)、サクサク感が充実したショートブレッドです。
a0029889_19364313.jpg


G.W.中日、今日からまた3日間仕事です。お仕事の方もたくさんいらっしゃると思います。お天気はわるそうですが、後半の連休は晴れるとのこと。
お休みの方もそうでない方も、いい一日を。 そして、楽しいGWをお過ごしください♪
[PR]
by soleiljap | 2013-04-30 09:01 | ◆ Sweets
納得のスコーンが焼けました♪
a0029889_13173693.jpg
粉が違い、バターが牛乳が違えば、同じレシピでもイギリスと日本ではまったく違うものになるのは分かっていても、やはり作ってしまうスコーン。
私好みのスコーンが焼けたのでアップします。 キメの細かい生地は外はパリッと中はしっとりしています。美味しいクロテッド・クリームとジャムがあれば、ひとりクリーム・ティーでもと思ったのですが、あいにくどちらも切らしていました。 

a0029889_1233863.jpg

1個を味見に、残りは冷凍庫へ。 出来立てが一番美味しいのですが、これならレンジでチンしても美味しくいけそうです。


a0029889_12473869.jpg
オーブンに入れる前と出来上がってすぐのスコーン。 左、つや出しの卵液がたれていますね(笑)。 はい、おおざっぱ!

a0029889_13142329.jpg
型抜き4種。
いま使っているのは直径5㎝の手作りのものです。 以前、5㎝型が欲しくて道具屋さんに探しに行ったのですが見つからず。 ある日、ふと目についたものがちょうど型抜きに使えそうなものでした。直径をはかるとなんと5㎝。それ以来この手作りの型抜きです。

型抜きになる前、それはいったい何だったのか。

答えはこちら (More機能)
 ↓ ↓ ↓

More
[PR]
by soleiljap | 2013-04-16 22:46 | ◆ Sweets
レモンドリズルケーキ
a0029889_1836994.jpg
あの満開の桜から一週間。春の日差しはどこへいったのでしょう?。 目黒川の桜も、散った花びらが川面で寒そうに揺れていました。

寒い日はのんびり家でケーキ作り、ということで、「レモンドリズルケーキ」を焼きました。

a0029889_9263826.jpg
レシピは、ブログ「Galettes and Biscuits ~イギリス菓子のある毎日~」のlesgalettesさんからお借りしました。

lesgalettesさんのブログはイギリスにいらしたときから拝見していて、アフタヌーンティーやティーのレポートは毎回楽しみに読ませていただいていました。現在日本で主宰のお菓子教室も、是非参加させていただきたいと思いつつ、まだ実現しておりません。
a0029889_18405330.jpg
この、しなやかで上品な断面をみてください♪ 写真を撮りながら、早く食べたくて仕方なかったです(笑)。

なめらかなフワフワ感は、フォークで差した時、そして口に運んだ時、呑み込む時、3度味わえます。
口の中でレモングレーズがシャリ感のアクセントを添え、爽やかなレモンの香りと味が口いっぱいに広がります。

一人でまったりとお茶しているとバイトから娘が帰宅。 「わ~、口の中でとろける~」 生地なのにとけるという表現。まさにその通りです。
素敵なレシピをのせて下さり感謝です。lesgalettesさん、ありがとうございました。
[PR]
by soleiljap | 2013-03-30 22:15 | ◆ Sweets
朝のひととき
a0029889_11132062.jpg
冷蔵庫に2切れ残っていたコーヒー&ウォルナッツケーキで、娘と朝のティータイム。

春休みで娘が家にいるので、慌ただしい朝の家事も手伝いがいるだけで余裕です。 
そんな日は、ゆっくりと紅茶を入れて朝のティータイム。 
ほんのわずかな時間で、こんなにも優雅な気持ちになれるなんて、これって紅茶の力?それともケーキ? 勿論両方ですね。

a0029889_1239043.jpg
コーヒー&ウォルナッツケーキはコーヒーもナッツも大好きな夫のお気に入りとなり、夫が一番食べたかもしれません。
私はパウンドケーキ(バターケーキ)はフワフワよりも、しっとり・ほっくり食感が好みなので、こちらもちょうどいい具合に出来上がったと思います。
冷蔵庫に入れておくとバタークリームがしっかり固まるので、食べる30分ほど前に出しておくといいです。よりバタークリームのなめらかさとコーヒーの風味が際立ちます。

英国菓子、さて次は何をつくりましょう。
[PR]
by soleiljap | 2013-03-29 21:56 | ◆ Sweets
コーヒー&ウォルナッツケーキ
a0029889_8575530.jpg
ブーツに手袋&マフラー、そして厚手のコート。本日の服装です。明日は温かくなるとか、でもお天気は曇り。中々、早朝のお花見ができずにいます。皆さまも体調をくずされませぬよう。

イギリスのお菓子、コーヒー&ウォルナッツケーキは、紅茶に良く合うと聞き、ずっと作りたかったお菓子です。
レシピは、以前ブログでも紹介した「英国アフタヌーンティー&お菓子」の中から。
本来ならサンドイッチティンという型を2個使って焼くそうですが、持っていませんので、スポンジケーキ型で焼きました。(レシピにも書かれてあります)
ただ、明記された焼成時間が、サンドイッチティンで焼く場合の時間なのかな。指定の時間だと中心がまだ焼けていませんでしたので、プラス10分さらに焼きました。(トータル40分)

a0029889_8585272.jpg

朝、会社へ行く前に焼き、冷蔵庫に入れておいたので、いただいたのは夕食後のデザート。
ずっと食べたかったケーキは、想像以上に美味しかったです。必ずまた焼くと思います。
何度も書いていますが、イギリスのお菓子って本当に簡単で美味しいですね。

そして、ずっと気になっていた、コーヒー味のケーキに紅茶?! ですが、 それが合うのです。
個性的なバタークリームと甘いケーキがすっきりとした紅茶に合うのは確かだし、紅茶によって更にコーヒーの味も際立つのです。
ちなみに、「キーマン」がおすすめだそうです。 家にキーマンがなかったので、アッサムでいただきました。

a0029889_8594198.jpg
また一つ美味しいものを見つけました。 皆さまも作ってみてくださいね。
[PR]
by soleiljap | 2013-03-27 22:46 | ◆ Sweets
もう誰にも止められない?!(笑)
a0029889_932951.jpg
もうお腹いっぱい!なんて言わずに・・・ そりゃぁ、見た目は同じだけど、今日は胡桃も入っているの♪ 先日いただいたレシピで作ったから、前回とは食感も違うはず!

と、3回も続けてスコーンをアップするエクスキューズを考えていました(笑)。

先日、冷凍したスコーンはその翌日にはなくなったので、こちらも撮影後すぐに冷凍保存。
感想は、胡桃を入れたのでざっくり感はありますが、生地は柔らかめ(フワフワ)です。今回も粉は強力粉と薄力粉を混ぜたものですが、レシピだと粉に対して、バターと水分が少し多めです。少なめにしましたが、それでも生地がベタベタになったので、胡桃を入れた次第。
次回は胡桃をいれずに水分をもう少し調節したい・・・あ、こちらはアップしないと思います(笑)。

a0029889_21365744.jpg
朝早く焼いたので、焼ける頃にはお腹もすいてきて、ちょうどいい朝ごはんです。 紅茶は濃いめのアッサムのミルクティー。

それにしても、朝から何やってるのでしょう>自分。 
スコーンはすぐ焼けるのですが、写真撮るのに銀器出して磨いて、写真撮りまくって、食べて、片づけて etc・・・  ちかれたびー(古い?)

サッカー観ながらブログ更新。 起きていられるかしら。
[PR]
by soleiljap | 2013-03-26 23:21 | ◆ Sweets