タグ:エスニック料理 ( 16 ) タグの人気記事
アルボンディガのアーモンド・ソース
a0029889_10494561.jpg
「アルボンディガ」、この名前を知ったのはつい最近のこと。
スペイン料理で「肉団子」のことだそうです。先日、africaさんのところで紹介されていて、とても興味深かったので、早速作ってみました。

「アルボンディガのアーモンド・ソース」、名前だけ聞いても、どんな料理が分かりませんよね。ITが発達しこれだけ世界が狭くなっても、日本の生活にどっぷりつかり、主食をご飯とし日本料理を基とした生活をしていると、海外の珍しい料理に出会った時の感動は相当なもので、その味が未知であればあるほど作ってみたくなるのです。

食は文化といいます。各国の料理をみると、面白いくらいその国の歴史と料理が比例しているし、地形や風土ともとても深い関係があります。また、同じ食材を一つとっても、地域によってその調理方法も異なったりします。それは縦に長い日本の中でもいえること。
広大な土地で放牧され、野生の草を食べて育った牛は、肉も硬く脂身が少ない。そういう肉はステーキが一番で、すき焼きのような料理にしようなどとは誰も思わない。脂がのった柔らかい肉には、それに合う、調理方法が自然と生まれてくる。
主食がお米かパンか、暑い国か寒い国か、海に面しているか山に囲まれているか等など、いろんな条件が絡まって食の文化が出来上がっていくのでしょうね。

そんなことを考えていくと、「アルボンディガのアーモンド・ソース」も決して日本では生まれない料理。
アーモンドとニンニク、そして、ピーマン、フランスパンを少量のオリーブオイル(肉団子を揚げた油)で揚げて、水煮のトマトを加えブレンダーにかけて作るアーモンド・ソース。そこに肉団子を加え煮ていくのだけれど、これだけ聞いただけでも、まだどんな味だろうと想像つきませんよね。
初めて経験する味なので上手く説明できませんが、香ばしいアーモンドの少しザラッとしたクリームがゴツゴツとした肉に絡まって、とても深い味。(抽象的でごめんなさい) 

昨夜、食卓の上の珍しい料理に娘と夫が不思議そうに覗き込んでいました。食べてみて、その美味しさに皆で感激。
娘は「ママが初めて作る料理はいつでも好評だね」 と言ってくれました。「くーま君のママのおかげよ」と私。

「(北海道旅行中の)お兄ちゃんにも食べさせたいね」というと、「お兄ちゃんは今頃北海道で美味しい物食べてるよ」ですって。「その通りです!・・・笑」

a0029889_11452518.jpg
今日の朝食です。昨日の残りをつかってワンプレートにしました。
娘の学校がインフルエンザで、本日学校閉鎖だったので、二人でゆったりと時間をかけて朝ごはんをいただきました。一晩おいたら、お肉にアーモンドソースがしみこんで更に美味しくなっていました。

africaさん、先日のタコスにつづき、今回も絶品でした!!リピート間違いなしです。ありがとうございました!!

*******************************
【追記】
hanaちゃんのblogにも美味しそうなアルボンディガのアーモンド・ソースが!(africaさんお手製)♪
(hanaちゃん、トラックバックできなかったのでリンクさせていただきますね)
*******************************
【追記】3月18日11:13
africaさんよりレシピを載せていいとおっしゃってくださいました。
[PR]
by soleiljap | 2009-03-17 23:02 | ◆ 料  理 | Trackback(1)
メキシカンな夕食
今朝、久しぶりに富士山が顔を出しました。朝はうす雲に覆われていた空も、今は時おり顔をだす太陽に、春だよーっと教えてもらっているようです。
真っ白く雪化粧した富士山も、これから少しずつ山肌が顔を現し、地上では桜の開花がはじまります。

さて、ブログ友のafricaさんが載せてくださったタコスのレシピで、我が家もメキシカンな夕食が実現しました!
a0029889_15375517.jpg
結論からいいます! すっごく美味しかったです!
夜はご飯が定番の我が家。どんなにパンに合う料理でも、夕飯には必ずご飯も炊きます。でも、今回はご飯なし。
最初は、どんな反応がでるか不安でしたが、一口食べてからはそんな不安はどこへやら。トルティージャも4人で10枚は少ないかなとおもったけれど、具沢山の野菜、チーズ、お肉も沢山作ったので、最後はお腹いっぱいになりました。

a0029889_931287.jpgトルティージャの粉は2月の頭に買っておいたもの。白とうもろこしの粉はこれでいいのかな、と思いながら買いましたがOKでした。
海外に長い間いらしたafricaさんが紹介してくださる味(レシピ)はいつも本場の味。現地で沢山食べて、ご自分でアレンジしながら作るレシピは簡単な上、とっても美味しいのです。ブログでタコスを拝見したときもすぐに作ろうと思いました。

私にとっては初めてのトルティージャ作り。時間配分が分からなくて、少々時間がかかってしまい食べ始めたのが8時ごろでした。みんなお腹がすいていた分、その美味しさにさらに満足してくれたようです。野菜も沢山食べられるから嬉しい。

中に挟んだものは、サルサ、肉、ワカモレ、トマトのスライス、レタスの千切り、チーズです。
↓ こんな感じに挟んでいただきました!(画像を見て、自分で生唾ゴクリ・・・笑)

a0029889_1111357.jpg
a0029889_1111928.jpg
a0029889_11483.jpg

お肉はafricaさんのレシピ通り牛の細切りにすればよかったのですが、ひき肉にしたので、これがポロポロと皮から落ちて、食べにくかったです。
サルサに使った赤おろしって何?(笑) 娘が辛いの苦手なので、入れなくても十分美味しかったですよ♪
a0029889_111257.jpg
a0029889_1112960.jpg




a0029889_0475336.jpg
これは翌日の息子のランチ。サルサとお肉が残っていたので、トルティージャの代わりに食パンを2枚焼いて添えました。
感激しながら食べていた息子は、「タコスってほんと美味しいね!!」と、またも賛辞の声。

africaさん、美味しかったです!!また必ず作ると思います!!美味しいレシピありがとう♪

ブログ友のinariwanさんが、やはり、africaさんのレシピでオニオングラタンスープを作っていらっしゃいました。こちらもとっても美味しそうです!!
[PR]
by soleiljap | 2009-03-11 11:30 | ◆ 料  理 | Trackback(1)
チャイナ・ベーコン
a0029889_19182542.jpg
おまたせしました。昨夜、花巻きに挟んだものは、チャイナ・ベーコンでした。
え?ベーコンって家庭で作れるの?と思われた方もいらっしゃると思います。私もそうでした。

それが、なんと3工程で作れるのです。

1.お醤油に漬ける。 
2.干す。
3.ウーロン茶で蒸す。

たったこれだけです。簡単でしょ。勿論、お味も太鼓判!

チャイナベーコンを紹介してくださったのが、ご自宅でお料理教室を主宰していらっしゃる「Ricette the Kitchen 2」のricetteさん。
はじめてricetteさんのブログで拝見したのが今から二年程前。それ以来ずっとチャイナ・ベーコンが作りたくて、気づいたらもう二年も過ぎていたのですね。干し網や洗濯ネットでも作れるとの事。先日、適当な大きさの豚バラブロックが見つかったので、さっそく作ることに。

a0029889_2131462.jpg① 豚バラブロック(こちらで805g)を お醤油を入れたビニール袋(ジップロック)に入れ、一昼夜漬け込みます。



追記:お醤油は片面漬が漬かる程度に入れました。途中でひっくり返し、全体にお醤油を行き渡らせます。

a0029889_21322436.jpg② 余分な醤油をふき取って、三日間、風通しのいい所で干します。

←三日目にとりこんだ直後のもの。乾燥して痩せていますね。
※私はバルコニーで洗濯ネットを使って干しました。(More参照)


a0029889_21323930.jpg③ ウーロン茶を沸かした蒸篭に入れて強火で40分ほど蒸しました。
水分を吸って痩せた肉がまた肉厚に。



追記:ウーロン茶で蒸す事でベーコンのような香りになるそうです。


a0029889_964852.jpg
この日は、花巻きに挟んだり、スライスして野菜をまいていただきました。タレは、甜面醤(てんめんじゃん)に豆板醤を少量加えよく混ぜただけのもの。
翌日はフライパンでじっくり焼いて油を抜き、焼きそばにいれました。これも美味しくて、前日同様、家族の賛辞の声(嬉)。
じっくり焼いたウェルダンのベーコンはそのままでも十分美味しく、ビールが飲みたくなったほど・・・(飲めませんけど)。

市販のベーコンは我家もよく買いますが、裏面を見ると添加物や化学調味料がたくさん使われているんですよね。このチャイナベーコンは調味料はお醤油だけ。お手軽ということ以外にとても安心です。三日という期間はかかりますが手間は一切かからないのが嬉しいところ。そしてお味も申し分ないのですから、皆様も是非お作りくださいね。

花巻きの成形はricetteさんが教えて下さっています。→ 「花巻きの簡単な成形法 」
チャイナ・ロール(豚バラスライスを巻いて作る)も美味しそうです!→ 「チャイナロール♪」

ricetteさん、とっても美味しかったです。美味しいレシピありがとうございました。

手作り干しネット
[PR]
by soleiljap | 2007-10-17 23:58 | ◆ 料  理 | Trackback(6)
うちくる? くるくる 花巻き
a0029889_2228123.jpg
例えば、誰かが今日 我が家に貸りていたCDや本をふらっと返しに来たら、きっとこう言ったでしょう。

『ごはん食べてく?』 と。

だって、誰かに食べさせたいくらい美味しかったんですから。

今日はずっと前から気になっていたものを作りました。少し時間がかかるけれど、絶対美味しくできると確信がありました。
久し振りにお料理でワクワクしたような気がします。
子どもたちも寄ってきて、珍しそうに覗いていました。

それは何かって?  

写真を撮り忘れました。と言ったら石が飛んできそう。
それはないです。

トップの花巻の中にひそんでいます。


もったいぶってごめんなさい。続きは明日(多分)。
[PR]
by soleiljap | 2007-10-16 22:29 | ◆ 料  理 | Trackback
チキンピーナッツカレー
a0029889_133939.jpg
とっても簡単で美味しいカレーに出会いました。
その名は“チキンピーナッツカレー”。 こちらのレシピは、いつも美味しそうなカレー料理を紹介してくださるカナダのhalinaさんがblog「ホットキッチン」で紹介されていたものです。
以前紹介した『バターチキン』も我家の人気メニューですが、前日からの仕込みがありレシピも本格的なものでした。でも今回のチキンピーナッツカレーは、レシピをご覧になってもお分かりのように、とても簡単。レシピを見たときからもう興味津々。香辛料は揃っているし、インディカ米もある。ピーナッツもあるし、鶏の胸肉も冷凍庫に入っている。ないものは赤ピーマン。冷蔵庫に沢山あった緑のピーマンを使いました。
何より、簡単なのにお味は本格的なカレー。娘の為にガラムマサラを少々減らし、甘味にピーナッツバターを大さじ1ほどいれてみました。

a0029889_1333393.jpgインディカ米が更にカレーを美味しくしてくれました。念の為に普通の日本米も少し炊いたのですが、子どもたちは両方食べて、やはりインディカ米のほうが美味しかったようです。
夫はこの日、会食があり食べられなかったのですが、ピーナッツが大好きなので是非作って欲しいといっていました。
ピーナッツはスピードカッターで細かくしたのですが、halinaさんが書かれているようにペースト状がいいですね。

halinaさん、美味しいレシピを教えてくださりありがとうございました!

************************
追記:
インディカ米とタイ米についてとても分かりやすく書かれたサイトがありました。→こちら
[PR]
by soleiljap | 2006-06-03 14:06 | ◆ 料  理 | Trackback(4)
手羽先
思わず、うみゃ~~~~~~~~~ と叫びたくなりました。(笑)
a0029889_16113539.jpg
名古屋名物、「手羽先」、実は作るのも初めてなら、いただくのも初めて。
先日、ロンドンにお住まいの『Sept Filles from London』のseptfillesさんのblogにお邪魔した時、タレの絡まった「手羽先」に思わず生唾ゴクリしてしまいました(笑)。
私の中では、名古屋名物と言えば、「えびふりゃ~」と 「ういろう」、それから「味噌カツ」くらいしか知らなかったので、画像を見た時は、新しい発見にちょっと感激しました。レシピからも、これは絶対美味しいはずと確信。
お味がしっかり染み込んだ手羽先は、ご飯にもお酒のおつまみにも合いますね。揚げ物好きな育ち盛りの子どもたちと夫はあっという間に食べてしまいました。

手羽先はお安いし、すぐ手に入る材料、作り方もとても簡単でそして美味しい。良いことづくめなのですが、ただ一つだけ・・・油が飛びます。我家のキッチン、先日大掃除をしたばかりなのですが、またまた綺麗になりました。(笑) 

a0029889_16132325.jpg
ほら♪ほんと、ビールが欲しくなっちゃいますね!!ピールの画像が欲しいところですが、今夜は、あいにくおビール切らせてますの。。(というか、飲まない我家には置いてないのですよ・・ゴメンヨ)

septfillesさん、とっても美味しいレシピをありがとうございました♪

---------------------------------------------------
ボーリングのつづき、お待たせしています(誰も待ってない??)もうちょっと待ってください。
[PR]
by soleiljap | 2005-12-12 00:17 | ◆ 料  理 | Trackback(8)
焼き肉の達人になれる“タレ”
a0029889_2149168.jpgとっておきの“タレ”をご紹介します。
お料理する上で、美味しいタレやドレッシングを持っているととても便利。blogでもこれまで何点か紹介したのですが、今日紹介するタレは初めてだと思います。

食に通じると書いて、「食通」、その意味を調べてみると、「料理の味や知識について詳しいこと。また、その人。」 (yahoo辞書)とでてきます。
家族ぐるみでお付き合いしている家のご主人は、まさにこの「食通」という言葉がぴったりの方、いつも美味しいものを沢山教えてくださる。また、更に美味しく食べるコツもさりげなく教えてくださいます。

a0029889_15163752.jpgもう5,6年くらい前になるでしょうか、家族同士でバーベキューをした時このタレを作ってきて下さったのです。それ以来、我家でも焼肉には欠かせない貴重なタレ(レシピ)となっています。

自宅の庭でよくバーベキューをしていた時、このタレで焼肉をすると、きまってその時のゲストがこのレシピを欲しがるほど、タレもが認める美味しさなのです。(寒)


これであなたも焼肉の達人♪ 紙と鉛筆のご用意を。

レシピ
[PR]
by soleiljap | 2005-10-31 09:47 | ◆ 料  理 | Trackback(6)
バターチキン
a0029889_203022.jpg
沢山の香辛料を使って作る本格的なインドカレーは、そこに費やす時間を考えても、とても贅沢なお料理です。
我家はカレーと言えば市販のカレールー(笑)。時々趣向をかえて、本格とまで行かなくても、輸入食材屋で売っているグリーンカレーやレッドカレー、キーマカレー類のペーストで大人用に作る程度でした。
以前一度だけ、ココナッツミルクベースで本格的なカレーを作ったのですが、息子曰く、鼻にぬける時のココナッツの匂いが嫌だと不評、手間隙かけて作っても食べてくれるのは夫だけという、何とも作り甲斐のないメニューでした。
しかし、今回作ったカレーは大好評。次の日も、「あのカレー、もうないの」 と聞かれるほど。

a0029889_20122170.jpgそのカレーの名前は、“バターチキン”。
カレーらしくない名前ですが、バター風味のチキンカレーという意味らしい。これはパリに住んでいる友人から聞いていたカレーで、是非作りたいと思っていたもの。以前からネットでレシピを検索していたのですが、これなら作ってみたい、というレシピを見つけたので、早速作ってみました。

ほとんど水は使わず、玉葱からでるスープと前日から鶏肉を漬け込んだヨーグルトで煮こむので、旨味が凝縮された感じで、しかもしつこくない。

a0029889_2012511.jpg浮いた油を取りながら、とろ火でしっかり煮込んだので、鶏肉(今回はウイング)がとても柔らかく、骨からほろっとはずれる感じ。最後に落とすバターがカレーをまろやかにして、隠し味のとろけるチーズがまたスープにコクを出しているように思います。これはナンやチャパティーととても合います。
最初チャパティーと食べて、最後にナンでいただいたのですが、ナンでお腹が膨れてお腹いっぱいになりました。

a0029889_2013553.jpg今回とても勉強になったのが香辛料。
本格的なカレーには普段耳慣れないいろんな香辛料をつかいます。特徴がわかればお料理にも幅がでて楽しいのでしょうが、文化の違いで中々なじめないものばかりですよね。でも知ってて使うのと知らないで入れるのとでは、きっと味にも差が出るのかなと思います。
スパイスのはなし

今回参考にした「バターチキン」のレシピ← (今現在、こちらのレシピは管理人により外されてなくなっているようです。’06/6/3 記)
◆作ってみて
※煮込んでいくうちに水分がなくなってきたので次回は以下のように作ってみようと思う。
水分がなくなったら水を加えて、と書いてありますが・・・
・ヨーグルトの量は 300cc→ 500cc
・玉葱3個 → 5個(小)でもok
・トマト 80g → 150g (今回私は缶詰のホールトマト使用)

お知らせ
[PR]
by soleiljap | 2005-10-25 12:47 | ◆ 料  理 | Trackback(1)
チャパティーとナン
a0029889_11501916.jpg
一年以上前に、一度ナンを紹介したのですが、その時はナンかチャパティーなのか分からない代物でした。今回、作り方から形状まで、そのものと分かるように同時に2種類作りました。勿論粉にもこだわってみました。

チャパティー・・・インドでは一般家庭でごく普段の主食として食べられているパンで、チャパティが作れないとお嫁に行けないとか・・・。
粉と水で作るので手間としてはととても簡単。薄焼きパンといわれるように、麺棒で薄く丸く延ばして、フライパンで一枚ずつ焼きます。
粉は全粒粉(ATTA)を使いました。全粒粉はご存知のように、小麦の表皮も胚芽も全て一緒に粉にしたもので、ミネラルや栄養が豊富に含まれています。パンは勿論お菓子にも使われますね。独特の味わいがあって美味しいです♪(あくまでも個人的嗜好)
a0029889_121976.jpg


さて、次に作ったものがナン、日本ではインドカレーといえばナンですよね。
a0029889_11284149.jpg
ナン・・・本場インドではタンドールという石釜で焼かれる。一般家庭にはこのような釜はなく、ナンはレストランで食べるものだそうです。
今回フライパンで焼きました。インド式パンと言われるように、ドライイーストを使い、捏ね→発酵→ベンチタイム→形成とちょっと手間がかかりますが、本格インド料理を作ったらやはり手作りのナンを作りたいものです。ナンの形は片方がちょっと伸びた感じの楕円形が多いとおもいますが、これはタンドールという石釜の壁にぺたっと貼りつけて焼く時、このような形になるのでしょうか・・・。
粉は勿論ATTA(全粒粉)を使いました。(ATTA(アター)=ヒンドゥー語で全粒粉)

a0029889_11311169.jpg様々な香辛料を使い時間をかけて作った本格カレーには、日本の粘りのあるお米は合わないので、やはりここはナンかチャパティーでいただきたいものです。

今回、チャパティーとナンを作ったのも、手作りのカレーと一緒にいただきたかったからですが、それは次回にアップ致します。


---------------------------------------------------
追記:疑問に思っていたナンのあの独特な形状は、日本だけのものらしいです。
詳しくは→こちら

チャパティーとナンのレシピ
[PR]
by soleiljap | 2005-10-24 15:02 | ◆ 料  理 | Trackback(1)
ピタパンとチリコンカン
a0029889_14173859.jpg
今回ピタパンには “チリコンカン”をいれました。
チリコンカンはメキシコ料理。タコライスにしたり、茄子やかぼちゃの上にかけてグラタンにしたり、とてもアレンジのきくお料理。

これは、福岡在住のsatomi_fukさんがとても簡単で美味しそうに作っていらっしゃいました。satomi_fukさんは無印のキットをお使いだったのですが、今回見つからず手作りです。(これは先日の娘の誕生日に多めに作って冷凍しておいたもの)

a0029889_0244343.jpgチリコンカンといえばギドニービーンズ。別名を赤いんげん豆。腎臓(kidney)に似ていることからこう呼ばれている。生だと皮が固く、煮るのに時間がかかるので、今回缶詰を使う。

娘の誕生日ではバゲットにのせていただきましたが、ピタパンだとお野菜も一緒にいただけるのでとても楽。まさに中近東のファーストフードですね。

satomi_fukさんの『簡単Cooking/チリビーンズ』にTB

*レシピはこちら
[PR]
by soleiljap | 2005-06-20 23:07 | ◆ 料  理 | Trackback(3)