タグ:シフォンケーキ ( 18 ) タグの人気記事
かわいいお客様
a0029889_1421799.jpg
今日(昨日)、素敵なお客様がいらっしゃいました。
いつもとは違い、この日のテーブルのしつらえは少しドキドキでワクワクの時間でした。 何故って、お客様は息子のガールフレンドでしたから。 世のお母様方は、同じ状況を前に皆さんこんな心境なのでしょうか・・・ 

a0029889_27568.jpg
まったくの初対面ではなかったのですが、ゆっくりお話するのは今日が初めて。 でも、お顔をみたら、さっきまでのソワソワはどこへやら、お話は途切れることなく、音楽の話しではとても充実した時間を過ごせました。 ピアノも弾いてくれました。(何年も調律してないので弾きづらかったと思います)
私がもっている大好きなシベリウスのピアノ曲のスコアを差し上げました。 きっと素敵に弾いてくれることでしょう。いつか聴かせてくださいね!

朝から仕事だった夫は参加できませんでしたが、帰ってきて、話をきくと本当に残念そうでした。


ランチメニューはサラダとラザニア。 サラダのドレッシングは定番のシーザーサラダのドレッシング。優しい軽めの味付けにしました。
a0029889_1433533.jpg

a0029889_1434949.jpg
ラザニアのソースは昨夜から煮込んで置いたもの。 こちらも重くなり過ぎないようにほうれん草を挟みました。


a0029889_149457.jpg
a0029889_149623.jpg
デザートは昨夜焼いたシフォンケーキ。
そして、お土産に持ってきて下さったワッフルもいただきました。(美味しかったです)

お食事しながらゆっくりと話すと、人となりがわかるものです。 とても聡明で、ご両親からたくさんの愛情を注がれ、大事に大事に育てられてきたがが分かります。
好き嫌いなく、美味しいと食べてくださる姿も素敵です。(私は何でもおいしく食べる子が大好きなのです)
本当に素敵なお嬢様で、これからも安心して見守りたいと思います。

お花は前日の絵画教室の帰りに、この日のテーブルのために購入しました。
さりげなく花にも眼をとめられる優しい心、そして気遣いにも関心しました。 これからもっと素敵な女性になっていかれることでしょう。同じ女性として心から応援したくなりました。
a0029889_3262570.jpg



* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-07-18 01:45 | ■テーブルコーディネート | Trackback
トールサイズのシフォンケーキ型
a0029889_2323552.jpg
大好きな5月も今週で終わり。 なんて早いの、、歳を重ねるごとに時間が加速度的に速くなっています。 このフレーズ何度言ったことでしょう。
a0029889_23194757.jpg
5月19日は息子の誕生日でした。当日は皆の都合がつかず本日お祝いをしました。 極上の神戸牛をいただいていたので、お野菜をたっぷりいただける“すき焼き”にしました。 1.03K入っていたお肉はほぼ完食。あまりの肉の美味しさに、舌と胃がびっくりしていました。 
大変美味しくいただきました。ありがとうございました!!

a0029889_233592.jpg
そして、ケーキはシフォンケーキのフルーツデコレーション。
最初はタルトの予定でした(そのためにフルーツも準備)。 しかし昨日、かっぱ橋でトールサイズのシフォンケーキ型を購入、どんな感じかしら、さっそくその日に焼いてみると、 いい感じに焼けるではないですか、で、あす(本日)のバースデーケーキはこれにしましょう!とタルトから急遽変更になったのでした。

これまでの17センチの型より約+2,5㎝ほど高さがあります。そのおかげで、すそになる部分の生地が型からはみ出ることがなく、綺麗に型におさまって焼けます。 (レシピは今まで17センチ型で使っていたものと同じもの)

ショートケーキはスポンジが命だと思うので、繊細なシフォンの生地は生クリームにとても合いますね。
フルーツたっぷりのケーキは、おなか一杯だったはずのみんなの胃袋に二切れずつ入っていきました。

[PR]
by soleiljap | 2015-05-24 23:59 | ◆ Sweets | Trackback
父の日ケーキ
a0029889_13584980.jpg
父の日のケーキは、コーヒーマーブル・シフォンのモカクリーム編み込みデコレーションです。

父の日ですから、もちろん子どもが全部作りました・・・。 ウソです。ケーキの準備とトッピングのコーヒー・チョコを並べてくれました。 まずは気持ちが大事、なので・・・・・・。^^

a0029889_1453943.jpg
2週間前の娘の誕生日ケーキも同じデコレーションでした。 あの時、生クリームが後半でダレてしまったので、今回は泡立てをやや固めに、そして、手の熱がなるべく伝わるのを避けるために、頻繁に手を冷やして絞りました。

a0029889_14101140.jpg
それでも時間との勝負、編み込みは乱れた部分もありますが、角に関しては、後半まで持ちこたえてくれました♪  



コーヒーマーブルは久しぶりだったので、美しい渦と言うわけにはいきませんでしたが、美味しかったのでヨシとします。

子どもたちからのパパへのプレゼントは、最近腰が痛いといっていたので、腰あてのクッション。 変形ドーナツ型の二つに折れる程よい固さのもので、さっそく指定席の椅子に置いて使っていました。
[PR]
by soleiljap | 2013-06-17 09:18 | ◆ Sweets
二人のBirthday Cake
a0029889_2028346.jpg
お待たせしました~ (あれ、待ってなかった?^^) 
前回のパーティの記事から一週間空いてしまいました。
この一週間はケーキずくめの日々でした。 先日のパーティには息子のバースデー・ケーキをいただくはずでしたが、当日はお腹いっぱいで食べられず、翌日へと持ち越し。 しかし、翌日は息子が早くに帰ってこれず、翌々日へ。 

そして、息子のケーキを食べ終わると、今度は娘のケーキです。 こんなにケーキばかり食べていると太るわね、と言いつつもせっせと準備する私。 いいのいいの!美味しいものは幸せを運んで来る ♪♪

a0029889_2143220.jpg
一番新しいものから順番に・・・
娘のバースデー・ケーキは、リクエストの“編み編みケーキ(娘命名)”。 数日前に、ケーキは何がいい?と聞くと即答でかえってきました。
20回目は私も気合いを入れて・・・・でも、何年ぶりだろう、何とシフォン作るのに一回目は失敗(笑)。 柔らかすぎました。生クリームの重さに耐えられないと思い没。 
編み込みデコレーションも最後に作ったのはいつだろう・・・ 久しぶりだったので、生クリームの立て方が弱かったようです。 後半の下のほうは手の体温でクリームの角が消えてしまっています。 
a0029889_23183012.jpg
フルーツの飾りはサクランボ。 毎年娘の誕生日の時期に苺がなくなります。 以前、苺を探してスーパーを梯子したことがあり、どうしても見つからなくて仕方なくサクランボにしました。今年はスーパーに苺が並んでいましたが、そんな苦い思い出もふくめて、このケーキにはサクランボと決めているのです。(今ではサクランボの方が可愛いと思っています)

a0029889_20563099.jpg
息子のケーキは、これまで彼のリクエストの中で一番多かった“レア・チーズケーキ”。 (昨年も同じでした)
歴史も長い分、思い出もたくさん、記念すべき一歳の誕生日もこちらのケーキでした。
今回は台はタルト生地ではなくスポンジで。(これも美味しい発見でした)

一人ずつのケーキを見て息子が、えっ?!一緒でよかったのに・・・と言ったので、 子どものお誕生日は、『お母さん誕生日』でもあるの。 だからケーキは別々に、と。 でも、毎年増えるロウソクの数を数えるのがちょっと大変。 
a0029889_21503369.jpg


そう言えば、以前、お誕生日ケーキは20歳まで、と書いたような・・・。 お祝いのケーキ、元気で作れる時まで作り続けます(笑)。

今年も元気でみんなでお祝いできました。 あなたたちのお母さんでいられること、本当に幸せです。 病気や怪我に気をつけて、この一年も素敵な一年でありますように♪
[PR]
by soleiljap | 2013-06-09 22:31 | ◆ Sweets
16歳 おめでとう。  -娘の誕生日-
a0029889_220446.jpg
毎回、幸せを感じさせてくれる子どもの誕生日。

16歳、おめでとう。

6月1日は娘の16歳の誕生日でした。いつも部活で帰りが遅い娘、土曜日なら少しは早く終わるかな、と思い昨日(6日)にお祝いをしましたが、甘かった!予定より更に遅い。 (8時過ぎでした)
我が家の腹ペコ男子は、「○○おそいな~、お腹すいた・・・」、とぼやいていましたが、ママはちゃんとわかっていましたよ。 娘のことだから、きっと、みんなを待たせて悪いな、と気にしているだろうなと。


a0029889_913872.jpg
今年のケーキは、昨年と同様、シフォンケーキの編みこみデコレーション。(昨年は上面だけのデコ)

この日は朝からデッサン教室(初回)もあり、バタバタな一日でした。ケーキ(シフォン)も朝焼いて、瓶にさしたまま出かける。 デッサンを終えて、F10のスケッチブックを抱えて買い物にいけないので、いったん帰宅して、荷物を置いて急いで買い物へ。

普段ならパーティの買い物は前日に済ませておくのですが、この日は手巻き寿司の予定だったので、新鮮なお魚を買うために当日にました。


編みこみデコも何度もやっているとはいえ、失敗は許されないので緊張します。こういうときは静かな音楽をかけて精神を集中させます。平原綾香のノクターン(シングルCD)が一枚(5曲)終わると同時にデコレーションが終了。(これには笑えた)

ケーキが仕上がった頃、夫が大きな花束を抱えて帰ってきました。
a0029889_2213567.jpg
夫はいつも迷彩柄のスウェットパンツによれよれのTシャツ。休日、近所に出かけるときはその姿に雪駄履きという、めまいがするほど恐ろしいファッション・センスの持ち主。 この日は仕事の打ち合わせがありスーツで出かけていたので、ホッとする。(笑)

a0029889_2245081.jpg
この二日間ずっと雨。 この日は午後から晴れ間が出て、テーブルに柔らかい光が差してきました。

8時過ぎ、玄関先で娘の声。
「ただいまーーーー、おそくなってごめんねーーー、今着替えてくるねーー!!」
静かな食卓にいつもの騒がしさが戻りました。


この日メニューは手巻き寿司です。 写真は後ほど。


【追記】
いつもblogで美味しそうなお菓子を紹介してくださるKさんの“バスケット織りのデコレーション”もとても素敵です。 → シフォンケーキでバスケット織り♪
[PR]
by soleiljap | 2009-06-07 10:09 | ◆ Party
プレゼントのシフォン・ケーキ
a0029889_169469.jpg
お土産に抹茶のシフォン・ケーキを焼きました。
実は昨夜モカ・マーブル・シフォンを焼いて失敗。思ったように膨らんでくれず、ボツ。といっても、家族のお腹の中に入ったのですが・・・。
夕べはもう遅かったので、今朝、再度挑戦。リベンジは抹茶にしました。いつも作っていても、シフォンに関しては、突然失敗するので気が抜けないですね。作りながら原因をあれこれ探ってみたけれど分かりません。つい先日は同じものを焼いて上手くいったのに。

リベンジは上手くいったのでよかった~♪ (ほっ)

a0029889_1611556.jpg
ラッピングはカットして1個ずつ包んだものを元の形にもどしてリボンで結びました。

2度作ったなんておくびにも出さず、クールな顔して渡しました。(笑) 味見しなかったけれど、気に入ってくれるといいな。
[PR]
by soleiljap | 2008-07-06 16:38 | ◆ Sweets | Trackback
モカ マーブル シフォン & Pianoのこと

a0029889_23503411.jpg
久々にお菓子の写真。
今日、お客様用に焼いたモカ・マーブル・シフォンです。お出しする前に写真は撮れませんので、中途半端な画像になってしまいました。コーヒークリーム(生)を添えました。
a0029889_23525441.jpg
こちらは残ったものをお土産用にラッピング。急いで包んだので色気ないですね。


さて、ピアノの話題も久々です。
発表会が終わって、5月の連休の後に始めた楽曲は、娘がショパンの“幻想即興曲”、息子がリストの“愛の夢” そして、私がショパンの“ノクターン20番「遺作」”です。

私の方は後はもう弾きこむだけなのですが、35連譜のレガートが難しいです。参考にしているのは、ユンディ・リの演奏。

子ども達の“幻想即興曲”も“愛の夢”も大好きな曲。早く上手になってほしいな なんて思っていたら、息子が、学校の吹奏楽部のコンクール曲のピアノ・パートを頼まれ、(本来は美術部)、“愛の夢”は暫くお預けになってしまいました。
ジャズのようでもあり、ラテン系のアップテンポな雰囲気の曲で、聴いていてとても元気になれる曲です。
リズムとテンポに特徴があって、ピアノの先生にご指導いただいて練習していました。先生には課題曲以外でも、毎回親身に教えてくださり感謝しています。
夏はコンクールに向けても合宿もあり、朝から晩まで音楽漬けの生活になるのでしょう。(羨ましい・・・
頑張ってね!みんなで応援してるよ~♪♪


  それでは、“ノクターン 遺作”(You Tube)を聴きながら、おやすみなさい。

  演奏しているのは映画「戦場のピアニスト」のモデルでもあるウワディスワフ・シュピルマン。映画ではこの曲が挿入歌として流れていましたね。
[PR]
by soleiljap | 2008-06-29 01:00 | ◆ Sweets
*Recipe シフォンケーキを焼く
私のレシピでシフォンケーキを作ってくださる皆さん、いつもありがとうございます!

お菓子作りは科学。シフォンケーキも、正にそんな要素が沢山見え隠れするケーキ。水と油を加える所から何やらワクワクしてしまう。最初に考えた人は凄いなと思う。

思い起こせば最初のシフォンケーキは、涙のデビューから始まった。(笑) それ以来、何台のケーキを焼いたことだろう。自分好みの配合にたどり着いてからも、尚作り続けているのは、この科学的要素をヒシと実感できるからかもしれない。

最近では、同じ素材で作り方や配合を変え、本来の絹のような食感に相反した生地作りや、ケーキの概念をはずした食事としての味つけ等、レシピの個性や差別化をはかった特徴的なレシピ本がだされています。どれも美味しそうだけど、ここで紹介するレシピはオーソドックスな作り方。配合(粉、水、油、卵、砂糖)は、何度も何度も試作しながら決めていったものです。 ■レシピはこちら

※以前載せていた配合を少しかえました。卵白用砂糖を10g増やす。(メレンゲを加えた時、なるべくダマにならないように。)トータルの砂糖の量は以前と変わりません。
※卵白は140gです。それ以上にすると、焼いて行くうちに型(直径17cm)から溢れます。
(以前は不明瞭な記し方でした)
※材料はきっちり正確に計ってください。

Let's make it. (画像はクリックすると少しだけ大きくなります)

a0029889_17593917.jpg
1. 卵黄+砂糖。ホイッパーで白っぽくなるまでよく混ぜた状態。(リボン状に落ちていく)
2. 油を少しずつ加え、さらによくホイップした状態。ツヤがでて更にリボンが太くなってくる。
3. +水を加えよく混ぜ、更に粉を加えた状態。ホイッパーで20回ほどグルグル回しながら混ぜる(グルテンを少し引き出す)

a0029889_17595098.jpg
4. 回りを凍らせた卵白。最初に卵白を計り冷凍庫へ入れておくと、メレンゲを作る頃に回りが少し凍った状態(なってなくてもOK)。冷たくひやした卵白はメレンゲンのキメが安定するそうです。他にレモン汁や塩少々を入れて作る方法もあるようです。
5. メレンゲは卵白をまずハンドミキサーでほぐす(20秒程)→砂糖1/3ずつ加えながらしっかり角が立つまで泡立てる。目安は、途中で回しているハネが重くなるので、その時が目安。
※メレンゲを緩めに泡立て、生地と合わせやすくする方法もあるのですが、私はしっかり泡立てます。(ベーキングパウダーを使わないので卵白のみが膨らむ為の手段)
6. 型に流しヘラで中心から外に向かって型の縁で生地を切るように平均にならす。(中心部は低い) 

a0029889_18087.jpg
7. 170℃に予熱しておいたオーブンに入れ、160℃に下げて43分(←我家のオーブンで)焼く。
8. 中に入れるもので焼きあがりの高さも微妙にかわってきます。
9. しっとりしたキメの細かいシフォンの出来あがり。

飲み物がないと食べづらいという生地にならないように配合したつもりですが、そのように焼いてもらえると嬉しいです。翌日には更にしっとりとして正にシフォン(絹)のよう。

a0029889_1814958.jpg
抹茶の配合…薄力粉60g+抹茶5g 一緒に振るっておく。
抹茶の種類も少し値段が高くなりますが、濃茶を使うと風味がぐんと増します。アイスクリームや他のお菓子でも同様。

a0029889_1873595.jpg
コーヒーマーブル…インスタントコーヒー大さじ1杯を湯小さじ1強で溶いたものを、最後に生地に細く糸状に垂らし入れ、ヘラで軽く混ぜてから型に流す。

******************************
今回のレシピをプリントアウトして、気持ちを初心にして作ったコーヒーマーブルが今オーブンの中にいます。後で画像をアップします。お待ち下さいね♪

★焼けました!
[PR]
by soleiljap | 2006-12-14 10:31 | ◆ Sweets | Trackback(3)
ランチの後は コーヒー マーブル シフォンケーキ (前回の続き)
a0029889_1557552.jpg
さて、ランチでおなかもいっぱいになったので、キッチンに移ってデザートを作りましょう。
ということで、きっしゅさんのシフォン型、以前から気になっていたテフロン製です。テフロンは生地が剥がれやすいという先入観から、ひっくり返して冷ますシフォンには不向きなのでは、と今だ使ったことがありませんでした。

レシピはいつもの基本レシピを使い、コーヒーマーブルシフォンにしました。型が直径18cmと、私の型より少々(1cm)大きく、分量を変えようか迷ったのですが、今回はそのままで!
焼きあがった生地をひっくり返しても落ちる事もなく、テフロンの型でも支障はないです。高さや生地の風合いともにいつものシフォンと同じ。
ただカットしたときに生地が沈んでしまったのが、いつもと違うところ。(生地を型に流す時、緩かったような気がする。)

後ろにあるのは、前の日に作ったパイナップルジュースのババロア。実家に帰っているとき妹がオレンジジュースで作ってくれたババロアを思い出して作りました。

★More
[PR]
by soleiljap | 2006-09-03 21:15 | ◆ Sweets | Trackback(1)
小豆のシフォン・ケーキ
a0029889_2025432.jpg

人は時として、自分の身に降りかかった現実を消し去る事ができたらと思う。
そして、闇の奥にしまったはずのその記憶が突然と音を立てて目覚めることもあるんだ。

先日、いつものように娘とお喋りしていた時、ママの子どもの頃のお話聞かせて、と尋ねてきた。「じゃぁ、お兄ちゃんが今中学生だから、ママが中学生の頃のお話ね。」
今ほど娯楽がない時代の話を、娘は興味深く聞いていた。娘の興味がここで終わるはずがなく、話しはだんだんとさかのぼり、「小学生の頃は?」と尋ねてきた。その瞬間、私の中で何かがパンとはじける音がした。あの時の記憶が鮮明によみがえってきたのである。

幼かった私は、こんなことがあるんだ、いえ、あったとしても自分の身にふりかかるなんて、突然起こった出来事に動揺した。そして、これからこの事実を背負って生きていくなんてあまりにも悲しすぎる。できることならそのワンシーンを消しゴムで綺麗サッパリ消し去りたい、と切実に思った。


その頃、私は今の娘と同じくらいの11歳で、男の子もちょっとばかり意識するようになり、おしゃれにも目覚める年頃。毎朝着ていく服に合わせ、髪に結ぶリボンの色を選んでは、丁寧にポニーテールの髪に結ぶ、そんな女の子だった。

時代は全国的にボーリングが流行っていて、私の両親もマイボール、マイシューズをオーダーするほどの執心振りで、休日は勿論、時間を作っては子ども達を連れだって「家族ボーリング大会」と銘打って腕を磨いていた。私もボーリングは嫌いではなかったので、当たり前のようについていっては、皆で一緒に歓声をあげ楽しんだ。

ある週末の早朝、私達は近くのボーリング場へ出かけた。早朝は値段も安くできると言う事で、何度か通ったことがあった。おそらく朝6時くらいからのスタートだったと思う。
いつものように、両親が受付をしている間、私達は自分用にボールを選んだ。シューズを履いて指定のレーンに行くと、なんとお隣のレーンに、同級生がお兄さんに連れられて来ているではないか。友人のお兄さんは、一人は大学生か就職しているだろう年齢、もう一人は中学生か高校生、どちらにしろ私からはとても大きな男の人たちに見えた。

11歳の少女の私は、知り合いが隣にいるという、ちょっぴり恥ずかしい思いが入り混じった心境でゲームを始めた事を、今でもはっきりと思い出す。

いつのまにか夢中になり、それぞれの家族から歓声やら笑い声が聞こえてきた。
そして、その出来事は突然起こったのだ。

何巡かして私の番がきてレーンにたったその時、偶然にお隣のレーンにいた同級生のすぐ上のお兄さんと同じタイミングで立った。一緒にレーンに並んだ時、片方が譲るというマナーがある。紳士な同級生のお兄さんは年下の女の子に、先に投げてもいいよと言ってくれた。

お隣のレーンにはボールを持ったままのお兄さんが見ている。その後ろには同級生とその兄。そして私の後ろには、父と母、そして姉妹が見つめている。緊張が走る。
ボールを胸のところで持ち、左手を添える。視線は数メートル先のピン。なおも皆の視線を背中に感じながら右足を踏み出す。と同時に右手のボールを前から後ろへと勢いをつけ振り、左足を踏み込みながら満身の力を込めてボールを投げた。投げた!

つづく



a0029889_1615876.jpg
随分前に作った小豆のシフォンケーキです。いつもの基本のレシピにアレンジで手作りの餡子をいれてみました。フワフワで美味しかったのですが。この時餡を80gいれたのですが、もう少し多くてもいいかなという印象。水の微調整をしながら次回は100g入れてみようと思います。
アレンジ自在のシフォンは、実験感覚で楽しみながら作れるケーキ。小豆のシフォンと同じ時期に「人参と黒胡麻きな粉のシフォン」もつくったのですが、こちらはイマイチのできあがり。
[PR]
by soleiljap | 2005-12-08 13:07 | ◆ Sweets | Trackback(2)