タグ:テーブルコーディネート ( 30 ) タグの人気記事
アフタヌーンティー
a0029889_2105897.jpg
先日、立派なさくらんぼ(佐藤錦)をいただきました。 すぐにそのままを皆でいただいて、残りをケーキのデコレーションに。

ケーキは、マユミチャップマン先生の著書「英国スタイルのテーブルコーディネート」に載っていた“ハート形チーズケーキ”です。 本では、生地はタルトのように低く焼かれ、デコレーションのベリーベリーもたっぷりの大きなサイズのようですが、私の持っている型が小さめのため、高さのあるケーキになってしまいました。 
お味は、重すぎず甘すぎない私好みのベークドチーズケーキです。 たくさんヨーグルトをつかっているので、もったりと胃に来ないのだと思います。(箱根でいただいたレアチーズケーキもそうでしたが、ヨーグルトが利いた私好みのお味だったのを思い出しました)

a0029889_2057061.jpg
昨夜ケーキを作りながら娘に、「明日アフタヌーンティーしようね♪」 というと、「明日は出掛けるから・・・」とあえなくフラれました。テーブルのイメージはしっかりできていたので、ダメもとで息子に聞いてみると、お昼すぎに一度出掛けるけど、すぐ戻るからとのこと。

しかし!本日お昼過ぎに出掛けた息子は4時になってもかえってこないではないの! クロテッドクリームをお願いしてあるのに・・・ 

そうしているうちに夫が帰宅(17時)。 17時半、やっと息子が帰宅。(遅い!)

a0029889_20581061.jpg
おかえり~! 今日の夕飯はアフタヌーンティーですからね~♪

サンドウィッチのキュウリは、下ごしらえの味をつけて、バターもそれぞれの具に合わせて、ディルを混ぜたり、レモンを加えたりと手間をかけたので、いつも黙って食べる夫も美味しいと言って食べておりました。


a0029889_0294912.jpg
今回のテーブルも、先生のご本からたくさんアイデアをいただきました。レースのマットは、フレンチカントリーのページで使われていたのを見て、同じようなものを探しました。ナフキンの折り方も、とても参考になります。


a0029889_0355511.jpg
マユミ先生のテーブルデザインは、書籍からも分かるように、そのデザインの豊富さ。 最高のテーブルウェアーをつかったエレガントなテーブルから、時に100均のお品をつかった気軽なテーブルまで、見る側を常に飽きさせません。安定したそのテーブルを拝見するとき、そこには常に本物に接し、世界中を旅されて培われてきた審美眼と先生ご自身の哲学も根底にあるように思えます。

毎回同じことを言っておりますが、もう少し早く先生にお会いしたかった!(切実)  日本にいらっしゃる間に、沢山の事を学ばせて頂きたいです。

◆ マユミ先生のブログは→こちら
書籍も是非ご覧になってくださいね。





* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-07-03 23:14 | ■テーブルコーディネート | Trackback
バラのナフキン
a0029889_22152360.jpg
チーズボードのテーブルでバラのナフキンがイメージ通り作れなかったので、再チャレンジです。 といっても、こちらはカップ、当然納まりよくできましたが、プレートの上でシャリ感のあるナフキンを操るのは至難でした。

a0029889_22335265.jpg
本日は花がなく、その代わりにミントと、先日のパーティで残ったセージとローズマリーを飾りました。 

小さい瓶は、5月の箱根でのレッスンでマユミ先生が皆さんに持たせて下さったレモンミントです。 根がしっかり付きとても元気に育っています。 高地で育ったミント、都会のそれも灼熱の西陽にはきっと耐えられないだろうと思うと、外に出せません。
a0029889_22293116.jpg


a0029889_22252998.jpg
私にしては珍しく、ほぼ連日の更新です。 今夜はこの辺で。

おやすみなさい。


* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-06-30 23:19 | ■テーブルコーディネート | Trackback
チーズボード バーティ その3 <デザート>
a0029889_12265160.jpg
デザートは、ブログでも何度か紹介しているドームケーキ。 

a0029889_21305330.jpg


今回のテーブルは宿題ということもあり、課題があることで、普段なら深く考えずに感覚で通り過ぎていた部分も、立ち止まって考え、いろんなことを発見できました。 実践することってとても大事なんですよね。 当たり前ですが、当初エスキースで考えていたことも、季節や時期、お天気で変わってきましたし、頭で考えていたことも実際やってみると、イメージとは違ったりと、今回の課題を通してたくさんの収穫がありました。 
このような機会を与えてくださったマユミ先生に感謝です。ありがとうございました。

※ マユミ先生がブログに載せてくださいました 。他の生徒さんの作品もありますので是非ご覧ください♪


◆ チーズボード パーティ 1
◆ チーズボード バーティ 2 <料理>



* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-06-29 23:29 | ◆ Party | Trackback
チーズボード バーティ その2 <料理>
a0029889_2395616.jpg
<料理>と書きましたが、画像をアップしてみると、料理したといえるものはシーザーサラダぐらいですね。 いつもパーティとなると大忙しなので、今回のパーティは、時間短縮の参考になりそうです。

a0029889_353255.jpg
我が家の定番料理のシーザーサラダ。 夫の分厚いレシピ帳に書かれてあった唯一美味しい料理です。 配合を少々かえて我が家の味にしましたが、初めてこのサラダをいただいた時の感動は今でも覚えています。

a0029889_3534089.jpg
黒いプレートにサーモンのオレンジ色が良く映えます。

a0029889_1130176.jpg
ハム3種。 プルーンを添えて

a0029889_11284571.jpg
今回、3品に黒のフラットプレートを使用しましたが、パンをのせたこちらの正方形は、昨年の12月、息子からクリスマスプレゼントに貰ったもの。 角の部分に文字が彫ってあるのですが、他のものとは違い、表面に凹凸の模様があり、色も柔らかい黒でお気に入りです。 

a0029889_3554518.jpg

a0029889_4153434.jpg
チーズには、ナッツやドライフルーツが合うとのこと。確かに味のアクセントになったり、歯ごたえや食感を楽しみながら、更にチーズの美味しさを引き立ててくれます。
a0029889_3565942.jpg
ブルーチーズに蜂蜜が良く合います。パンと一緒にいただきました。

a0029889_1252746.jpg
オリーブはそのままだと塩味が強すぎるので、前日にオリーブオイルとレモン汁、ニンニクとバジルのみじん切りを合わせたものに漬けこんでおきました。
白アンチョビが中に詰めてあって、このオリーブ美味しいの。

いつもサーブする側にとって、今回のテーブルは準備も、席に着いてからも本当に楽でした。
次回はデザートです。お楽しみに♪

つづく

◆ チーズボード バーティ 1 は こちら

* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-06-28 23:51 | ◆ Party | Trackback
チーズボード パーティ
a0029889_11203340.jpg
土曜日、チーズボードパーティーを家族でしました。 
今からひと月ほど前、マユミ先生から “Cheese Boards” のテーマで宿題が出ており、 この日がその締切日の6月25日でした。 画像をメールで送ったのが、23時30分すこし前でしたので、ぎりぎりで間にあいました。 先生、おそくなり申し訳ありませんでした。 
ひと月前の マユミ先生のレッスンは こちらです。 

a0029889_2435183.jpg
テーブルの条件は、<必ずチーズボードを入れること、自宅にあるテーブルウェアでブランド物の食器はつかわないこと> でした。  しかし、食器は他に適当なものがなかったので普段使っているジノリのベッキオホワイトを使用しました。

季節的に明るいグリーンを使いたく、その色を綺麗に見せる為にグレーのクロスを使用。 しかし、マットとクロスのダブル使いはおかしいのですよね。  テーブルフラワーにサーモンピンクのバラを。 テーブルの大きさに対して花が小さかったので、ナフキンをバラの形にして置きました。

この日は、朝から画室(絵画教室)に行っていて、帰りに買いものして帰宅、それから準備でしたが、今回のパーティはホストがあまり席を立たずにサーブできるようなものを準備しようと考えていたので、手間もいつもの数分の一ですみました。 

チーズは、このひと月の間、お買い物のついでにチーズコーナーを覗いたり、聞いたり、そして珍しいものは購入して準備。 チーズが好きだと言うこともあり、いつの間にかこんなに集まっていました。 

a0029889_2545121.jpg
時計回りに(蜂蜜の容器隣から)、
★プリッロ(伊)、山羊、セミハード・・・ブリッロとは酔っ払いという意味だそう。その名の通り、赤ワインに漬けこんであるので、食べるとふわっとワインのフルーティーな香りがします。
★ブリ―(仏)、牛、白カビ・・・カマンベールと同じく我が家のチーズボードに必ず登場するチーズです。
★スティルトン(英)、牛、青カビ・・・こちらも我が家の常連さん
★チェダー(アイルランド)、牛、セミハード・・・アイリッシュウィスキーの「キルベガン」を混ぜ込んだチーズ。チェダーの濃厚さとウィスキーの香りが男性的な感じです。
★デンマークのブルーチーズ、牛、青カビ・・・スティルトンがピリッとした青カビなら、こちらはややマイルド。
★ミモレット(18ヵ月熟成)(仏)、牛、ハード・・・噛むほどに濃厚な味わいで、カラスミのような味わいと書いてありますが、カラスミを普段食べないので、私にはこっくりとしたオイスターソースのような味わいでした。 ハード系の噛むほどに味わい深い贅沢な食感です。 

まわりに胡桃やドライフルーツを添えました。 サクランボはケーキのデコレーションで残ったものを彩りに。

a0029889_256072.jpg
お酒は、冷蔵庫にお客様用にと数本シャンパンが冷やしてあったので、この日はヴーヴクリコを。 しかし、我が家はどう頑張っても飲み干せないので(グラス一杯で十分な人たち)、また冷蔵庫へ。

お料理とケーキは 後ほどアップいたします。 

つづく

* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-06-27 12:34 | ◆ Party | Trackback
テーブルマナー&デザインクラスⅰ その2
前回のつづきです
a0029889_9555137.jpg
マユミ・チャップマン先生のレッスンは、学ぶことは勿論ですが、感動も毎回数知れず。 それだけではなく、撮ってきた写真を自宅で見る度に、更なる発見と驚きがあります。 それは型にはめない、先生独自の世界があるからだと思います。 マニュアル化すれば、教える側は簡単かもしれません。 自然の中で季節があり、その時々で世の中の流行も異なります。 臨機応変に一番旬で、今必要なレッスンを企画できるのは、どんな状況でも、独自のメソッドをお持ちだからだと思うのです。 先生の無限にある引き出しを覗いてみたいなと思う今日この頃です。

前書きが長くなりました。“チーズボードでおもてなし”の料理編。
画像をご覧のように、今回は、ささっと準備できて、その分ゲストとの時間を楽しみましょうというコンセプトですので、単体のお品を美しく並べて、でもテーブルは最大に皆さんを感動させる美しいしつらえです。

しっかりとホスピタリティーに徹しつつも、無理をせず、頑張りすぎない今回のテーブルは、私にとって大きな発見でもありました。 マユミ先生からは、本当に多くの事を学ばせていただいております。 
先生、今回も、素晴らしいレッスンをありがとうございました!
出された宿題につなげていきたいと思います。

a0029889_043238.jpg



* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-06-26 23:46 | ■テーブルコーディネート | Trackback
昨夜のパーティ <つづき> ※追記あり
前回のつづき
a0029889_0264372.jpg

実はS氏のご自宅と別荘は夫が設計させていただきました。 現在、別荘の増築を進めているので、この日は少しだけその打ち合わせもあり、ウェルカムドリンクは手作り梅酒のソーダ割りと、奥さまには冷茶をお出ししました。 
食前酒をいただきながらゆっくりお喋りといきたいところですが、狭い家なので打ち合わせの後はテーブルへ。 


本日のお料理は和食、薄味で野菜もたっぷり、油も極力つかわずに、健康に気をつかわれているお二人の為にメニューを考えました。順に写真を載せますね。

a0029889_0294268.jpg
枝豆と絹ごし豆腐のムース  鰹出汁のジュレをのせて。


a0029889_0313551.jpg
 

a0029889_0321890.jpg
a0029889_0324351.jpg
茄子の焼きびたしは2日前に作って出汁を染み込ませました。


a0029889_0341846.jpg
いつものローストビーフ 何度作っても断面を見るまで心配。いい感じに焼けていました(嬉)生わさびで食べていただきました。


a0029889_0365283.jpg
母の得意料理です。 結婚して一度だけ母に教わり作りましたが、上手くいかずそれ以来作っていませんでした。 今回、レシピは見つからなかったのですが、思い出しながら作りました。美味しくできました。


a0029889_0372847.jpg
鯛めしも母から教わったレシピで。  パーティーが始まってから、ご飯に入る時間を予測しながらの点火なので、少々不安もありましたが、タイミングよくうまく炊きあがりました。
a0029889_0388100.jpg


鯛めしにお吸い物をつけたのですが、写真が良く撮れておらず画像がありません。 ハマグリが手に入らず、大きなシジミ(北海道産)の潮汁です。

奥さまは蒔絵をやっていらっしゃるので、今回使った汁椀の裏蓋の絵に、お二人とても感動してくださいました。 
使ったお椀はこちら

a0029889_0383538.jpg
デザートは、さつま芋のおしるこ。 豆乳で伸ばし、足りない甘みはハチミツで。 いつものように白玉は絹ごし豆腐でこねました。時間がたっても滑らかな舌触りで美味しいのです。

ここで見ていただきたいのが、おしるこを乗せたお盆!素敵でしょう。こちらがE子さんがつくられたお盆です。 つい先日、通っていらっしゃるアトリエの作品展にうかがって、素晴らしい作品に感動したばかりだったので、とてもとても嬉しかったです。
ありがとうございます。大切につかわせていただきます!(幸)

a0029889_11257.jpg
別荘にうかがった時の記事にも書きましたが、S氏は母校の一橋大学に後進の育成のため5億の寄付をされました。 今は現役から退かれ、母校での講義や4冊目の書籍の準備に、講演と、現役時代と変わらず多忙な毎日を過ごされています。
その縁の下の力を担っているのが奥様のE子さん。 素晴らしい方の影には、素敵な方がいらっしゃるんだと改めて感じます。 
これからもますます皆を牽引していってください。応援しております。


* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-06-23 02:17 | ◆ Party | Trackback
昨夜のパーティ
a0029889_4274974.jpg
ご無沙汰しております。まずはタイムリーな記事から。

以前、夫の友人の別荘へうかがって、素晴らしい時間を過ごしたことを書きました。 その後、次は是非我が家でと計画するも、いつもお忙しいS氏なので、執筆や講演、仕事と、中々実現できずにいました。 その食事会が、昨日やっとできました。

メニューは、健康にも気を使っていらっしゃるご夫妻ですので和食にいたしました。

a0029889_3104532.jpg
テーブルの花は、今が一番美しい芍薬とアジサイをメインにアレンジ。 紫陽花も芍薬もこの時期のお花。 梅雨のうっとしい季節にこんな素敵な花が見られるなんて、自然のはからいだと思いませんか。  若い頃は好まなかった芍薬ですが、今は大好きです。 紫陽花もいろんな種類があって選ぶのも楽しいです。

a0029889_3142568.jpg
選んだお酒は、ワインがお好きなS氏の為に赤ワインにしました。 こちらのワインは以前、夫の友人からいただいたイタリアのワイン。 

実はS氏も、ワインをくださった彼も、みんな夫の高校時代の同級生。 皆さん素晴らしい方々ばかりで、 まだまだ小僧の私は毎回お話をうががうのが楽しみです。

ワインにメモがついていましたので添付します。 これがまた読ませる文章で、お酒が弱い私もついついのんでしまうのでした。画像を見て変に思われた方もいらっしゃると思いますが、準備中にもかかわらず、ワインの栓がすでに抜いてあります。 準備しながら私が呑んだのではありませんよ。 その理由は下の説明を読んでいただくとわかると思います 

a0029889_4102199.jpg
(クリックで大きくなります)

話は尽きることなく、6時から始まったパーティも10時まで続きました。 ゆっくりお話できて本当によかったです。
夫とS氏共有した時間の話は、青春真っただ中ということもあり面白い! 秋に出版される4冊目の本の話題もとても興味深かったです。奥さま(Eさん)の趣味の蒔絵のお話も出来ました。
この日、E子さんがご自身で作られたお盆をお土産に持ってきてくださいました!

お料理やテーブル、そしてプレゼントのお盆の画像は続きに書きますね。

つづく


* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-06-20 05:21 | ◆ Party | Trackback
テーブルマナー&デザインクラスⅰ その1
先日マユミチャップマン先生のクラスへ行ってまいりました。
 先生のテーブルを楽しみにしてくださっている皆さま、今回も沢山の感動がありましたのでお楽しみください♪ 

この日は、いつもとは少し趣向を変えられてのレッスンにされたそうです。
いつも美しいリネンにエレガントなテーブルウェアー、センスあふれる花に包まれた、上品なしつらえが多い先生のテーブルを、今回はより気軽にテーブルをデザインできるようにと 生徒さんの声を反映させた、クロスを掛けず、ラフなスタイルのテーブルにされたそうです。(それでも素敵すぎます)
a0029889_124741.jpg


この日のテーマはホストも席を立たず皆と一緒に楽しめるテーブルということで、“Entertaining with Cheese Boards”  チーズボードでラフなおもてなしを提案してくださいました。
講義ではチーズの種類や切り方(サーブの仕方)、食事の中でのチーズの位置づけのお話など、私もフランスでコース料理をいただいた時に、メインの料理の後、甘いスイーツの前にコーヒーと一緒にチーズが出てきて驚いたことを思い出しました。

そして、今回は宿題も。 それぞれが自宅でテーマにそったテーブルをつくるといもの。 イギリスでフニッシングスクールをなさっていた時は、このような実践の授業もあったそうです。
a0029889_0473850.jpg


今回、レッスンの中でスケッチも描きました。a0029889_1252032.jpg
条件は、必ずチーズボードをいれること。 テーブルウェアーは自宅にあるもの。 ブランド物の食器は使わない。
今までメニューは数日前から書き出しながら準備していましたが、テーブルに関しては、当日頭の中にあるものを作る感じでした。 今回スケッチすることで更に料理とテーブルのイメージが整理でき、全体像をつかめるので、 セッティングの時に悩まなくて済みそうです。 絵を描く前のエスキースのようなものですね。

(描いたスケッチをアップします。先生の素晴らしいテーブルの記事を邪魔しないように小さく・・・)
きのうお花屋さんに行ってラナンキュラスはあるか聞いてみたら、時期外れでないそう。



本日のメインのチーズボードは、手前から、 
レッドチェダー(NZ産)
ブリー(仏産)
Perail Averyon Sheep's Cheese(ぺレーユ・アヴェロン)羊(仏)
Le Chaource Champagne Cheese(ル・シャールス・シャンパーニュ)(仏)
a0029889_0483627.jpg



順番が逆になってしまいましたが、チーズの前に出されたいろいろなお料理や食後のデザートは、また続きに書かせていただきますね。
a0029889_0485460.jpg

a0029889_14283242.jpg




マユミ先生のクラスは、毎回沢山の感動と学びがあります。小物使いもその一つ。 ナフキンの上にとめてあったリボンが可愛いでしょう。ナフキンもテーブル全体の色合いに溶けこんでぴったり。八角形のプレートも大小重ね使いがお洒落。思わずどこで買われたかお聞きしたほどです。
a0029889_048942.jpg


まだまだ続きます。お楽しみに♪

つづく



【追記】
先生がブログで私の箱根のアフタヌーンティーパーティーの記事を紹介してくださいました。
先生ありがとうございます。



* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-05-29 13:48 | ■テーブルコーディネート | Trackback
アフタヌーンティークラス ⅳ
a0029889_1916457.jpg
GW、マユミチャップマン先生のアフタヌーンティークラスに行ってまいりました。
この日のテーマは “MINT GARDEN AFTERNOON TEA PARTY”
講義では、イギリスとフランスの庭作りの違いや、庭がないマンションなどのお宅でも部屋をガーデンにする提案など、とても興味深いお話をしてくださいました。 

以前、ルーフガーデンのあるマンションに住んでいたので、庭いじりは日課でした。 今回マユミ先生のお話を伺いながら、毎朝カーテンを開けるのが楽しみだったことを思い出しました。
今住んでいるマンションのバルコニーは日当たりが良すぎて(西側)、植物が育ちにくいのも経験上分かっているので、その中で、狭いながら花を楽しんでおります。 それでも年々自然体系が変わってきているのを実感しています。


a0029889_1024157.jpg
さて、講義の後はティータイム。 ダイニングに移ると、そこはまるでミントガーデン。 ミントの香りにつつまれて、まさに至福の瞬間。 

テーマに沿った素晴らしいテーブルに私を含め皆さん、溜息混じりの歓声が聞えてきたのは言うまでもありませんね。

a0029889_9593673.jpg
美しい白のリネンに、庭から摘んだばかりのミントが眩しく、全体をグリーンと白で統一されているので、中央に生けられたピンクと赤のバラがテーブルのアクセントに。 テーブルウェアーの色づかいや小物の使い方まで、本当に勉強になります。 

a0029889_1928398.jpg

a0029889_2193632.jpg
ケーキはチョコレートケーキ、そしてグレープとメロンのダブルババロア。 


a0029889_1057297.jpg


a0029889_10403635.jpg
シャンパンにはミントの葉が浮かべてありました。飲むたびにミントが香ります。

a0029889_1072326.jpg
オープンサンドは、チコリの上にフォアグラをのせたものと、キュウリとイクラがのったもの。そして、かぼちゃのプディング。

a0029889_1043067.jpg
最初のお茶は、庭で育てたオーガニックのミントティー。 

a0029889_10434255.jpg
箱根でいただいたレモンミントより、香りも味もミントがしっかりでていました。

a0029889_10164279.jpg
2種のスコーンズは、ミント味とミューズリー(シリアル)のスコーン。 
a0029889_13162441.jpg
ババロアはグレープとメロン、そしてデコレーションのミントの味が楽しめるとてもリッチなケーキです。

a0029889_19302812.jpg


a0029889_105134100.jpg
今回、シッキムのファーストフラッシュをいただけるという楽しみもありました。
めったに市場には出回らないファーストフラッシュですから貴重な体験、味わいながらいただきました。最後にオータムナルのシッキムの飲み比べもさせていただきました。


a0029889_13252392.jpg


a0029889_1092275.jpg
テーブルのミントを全員に、お土産に持たせてくださいました。
(自宅で花瓶にさしていましたら、こちらのミントは一週間ほどで根が出てきましたが、箱根でいただいたミントは、葉も落ちることなく元気なのですが、根はまだ出てきていません)


マユミ先生のアフタヌーンティーテーブル、今回も楽しんでいただけましたでしょうか。 またお楽しみに♪

最後に、ご一緒した方々もブログにアップされていらっしゃいますのでご紹介致します。
 ◆Luuさんのブログ →Luu☆memory☆
 ◆マウイから一時帰国されていたTさん →マウイ•アップカントリー•ヤード

先生のクラスでお会いする生徒さん達、皆さん本当に素敵な方々ばかり。また近いうちLuuさんにはお目にかかれますね。楽しみにしています♪



* * * * * * * * * *




[PR]
by soleiljap | 2016-05-16 23:37 | ■テーブルコーディネート | Trackback