タグ:デコレーションケーキ ( 61 ) タグの人気記事
18歳 おめでとう!!
a0029889_7531937.jpg
早朝のいつものジョギング、最近は息子も一緒です。 数日前、急に俺も走ると言って走りだした彼、時々、今日はパスといって寝ている時もありますが、走る日は6時前には家を出て、前半は歩きがほとんどで、後半から走って40分ほどで帰ってきます。家にたどり着くのはいつも息子が先。走り出したら若いから速い。その差はだんだんと広がり最後は追いつけないのです。

19日の朝も一緒に家を出て、息子が見えなくなってから、ふと、今日息子の誕生日だったことを思い出す。そう思ったら足は家とは違う方向に向かっていました。向かった先は地元の氏神様(我が家で子どもたちの成長の節目行事にお参りしている神社)。 元気に育ってくれたことへの感謝のお参りをしてきました。

そんなわけで、うっかり日付を確認していなかった私、この日のパーティ準備は、ケーキ作りから食事の買い物まで、それはそれは忙しい1日でした。
a0029889_12263987.jpg
忙しい時のメイン・メニュー、それは、貴方の大好きなステーキよ~(笑)。 

手前の小さめの肉はダイエット中の私のもの。というのは冗談で、実は11日の母の日もステーキでした。レストランでお腹いっぱい頂いたので暫くはいいかなと思っただけ。

a0029889_12282512.jpg
ここはせっかくなのでコースで。前菜とスープを食べてからお肉をやき始める。大きなフライパンで最初2枚焼いて、息子と夫へ。席について画像撮らなきゃと思っていると、前の二人はもう食べてるし。娘のを慌てて撮りました。娘のは彼女の好みよりちょっと焼き過ぎたみたい。自分のはいい感じに焼けました。

a0029889_12294479.jpg
前菜のトマトのコンポート。これは冷たくないと美味しくないので、準備の一番最初に作って冷蔵庫へ。初夏から夏にぴったりなメニューです。前菜は勿論、もう少し甘めに作ればデザートにもなる一品。美味しいです。

a0029889_9255062.jpg
スープはポタージュ。つけ合わせに、グラタン・ドフィノアときのこのガーリック炒め。きのこの横にアスバラガスのチーズ焼き。あと画像にはありませんが、我が家の定番シーザーサラダ。

a0029889_1236042.jpg
18回目のバースデーケーキは、昨年と同じくフルーツ・タルト(直径20cm)にしました。食事が終わってから盛り付けたので、バタバタでした。画像にしてからよく見ると、さくらんぼがかたよっていた。
フルーツは、苺、さくらんぼ、オレンジ、キウイ、マスクメロン、夕張メロンの6種類。書きながら生唾ごくり。失礼。(笑)

いつもは歳の数だけろうそくを立てるのですが、今回は細長いろうそくが近所に見つからず、数字のろうそくになってしまいました。これだと使いまわし出来ないねと話すと、オットが、「ぎゃくに置いて、おばあちゃんの誕生日に使えるよ」ですって。
a0029889_12492842.jpg
ろうそく吹き消すのも早いし、あせって食べようとしていない?・・・ 
写真をあまり撮れませんでした。

プレゼントはパパから本。妹からは文房具。ママからはお料理とケーキ。

18歳、おめでとう!! 大事なこの日、この歳。 素敵な一年でありますように♪
[PR]
by soleiljap | 2008-05-20 23:07 | ◆ Party
Happy Birthday
a0029889_22152348.jpg
2月20日は夫の誕生日でした。本日、4日遅れの祝いをしました。

ケーキは、先日作った夏みかんのピールを刻んで入れたシフォンケーキ。クリームでデコレーションをして、トッピングにも角切りの夏みかんピールをのせました。
飾り用の紫の砂糖菓子とレモンバームがあったのでポイントに。ホワイトとオレンジ色が涼しげでしょう。
スポンジ生地には、ピールのシロップとリキュールを溶いて塗ってあるので、味も爽やか系に仕上がりました。皆の評判も良かったです。

a0029889_22153677.jpg
今回も娘が手伝ってくれました。年々、私の片腕のように(ちょっと褒めすぎかな?!)手伝いができるようになっていることは嬉しいこと。今はどれだけ身についているか分からないけれど、沢山のことを覚えてくれていると思う。
買い物からケーキつくり、料理、後片付け迄、ずっと手伝ってくれました。
そして、最後に彼女が言ったことが、「ママ、お料理ありがとう。美味しかったよ♪」 でした。お礼を言うのは私の方なのに。
娘よ、一緒にお料理できて楽しかったよ。ありがとう♪ あなたに幸せがいっぱい届きますように!!

a0029889_22445992.jpg
今年の料理はステーキ、ほうれん草のスープ、スモークサーモンとサラダ、チーズ(2種)でした。メインがステーキだと、意外と他は簡単ですむので助かります。肉大好きの子どもたちには、ステーキは大のご馳走。ワシワシ食べていました。
a0029889_22451060.jpg
パパへのプレゼントは、二人からカード。息子からは文庫本2冊(自分が読みたかった本だし・・・笑)。娘からは黄色のチューリップ。

a0029889_22432382.jpg
お誕生日おめでとう♪♪ 今年も元気でいい仕事ができますように♪

また家族みんなが元気でお祝いできる幸せ。全てに感謝!!
[PR]
by soleiljap | 2008-02-24 22:58 | ◆ Party
新しくはじまる人生に乾杯~♪
a0029889_15293618.jpg
日曜日もうすぐ結婚をする姪っ子と家族をよんで食事会をしました。

子ども達にとって従妹のTちゃんは小さい時からよく遊んでくれたお姉さん。優しさというプレゼントといっしょに楽しい思い出もいっぱい貰った。

私にとって姪っ子(義理の姉の娘)は最初に出会った時(もう20年近く前になるのね)からずっと変らない。相手をさりげなく思いやる気持ちは、回りの空気をほんわかと温かい空気にする。
a0029889_16284448.jpg
そんな素敵な彼女を囲んでのパーティーは、夫曰く “愛情いっぱいの追い出しパーティ♪”

a0029889_15443692.jpg
料理は私が心をこめて作りました。メインメニューは勿論パエリア(笑)。一番良く作って食べてもらったものはといえばパエリアなので、関西にお嫁に行って暫く食べてもらえないと思うので迷うことなくこれに決めました。(笑)
a0029889_15164740.jpg
シーザー・サラダ・・・定番の美味しさ!
生ハム・・・市販の生ハム。
エビのブーギニョンバター焼き・・・・有頭エビを背開き→いつものブーギニョンバター(レシピあり)→トマト、ピーマンの微塵切り、パン粉をふる→オリーブオイルをたらしオーブンで焼く。
パエリア・・・!!(言わずと知れた我が家のパエリアです)
ロースト・ポーク・・・こちらもよく作る。簡単美味しい。
あとバゲットとチーズ。
a0029889_15504181.jpg
エビ尽くめですね。有頭エビは最初パエリア用に買ったのですが、大きな立派なエビだったので、一品料理にしました。作ったら好評。これは是非とも私のパーティーメニューに加えなければ!

a0029889_15451278.jpgデザートにはサクサク生地としっとりフィリングのコントラストが絶妙なタルト。最近よくつくるチーズ・タルトにしました。
名づけて「タルト・ソレイユ」。タルト・タタンがあれば自分の名前(HN)をつけてもいいじゃない、ということで無理やり付けた名前。オレンジが好きな私としてはやはりオレンジ風味にしたい。
台は今回レシピを変えたら生地が固くなったので見なおします。フィリングはオレンジの果汁(フレッシュ)がたっぷりはいった、クリームチーズの焼いたケーキです。
いつか完成させたいと思います。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。次会う時は結婚式場ですね。きっと綺麗なお嫁さんになるでしょう。くれぐれも身体に気をつけて準備してね。

追記:後日錦秋の京都で行われた結婚式は→こちら
[PR]
by soleiljap | 2007-11-20 09:50 | ◆ Party | Trackback
よく喋り、よく笑った午後
a0029889_1114352.jpg
週末にうれしいお客様。東京と茨城に住む私の従妹たちと、お嬢さんのFちゃん。
私には2歳下の妹がいますが、私達といちばん近い従妹が H ちゃんと M ちゃん。小さい頃はこの4人でよく遊びました。
小学校の夏休みとなると、お互いの家を交互に泊まり歩き、夏休みの大半を一緒に過ごしたような気がします。
成人して結婚してそれぞれに家庭があるとそう頻繁には会えないのが常。でも数年に一回集まると、すぐに小学校の頃に戻って、よく、レストランごっこやったわね。そう言えば、部屋のレースのカーテンを外して、身体に巻きつけてドレスにしたりしたのを覚えてるかな、と言う具合にあの時代にリンクするのです。

二人とも美味しい物が大好き。最近は私のブログも見てくれて、いろいろ作ってくれます。
そんな彼女たちに何を食べてもらおうかな、と色々考えましたが、夫のすすめもあり、やはりここは十八番のパエリアに決まり!

パエリアが出来るまで、唐揚げとワインを飲んで待ってもらいました。(唐揚げは画像取り忘れる)

a0029889_11196.jpg
ランチコースっぽく、かぼちゃのスープと帆立のブーギニョンバター焼き
ここでもスープにパセリを散らす前に写真を撮ってしまいました。シーザーサラダも画像がありません。(ごめんなさい)

a0029889_111163.jpg
今回有頭エビがお店4軒回ってもなくて、大きめのエビを使ったのですが、パエリアパンが大きいのでエビが小さく見えますね。お米は5,5合使いました。6名で食べてあっという間にパンは空に。
二人は、我家のパエリアは数年前に食べた事があり、年に数回作るそうです。

a0029889_13355181.jpg
デザートのケーキは、マーブルシフォンケーキ(コーヒークリーム添え)とチョコバナナケーキ。チョコバナナケーキは一緒に作る。(こちらも画像なし) キャラメルアップルパウンドケーキは前日に焼いてラッピングしてお土産用に。

a0029889_1340358.jpg
二人がお土産を持ってきてくれました。
一つは、和菓子屋大吾の「爾比久良(にいくら)」。

もうひとつが、兎の五徳。実はこれは以前から欲しかったもの。なんて偶然というか、思いが通じたのかしらと自分でもビックリ。
鹿児島の実家と妹の家にもあり、妹が、この上にガラスのフラットな皿を置いて室内装飾にしていました。
Hちゃん曰く、ガラスの器をワッカの中に置いて花器にしたり、ソースやクリームなどを入れたりもいいよでしょ、と。本来の五徳の使い道以外にも、いろいろありそうですね。
漆器屋さんに置いてあったそうで、一緒に漆器(小皿)も探してくれました。
兎とくればお月様。そうお饅頭をやお団子をのせてね♪とも言っていました。

Hちゃん、Mちゃん、気を使わせてゴメンね。でもすごーく嬉しかったわよ~ ありがとう!!
よく笑い、よく喋り、よく食べた午後。楽しかったね。また、遊ぼうね!!
[PR]
by soleiljap | 2007-10-11 11:00 | ◆ Party | Trackback
14回目のBirthday (つづき)
a0029889_1441570.jpg
一年ってあっという間ですね。
小さい頃からオテンバな娘はよく病院のお世話になりました。そのたびに心臓がえぐられるほど心配して、そして強くなっていったように思います。 
そんな娘も今年は14歳。14歳のお誕生日に渡そうとおもって随分前から準備していたものがありました。それは2冊の本。『14歳からの哲学』と『14歳の本棚』

14歳という年齢は私にとって思春期の入り口だったように思います。家族と自分、友人、恋(ミッション系だったので恋なんて出来なかったけれど)、生と死、夢…… この頃から、薄っぺらながら人生を考え出した時期でした。そんな思いを同姓の立場から娘にも話しておきたくて本と一緒に手紙を添えました。

テーブルについておめでとうの乾杯をして、手紙を読み始めた娘、途中、照れ笑いしながら天井を向いたまま顔を戻しません。
上を向いている娘に、泣いちゃだめよーというと、「だってー ママの文章……(うるうる)」
兄がそれを見て、「泣くな!、泣くなよ!」って。(笑)

さて、まずは恒例のお誕生日のケーキ。
今年はコレにしてね!と娘からリクエストがあったのはもう大分前。それでもお誕生日が近づいてくると、心が揺れて決めかねていたようです。私としてはマカロンを貼り付けたポップなケーキに再挑戦したかったのに、“石垣ケーキ”はまたいつかね♪とやんわり断られ、結局シフォンケーキの編み込みデコレーションに落ちつきました。

今回、室温が高かったことやチョコレートをいつもの半量にした事、手のぬくもり等で側面(半分以下)はギザギザの角が消えてダレてしまいました。よって側面はお見せできません。(スンマソン←古)


a0029889_12384057.jpg
お料理は、2週間前の息子の誕生日がフォークとナイフのお料理だったので、ここはさっぱりお酢を利かせた和食系。

そら豆のマリネ(勝手に命名)・・・そら豆にオリーブオイルと塩コショウ&レモン汁を絡めて暫く置いたもの。
手作りセルクルで抜いたお寿司・・・我家にある直径6cmだと小さすぎたので厚紙を丸めて7cmの型をつくる。
唐揚げ・・・いつものやつ
ロースト・ポーク・・・ビーフの替わりにポークを使いました。予熱なしのオーブンで入れておくだけで出来る簡単料理。
春雨のサラダ・・・こちらも定番。母から教えてもらったタレはずっと同じ配合。


a0029889_12591746.jpg
クリームは側面がダレて美しくなかったのですが、味は最高!(て言わせてね) みんながそれぞれに食べた瞬間、あー美味しいね~といってくれました。シフォンの何といってもソフトな食感と甘さを抑えたガナッシュがよかったみたい。沢山食べた後はこってりよりすっきりの甘さがいいのよね。

a0029889_1759335.jpg
1本から続いたロウソク、今年は14本。1本ずつ家族の思い出が増えてきたのね。家族みんなが元気で揃ってお祝いできる喜び。ささやかでも大事な時間。みんな、ありがとう♪

お誕生日おめでとう~~~♪♪ 素敵な14歳でありますように!

みんなからのプレゼント
[PR]
by soleiljap | 2007-06-06 23:00 | ◆ Party | Trackback
17回目のBirthday
a0029889_18214935.jpg
5月19日は息子の17歳の誕生日。子どもの日、母の日と外食続きだったので、家でお祝いをしました。

早いもので、もう17回目。青春真っ只中です。子どもから大人へ向かう思春期の息子へ、母としての思いは15歳の誕生日の記事で書いた通り、今もまったく同じ思いです。

中学にはいり、青春期の反抗を目の当たりにして戸惑っている私に、夫から「あなたね、もし○○がこの年齢で親にくっついていたら、そっちの方が変なんだよ」と言われた言葉は今でも覚えています。今考えると、あの時期が子離れの時期だったのでしょう。

社会が変り、取り巻く環境は変っても、昔も今も17歳の心は差ほど変っていないと思う。自然体で大切な時間を大いに楽しんで、時にはもがくこともあるでしょう、一度きりの青春を謳歌してほしい。

a0029889_2143316.jpg
さて、お料理は土曜日ということもあり、朝から準備。ゆっくりお花を添えたり、クロスやキャンドルの色を何にしようかなと考えたり、準備も楽しい時間です。

Bon Appetit ♪
[PR]
by soleiljap | 2007-05-20 15:50 | ◆ Party | Trackback
ひな祭りのケーキ
a0029889_452250.jpg
 この日、みんなお腹いっぱいで食べられなかったケーキはドーム状のデコレーションケーキ。

a0029889_4383743.jpg
 いつも繊細なお菓子作りで目を楽しませてくださるgomaさんのblog“パンの木ぷらす~備忘録”で可愛い「苺のドームケーキ」を拝見して、今年のひな祭りにはドームケーキを作ろうと決めていました。 
 専用の型を持っていないので、普段お料理やお菓子作りで使っているボールを使いました。18cm角の型でスポンジケーキを焼いて4枚にスライス。ボールにラップを敷いて、スポンジをパズルのように周りにはりつけ、ババロアを流し込んで、冷やし固める。
 スポンジの量もババロアも、ボールに合わせたレシピがなくて、お菓子のファイルから、これとこれと言う具合に適当に出して、ぶっつけ本番の実験気分。
 スポンジ、ババロアともに、余すことなくぴったりとおさまったので我ながら自画自賛。反省点はスライスしたスポンジにシロップを塗り忘れたこと。

a0029889_195134.jpg 中のババロアもデコレーションの生クリームもピンク。ババロアは苺をブレンダーでピューレ状にして、6分立ての生クリームを加えゼラチンで固めたもの。卵黄を使っていないのでとても簡単。
 デコレーションのクリームは生クリームにラズベリーのピューレを加えて色付けしました。昨年からある、アラザンと生のピスターチオをポイントに飾って出来上がり。
 こうやってでき上がったケーキも、お腹いっぱいで食べられないなんてことになると、ガックリ。でも翌日、「わー」 とか、「おお」 という声が聞こえると、やはり嬉しいものです。甘さ控えめ、フレッシュ苺がたっぷり入った冷たいデザートはどんどんお腹に入って、息子は3切れ、娘2切れ、夫と私は一切れずつ、あっという間に残りもわずか。これもすぐ翌日にはなくなりました。


a0029889_4304268.jpg

[PR]
by soleiljap | 2007-03-14 00:58 | ◆ Sweets | Trackback
お誕生日おめでとう♪
a0029889_9453734.jpg
 昨日(20日)は夫の誕生日でした。
 今週末から子供達のテストが続けて2週に渡ってあります。3月には雛祭りもあるし、ということで、ウィークデーでバタバタの準備でしたが、昨夜家族でお祝いをしました。

a0029889_10564980.jpg
 今回の料理は中華です。
 画像をみて気付いたのですが、セッティングが殺風景。キャンドルもすっかり忘れていました。おまけに画像が悪い。夜の撮影はいつものことですが難しい。

 メニューは、れんげ皿に車海老のピリカラ揚げ(創作)…はじめはエビチリの準備をしていたのですが、先日購入したれんげの小皿を使いたかったのでピリカラ揚げに変更。白髪ネギを乗せるのを忘れました。一人分ずつの前菜としてこの皿は重宝しそうです。皆の大好きな唐揚げ春巻きチンゲンサイのにんにく炒めは桜海老も一緒に炒めました。ご飯は中華おこわ。干し貝柱(ほたて)を戻して汁ごと使った、こくのある美味しいおこわができました。今朝、息子のお弁当にも入れました。
a0029889_10525633.jpg
 ケーキは皆も食べたいころかしら、という事で定番のレア・チーズケーキ。本当は私が食べたかったのです。今回はハートをラズベリーソースで描こうとしたのですが、おたまじゃくしになってしまいました。急きょ生クリームでデコレーション。
a0029889_12275128.jpg
 ロウソクの本数は四捨五入。自分の時は絶対にさせません!(笑) 
注:私の場合は四捨五入して6本にはなりませんのであしからず。

 Happy♪(*^ー^)ノ”iiii Birthday PAPA♪ いつまでも元気でお仕事がんばってね♪
[PR]
by soleiljap | 2007-02-21 12:55 | ◆ Party | Trackback
Tarte au Chocolat  (父の日のケーキ)
a0029889_11185565.jpg
本文の前にお知らせ。
***********************************
写真とそこ綴られている言葉がとてもステキな 「Filling...感じるままに」のblue_moon_rabbit さんが“井戸端「スキンカスタマイズ」”でblogのスキン編集についての資料をまとめて下さっています。今カスタマイズに悩んでいらっしゃる方、またこれからやってみようと思われている方、必見です。是非見にいってください。
***********************************
(ここから本文)
その昔、こどもたちが生まれた時、家族のお祝いには必ず手作りのケーキを焼いて、心をこめたお料理でお祝いしようと決めました。そして、子どもたちが大きくなった時、決してお金をかけず心のこもった贈り物が出来る子になって欲しいとの願いで、父の日に子どもと一緒にパパの似顔絵を描いて、メッセージを添えてプレゼントさせていました。
少し大きくなると、父の日には似顔絵を描くものと思ったらしく、自分で似顔絵を描いて手紙も添えるようになりました。そして大分大きくなってくると、似顔絵のかわりに自分たちで考えたプレゼントに手紙を添えるようになりました。プレゼントはいろいろ。学校でつくったペン立ての時もありました(息子)。庭で摘んだ花を小さなブーケにしてあげた年もありました(娘)。

今年、6月18日の父の日、当日になって考えている息子は本を贈りたいらしく、私にどんな本がいいか尋ねてきました。最近推理小説やミステリーが多い夫、東野圭吾なんていいんじゃない、というと急いで本屋へ走って行きました。娘はちゃんと前日に準備。中身は迷わずパパが大好きな豆。(笑) 夫はピーナッツと柿の種に目がない。

そして、私はいつものようにお料理とケーキ。

More
[PR]
by soleiljap | 2006-06-20 16:13 | ◆ Sweets | Trackback
13歳のBirthday Cake
a0029889_8294928.jpg
マカロンにクリームを挟まなかったのはケーキのデコレーションに使いたかったから。

★★ More (←Click Here)
[PR]
by soleiljap | 2006-06-08 10:50 | ◆ Party | Trackback(1)