タグ:デコレーションケーキ ( 61 ) タグの人気記事
母の日の思い出
小学校三年か四年の頃だったか、その年の母の日のプレゼントは自分のお小遣いでカーネーションを買おうと思いました。いくらだろう、貯金箱のお金で足りるかな、子どもながらに心配だったので、前日お花屋さんに値段を見に行きました。お店の人に値段を聞いてこれなら買える、明日の母の喜ぶ顔を想像しながら弾む心で帰りました。

翌日、花代を握り締め朝一番で花屋へ走りました。昨日と同じバケツの中のカーネーションに向かうと、なんと昨日見た値段が倍になっていたのです。立ちすくむとはこのことなり。結局手持ちのお金ではお花は買えませんでした。

家に帰ると、どうしたものかと色々考え、花紙でカーネーションを作ることにしました。薄いピンクの紙を数枚束ね、アコーデオンのように折っていき、真中を輪ゴムで止めて半分に折りしっかり止めます。折られた薄い紙を1枚1枚剥がすようにひろげると、花びららしくなって花ができます。裏側に糊で帯をくっ付け、お母さんありがとう、と文字を書きました。母は嬉しそうにその花を胸のところに一日中つけてくれました。

a0029889_937287.jpg母の日になると、花屋で立ちすくんでいた自分と、母の胸で揺れていた紙のカーネーションが思い浮かびます。

それにしても小さい子どもたちが、自分のお小遣いでお花を買いに行ってるだろうに、母の日に値段をあげるという理不尽さ。資本主義社会の不条理を子どもながらに感じたものです。

右の画像は、今年娘が自分のお小遣いで買ってきてくれたカーネーション。
コレで500円だそうでうす。(やはり普段より高く値段をつけているのですかね・・憤)




a0029889_23303763.jpg画像のケーキはレア・チーズケーキ。定番レシピに、ブルーベリーを煮つめたものを加え、台はクッキーのオレオ(クリームは除く)で作りました。これまでもプレーンやアレンジして紹介してきましたが(最近では昨年のクリスマス)、時々無性に食べたくなるケーキです。いつもφ22cmで作るのですが、今回15cmと12cmのセルクルで2個作り、12cmはプレゼント用にしました。

a0029889_14564024.jpg


※薄いピンクの紙はちり紙ではなくて花紙だそうです。訂正しました。(ぺこり)
[PR]
by soleiljap | 2006-05-15 22:41 | ◆ Sweets | Trackback
Saint Valentine’s Dayのケーキ
a0029889_18384377.jpg
今朝子供達と夫を送り出してから、久々にのんびりケーキを焼きました。一日遅れのヴァレンタインケーキです。こちらのレシピは昨年のバレンタインにつくった、“ランゴ・オー・ショコラ”の本に載っていたもの。
ガトー・ショコラと、クラシック・ショコラの違いがイマイチよく分からない私ですが、普段つくるガトーショコラよりはバターが少ない分、生クリームで軽さがでているような気がします。このケーキは配合のちょっとした違い、混ぜ方、焼きの温度や時間で微妙に食感が変わるケーキ。作れば作るほどいろんな味に出会えるケーキですね。
今回は、しっとりして、フォークをさすとホロっとくずれていく感じに仕上がりました。材料がいいので極上の美味しさ。

a0029889_192468.jpg
上に置いたコポーはチョコレートを溶かし天板(裏)に薄く塗って、冷蔵庫でかためたものを、スケッパーで丸く削って作りました。本ではもっとふんわりとした大きいコポーだったのですが、今回、シガレットみたいに細長くなってしまいました。(もう少し薄く塗るべきだったかな)
この手のケーキの特徴は、冷めると上がしぼんでしまうのですが、こうやってコポーや粉砂糖でデコレーションすると、またちょっと表情が変わっていいものです。

今年もチョコレートの力を借りて多くの女性が愛の告白をしたのでしょうか。母となっては、作る相手は家族やお礼チョコで渡す他人さまだけですが、これも中々いいものですよ~(笑)。

**************************
このところとても忙しく、皆様の所へもゆっくり伺えないない状態です。時間ができましたら、また伺いたいとおもいます。大分暖かくなって参りましたが、まだまだ寒暖の差は激しいです。どうぞ皆様、体調を崩されませんように。
[PR]
by soleiljap | 2006-02-15 22:00 | ◆ Sweets | Trackback(2)
かぼちゃのタルト
a0029889_1735219.jpg
グレースというお店をご存知ですか?
東京の西荻窪の閑静な住宅街にあるケーキとお茶のお店です。といっても私はまだ一度も行った事はなく、この本を手にするまでそのお店の存在すら知りませんでした。
先日、図書館で、ここグレースで出しているお菓子のレシピ本をみつけました。手に取った瞬間から引き込まれ座り込んで読みふけってしまう程、とても魅力的な本です。

それぞれのケーキに、そのケーキが生まれた生い立ちが添そえられ、お店の中で撮られてた画像は、ふんわり優しい空気につつまれていました。オーナーの思いがそこかしこから伝わってくるようです。
是非食べてみたいと思いました。でもすぐに行ける距離ではない。それならば作りましょう。

a0029889_16295033.jpgさっそく作ったのが、お店でも人気だという「かぼちゃのタルト」です。

タルト台を焼いて、かぼちゃのムースを流し、冷たくひやしていただくケーキです。タルト台はバターの他にショートニングをいれるのでサクサクでしっかり歯ごたえがあります。

a0029889_16453781.jpgフィリングに使うかぼちゃは、味が安定するという理由で冷凍が使われていましたが、生を蒸して使いました。ホイップした生クリームとメレンゲを加えるムース系のフィリングです。

仕上げの生クリームに、回転台で回しながら、三角コームで模様をつけるのですが、両方とも持っていません。よってギザギザ模様は、娘が小さい時遊んでいたギザギザハサミで厚紙を切ったものをつかい、回転台は仕方ないので身体をひねりながら(笑)模様をつけました。

写真を撮り終えたら続けて子どもたちが帰ってきて、息子は1/4ペロリと食べてしまいました。
「フィリングだけでもとても美味しいです」と書かれてあったので、多めにつくり容器にいれて冷やしました。

残ったフィリングで
[PR]
by soleiljap | 2005-11-03 07:00 | ◆ Sweets | Trackback(2)
7人のお友達とHappy Birthday
a0029889_233528100.jpg
振りかえ休日だった昨日、我が家で娘のお友達を呼んでお誕生パーティをしました。これはずっと前からのお約束でした。

我が家の5月、6月はイベントが集中、今年は色んな仕事も重なり、家族以外のお誕生会は止めうと思っていた。4月の末に娘が骨折で入院していた時、お見舞いに来てくれたお友達が「お誕生日もうすぐだね。早くよくなってね。」とメッセージをくれた。
娘の、「ママお願い!」の声に私の心もグラっと揺れる。「○○ちゃんのママのケーキ、いつも楽しみなの♪」というお友達からの言葉を耳に挟んだりすると、さらにグラっとくる。

小学校最後の年だし、いつもお友達のパーティにお呼ばれしてるし、中学生になったらもうこんなお誕生パーティーはやらなくなるだろうし(息子の場合がそう。)ここは頑張るしかないかな。
a0029889_0441866.jpg

というわけで、ランチを挟んで軽い軽食とケーキメインのメニュー。12時30分スタートだったのですが、12時にはみんなぞろぞろと集まって来た。ケーキがテーブルにのると子供たちからの、「うわぁ~、美味しそう~!」「早く食べたい~」と、疲れも飛んでいくウレシイ声。

ケーキは、先日ハワイ在住の aroomwithaviewさんが作られた素敵な四角いバースディケーキをみて、今はすでに帰国した息子の親友(オーストラリア人)のお誕生パーティーのケーキも四角だった事を思い出し、今回焼いてみました。

a0029889_0443764.jpga0029889_0445486.jpg
前日の夜焼いた下の台。四角い型用のレシピではなかったので、型が大きすぎたせいか高さがでなかった。スライスして中にフルーツをサンドしても低いと判断。当日の朝急きょ2段にすべく、ひと回り小さい型で焼く。いつもの準備万端からみると、いささか行き当たりばったりの感。
スポンジがフワフワなので、スライスした生地を持ち上げるのが大変。そして毎年この時期から姿を見せなくなるイチゴですが、ありました!(嬉)早速トッピングに・・・しかしひとパックしか買わなかったのでたくさん飾れなかった。(準備があまいだと連鎖しますね。)

もう一つは、子供たちも大好きなカスタードプリン。いつも子供たちのパーティーではデザートを2種作る。今回のデコレーションケーキとプリンの組み合わせは中々いいかも知れない。

★★全体の写真
[PR]
by soleiljap | 2005-06-07 10:37 | ◆ Party | Trackback
12歳のお誕生日
a0029889_9584821.jpg
昨夜はバタバタと働き通しで、PCの前にも座れずそのまま寝てしまいました。たくさんのコメントありがとうございます!すぐにお返事したいのですがこれから学校の行事で出かけます。夜ゆっくりお返事させていただきますね。

さて6月1日は娘の誕生日でした。家族全員が揃う日がなく、昨夜二日遅れのお祝いをしました。編み編みデコレーションはこの日のケーキだったのです。

a0029889_11102135.jpg6月生まれの彼女は、お誕生日の頃ちょうど苺がなくなる時期で、ケーキのトッピングはいつもさくらんぼでした。
PCに入っていた画像。2歳のお誕生日です。この時、デコレーションのさくらんぼを何度もつかみそうになって、夫が別のさくらんぼを一個手に持たせました。ロウソクに火をつけると興味を示して吸いこまれるように近づいて何度離したことか(笑)。火やロウソクの情報が頭にインプットされてないのですね。
この頃はおしゃべりも片言できるようになって、表情も豊かになり可愛い頃(親ばかです)。あれから10年、月日の流れはあっという間ですね。
これからどんな女の子になっていくのでしょう。(オテンバであることは間違い無い)

a0029889_2303062.jpg毎年おじいちゃんとおばあちゃん、そして叔母さん(私の姉)からプレゼントが届きます。
今年のプレゼントはピンクのワンピースとレースのボレロでした。
皆の願いはやはりレディー!(笑)





昨夜の写真はピンぼけ、設定ミス、なにより腕不足なんですが、よく撮れていませんでした。
お料理の写真も何点かあるのですが、取りあえずテーブルの写真をアップします。

★★More (←Click Here)
[PR]
by soleiljap | 2005-06-04 10:42 | ◆ Party | Trackback
シフォン編み込みデコレーション と その行程・・・
a0029889_8511259.jpg
先日の息子の誕生日に作った編みこみデコレーションで、皆様から「どうなってるの?」というご質問が沢山あったので、今回はシフォンケーキの編みこみデコレーションです。

a0029889_11143957.jpg今回のシフォンは、ラズベリーを加えました。しっかり高さもでてまずまずの出来。焼きあがってしっかりさめたシフォンに生クリームを薄く塗ります。
今回分かりやすいように、縦糸と横糸を意識して、ホワイトとピンクのラズベリーの果汁を混ぜた生クリームを用意しました。(しかし画像では色が不鮮明)

a0029889_137429.jpg神経を集中して最初の絞り出しはピンク。これからずっと縦糸となります。(右が今回使った幅8㎜の口金)
中心から放射線状に描いていくので外周部分の広がりを考慮し、なるべく小さく、隙間を空けながら縦に絞っていきます。(トップ画像)
1周終わって、ここで撮影。

次はホワイトで隙間に横糸を絞って行く作業。

作業は続く
[PR]
by soleiljap | 2005-06-03 12:17 | ◆ Sweets | Trackback(3)
いちごの誕生日
a0029889_11414712.jpg5月19日は息子の誕生日。
彼の伯母さん(私の姉)からのプレゼントに添えてあった「いちご」の文字に、いろんな思いが込み上げてきた。(箱の中は息子にはもったいないブランドの財布)

「いちご同盟」 三田誠広(著)  15歳を「いちご」とよんで、青春時代の揺れる少年の心を描いた小説。息子が15になったら、プレゼントしようと思っていた。13(中1)の時にすでに読んでいた。(笑)

a0029889_16242974.jpg15歳から二十歳、多少の差はあるけれど、青春の真っ直ぐでひたむきな心から少しずつ大人への世界へと向かう時期。沢山の素敵な人に出会って、沢山の本を読んで、お友達を大事にして、夢に向かって歩いてって欲しい。これから出会うであろうさまざまな疑問や葛藤、そこに生まれる青春の心象風景を思うとき、あらためて15という年を母として感慨深く思う。



さて、お料理は、

a0029889_13481051.jpg
夫の提案でふぐ料理もあがったのですが、息子の「ママの料理もいいな・・・」で、息子の大好きな手巻き寿司です。
a0029889_1493010.jpg


そしてお決まりのケーキ
a0029889_1593752.jpg
15回目のバースデーケーキは、チョコレートコーヒーガナッシュの編みこみデコレーション♪

彼の1回目のバースデーケーキは口当たりの良いものをと、クリームチーズケーキのデコレーションだった。
意思もはっきり主張するようになった3歳のリクエストは「黒いケーキ」。
黒??? それまで市販のお菓子を食べさせなかった息子も、だんだんと社会が広がり、よそのお宅でチョコレートというものを味わった。彼はその初めて口にする魅惑的な食べ物を「黒」と表現した(笑)。

a0029889_15464514.jpg
今日はその「黒いケーキ」。ガナッシュにコーヒーとリキュールをきかせたちょっぴりビターな大人?のチョコレートケーキ。
編みこみのデコレーションは2回目です。最初の挑戦はこちら。ちょっと上達したかな♪
a0029889_1547739.jpg
                 ♪Happy Birthday to you♪♪

★★おまけ
[PR]
by soleiljap | 2005-05-20 16:07 | ◆ Party | Trackback
5月8日は・・・
a0029889_1433296.jpg
5月8日は「母の日」、いつもこの日は外食となる我が家。でも今回は、娘の入院の為に出来なかった「子どもの日」と「退院のお祝い」、この三つを一緒にすることにした。
ケーキは、以前紹介したことのある「千葉好男氏のレシピ本」から、『タルト・オ・セット・フリュイ』。七つのフルーツのタルトという意味。
使ったフルーツは、苺、ブルーベリー、キウイ、オレンジ、ラズベリーの5種類。よって「タルト・オ・サンク・フリュイ」と言うべきかな。

タルト生地を型に敷き詰め、その上にクレーム・ダマンドを敷く。そうすることで焼きあがった台は一見同じ生地のように見えるけれど、底がさっくり、上が柔らかいという、二種類の味と食感を味わえる。カスタードクリームと生クリームを混ぜたものを絞り、季節のフルーツをのせた。盛り付けも楽しいちょっと贅沢なタルト。

a0029889_135236.jpg
料理はいつもの定番メニュー。
先日娘の入院中に、「退院祝いには何が食べたい?」と聞くと、 即答で、「パエリアと唐揚げと、蛤のブーギニョンとシーザーサラダ」 ときた。全て我が家の定番中の定番である(笑)。目を閉じても作れるものばかり・・(冗談です)。blogのネタとしては面白くないが、ここはblogより、勿論彼女の為に作ることにした。

a0029889_9173431.jpga0029889_9291121.jpgおじいちゃんおばあちゃん、叔母さんから恒例の子供の日とお誕生日のプレゼントが届いた。いつもいつもありがとう。



子供達が花束と手紙をくれた。娘が片手で花を渡したので、思わずいつもの調子で 「左手は?!」・・・ごめん、骨折してただんだね~。(汗笑)

★★お料理の単品の写真。
[PR]
by soleiljap | 2005-05-09 23:47 | ◆ Party | Trackback
早春のケーキ エミール
a0029889_158525.jpg
子供たちの春休み、読書熱、迫るピアノの発表会(と言っても弾くのは子どもたち)、花粉症・・・諸々が重なってネットから遠ざかること1週間。大変ご無沙汰いたしました。
沢山のコメント、TBありがとうございます!お返事が遅くなって申し訳ありません。

さて、こちらは『エミール』という名のケーキ。 (名前の由来は不明です)
春の萌黄立つ若葉をイメージすると、このようなケーキになるのでしょうか・・
以前作った “レーリュッケン” や “モザイク・ロール”、最近良く作るガトー・ウィークエンドが載っているおなじみの3分クッキングのテキストから、是非作りたかったお菓子です。

早春を思わせる若草色の抹茶のクラムをつけ、テキストではマジパンの花でしたが、昨年、春になったら使おうと買っておいた“リラの花の砂糖漬け(クリスタル・リラローズ)”を回りに飾りました。クラムはスライスした余分なスポンジを低温のオーブンで乾燥させ、細かくして抹茶と混ぜました。

a0029889_159166.jpga0029889_1582724.jpg

中もテキストではバタークリームにプラリネを散らしたものでしたが、抹茶のムースにして、より爽やかに春らしくなったかな。(実はバタークリームを作りたくなかったの・・・へへ)

■便利なお菓子用語集牽引つき → こちらから
----------------------------------------
※最近blogへ来れる時間が無く、スピーディーにお返事が出来ません。お返事が遅くなると思いますがお許し下さい。
[PR]
by soleiljap | 2005-04-02 09:07 | ◆ Sweets | Trackback
ひな祭りParty 2005 (お寿司のデコレーション)
a0029889_8151111.jpg
東京は朝から雪です。時折激しく降ります。このまま降り続けば、交通機関に影響がでるのではないでしょうか、皆様どうぞお帰りお気をつけくださいね。

さて、昨夜はお雛祭り。昨年のお祝いは皆が揃わず日をずらしましたが、今年はちゃんと三日にお祝いが出来ました♪

a0029889_11503995.jpga0029889_1138753.jpg
例年同じメニューになるお雛様。お寿司と蛤のうしお汁、菜の花のおひたし、この三品は定番。で毎年、娘に何が食べたい?と聞くと、答えはいつも『唐揚げ』。やはり今年も唐揚げでした。(笑)
ならば、いつもの散らしを押し寿司にしてみました。飾りつけは作りながら考えました。作りながらイメージがどんどん出てきて、かなり楽しみながら作りました。
初節句から、ひな祭には毎年、母が持たせてくれた和服を着せていたのですが、昨年は引越しの準備等で着せられず、今年も日をあらためて着せる予定です。本人はちょっと残念そう。
夫も、「着物着ないの?」と聞いていたので、やはり楽しみにしていたようです。
a0029889_8341766.jpg

Menu:スモークサーモンの押し寿司、唐揚げ、茶碗蒸
     蛤のうしお汁、菜の花のおひたし、京菜と酢だこの和風サラダ
飲み物:白酒(お子様用)
冷酒も用意したのですがお酒に弱い私達、子どもの甘酒で十分。(笑)
a0029889_1033648.jpg
ケーキは苺のシャルロット。中は苺とラズベリーのババロア。桜餅も作りたかったのですが、娘は餡子が苦手。いつか好きになってくれるといいのですが・・
食事でお腹いっぱいになってるはずなのに、みんなデザートまでしっかり食べました。お腹いっぱい。
a0029889_1182611.jpg

[PR]
by soleiljap | 2005-03-04 12:51 | ◆ Party | Trackback(6)