タグ:レシピ ( 43 ) タグの人気記事
チョコレートサラミ  ※簡単レシピ
a0029889_20441365.jpg
遠目から見ると、まるで本物のサラミのよう。 
火を使わずに作れる簡単お菓子は、忙しいアナタ(私)にぴったり♪ 火を一切使わず、あっという間に作れるスイーツです。作り方は以下の通り。 

チョコレートをレンジでチンして生クリームと香りづけに洋酒を少し加えよく混ぜ、準備しておいた市販のビスケット(手で砕く)、ピスタチオ、オレンジピール(粗く刻む)、マシュマロ(1㎝角に切る)等を加え、全体を合えてラップで棒状に包み冷蔵庫で冷やす。固まったら粉砂糖をまぶす。

今回作った分量は、チョコレート100g、生クリーム大匙1、洋酒少々、ビスケット20g、マシュマロ15g、ピスタチオ15g、オレンジピール20g・・・(中に入れる物はお好みで)
※チョコをレンジで溶かす時、耐熱器に入れラップで覆い、まず500Wで1分、様子を見ながら少しずつ溶かしていく。(勿論、湯煎でもOK)
※チョコレートが熱いとマシュマロが溶けるので、マシュマロは最後に入れる。
※2等分にしラップでサラミ状に包みます。

a0029889_2049197.jpg

久しぶりにお菓子をつくりましたが、あっという間に作れるので、作ったぞ!という充足感はあまりなく、でもとっても美味しいです。
子どもたちも美味しいと大喜びで食べていました。 夫は口に運ぶまでサラミだと思っていたようです。
明日は、また別なものを作る予定です。(こちらもとても簡単)
a0029889_23424775.jpg




ランキングに参加しております。足跡かわりにクリックいただけると嬉しいです。



ブログランキングへ
* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2017-02-11 23:25 | Trackback
錦卵 (おせち) *recipe 
a0029889_2142116.jpg
家で作るお節料理の中の一品で錦卵(二色卵)があります。

紅白がおめでたい色のように、黄色と白も金銀にみたてられ、おめでたい色とのこと。
もともとお節の食材の彩りは華やかで、赤白黄緑黒と全ての色が網羅されていますが、錦卵の黄色は格別。
重詰めが楽しくなる欠かせない一品です

a0029889_21401213.jpg
作り方も至って簡単。 今回は電子レンジのスチーム機能をつかったので、蒸し器を出すこともなくあっという間にできました。

a0029889_0364637.jpg
道具は画像のような型と、裏ごし器。

写真の型は私が結婚当初に買ったもので、新しそうに見えますが20年以上使っているもの。
押し寿司用の型ですが、ずっと錦卵用に使っています。 前回、とうとうバラバラに外れてしまい、今年は凧糸で縛って使いました。(笑)

More機能にレシピを記しておきます。

★錦卵の作り方★
[PR]
by soleiljap | 2015-01-05 00:28 | ◆ おせち料理 | Trackback
*Recipe チョコチップクッキー
a0029889_0202212.jpg
娘が先日につづき、再度クッキーを焼いてくれました♪ ^^v (Vサイン母)

実は、先日久々に焼いたクッキーでいくつか課題を残しました。
●焼きの温度と時間‐‐‐昨年夏にオーブンをかえた
●粉を混ぜ過ぎて生地が固くなる‐‐‐久々のクッキー作り
●砂糖の量‐‐‐個人にはちょうどいい甘さも、人に食べてもらう時はもう少し甘くてもいいかもね。
という3つ。普段なら気にもしない娘も今回は納得できなかったのでしょうか、(それとも暇だった?)私が気付いた時には、もうオーブンで焼いている最中でした。

遊びに来ていたお兄ちゃんのGFに焼き立てを食べてもらい、帰り際に「おいしかった♪」と言われて、とても嬉しそうでした。
a0029889_234850.jpg
レシピを下に書きました。材料を混ぜて焼くだけの簡単クッキーです。是非、お子さんと一緒に作ってみてください♪


チョコチップクッキー

<材料>
・加塩バター ・・・ 115g (室温に戻す)
・上白糖    ・・・ 70g
・ 卵      ・・・ 1個
・チョコレート ・・・ 70g (包丁で細かく砕く)
・薄力粉(ヴァイオレット) ・・・150g (ベーキングパウダーと一緒に2回ふるう)
・ベーキングパウダー ・・・小さじ1/2
・バニラオイル ・・・2,3滴

<作り方>
①バターに砂糖を3回に分けて加え、ホイッパーでその都度すり混ぜる。
②ほぐした全卵を少しずつ加えながら混ぜる。バニラオイルも入れる。
③一緒にしてふるっておいた薄力粉とベーキングパウダーを一度に加え、ヘラでザックリ混ぜ、粉っぽさが残る程度で砕いたチョコを加え、全体を混ぜ合わせる。
(※ここでオーブンを170℃に余熱)
④オーブンシートを敷いたトレーに生地を等間隔にスプーンでおく。焼いているうちにバターが溶けて平らになるので、間隔をおいて山高におく。(娘は2枚のトレーに26~27個置いていました)
⑤170℃のオーブンで24,5分焼く。(オーブンによって焼き具合が異なるので、トレーを上下、前後入れ替えながら最後はみてください)
[PR]
by soleiljap | 2012-01-10 12:53 | ◆ Sweets | Trackback(1)
*Recipe バーチ・ディ・ダーマ(貴婦人のキッス) 
a0029889_7552594.jpg
居間から見える富士山と丹沢山系の山々はいつも私に元気をくれます。
夕景は特に美しく、オレンジに染まった空に浮かぶ山々を見ると、一日の疲れもどこかへ飛びここから癒されます。

朝陽は残念ながら見えませんが、でも、お天気のいい日はそこかしこで昇っているであろう太陽を感じることができます。明け方、真っ白な富士山がピンク色に染まり、音のない世界に少しずつ光が降り注ぎます。

今朝もそんな風景。ぼんやりとした風景に突然光が差し込んで、コンクリートのビル群に光と影のコントラストを作っていました。それはまるで絵のような輝きでした。

「ほら、街が印象派の絵画みたいよーー」と、寝ぼけた子どもたちにいつものお決まりのフレーズ。


さて、先日子どもたちに、また作ってね、と言われていたクッキーを焼きました。
フード・カッターに材料を入れてガーーと混ぜ、丸めて焼くだけなのですが、レシピに起こすとこうなりました。↓ 簡単で美味しいので是非作ってみてください。

*******************
バーチ・ディ・ダーマ(2個合わせたものが15~16個)

【材料】
・無塩バター ・・・・・ 50g  (※サイコロ状に切って冷やしておく)
・アーモンド・パウダー・・・・50g
・薄力粉 ・・・・・ 35g
・強力粉 ・・・・・ 15g
・シュクレーヌ(極微粒グラニュー糖) ・・・ 40~50g (※中に挟むもので甘さを調節)

【作り方】
① フードプロセッサーに材料全てを入れ、バターが粉になじんでサラサラになるまで攪拌。
a0029889_10201642.jpg② ボールに移しひとまとめにして、1個6gの球に丸める。
(32~3個作れる)
※私は秤に6の倍数(6→12→18→24→30・・・)で乗せていき、それを1個ずつ丸めます。。
③ 冷蔵庫で30分以上休める
④ 電気オーブン180℃で4分、160℃に下げて14分程焼く。ほんのり色づく程度。
※各家庭、オーブンによって焼け方が違うので、最後の方は注意してみてください。
⑤ 中に挟むものはお好みで。
スタンダードのチョコは・・・チョコレート45gを湯煎で溶かし、クッキーに挟む。チョコが固まるまで暫くおく。

【追記】2009/6/22
フードプロセッサーを使わない場合はボールにサイコロ状に切った冷たいバターと粉(強力粉+薄力粉)を入れ、指でバターをつまむように粉と摺り合わせ、バターの塊がなくなるまでサラサラの状態にする。
その後にアーモンドプードルとシュクレーヌを加え、全体を良く混ぜ合わせます。


*******************

あっという間に12月。ぼやぼやしていたら、すぐにお正月。
お忙しい時期、皆様もどうぞお気をつけてお過ごしくださいね。


■2009/1/13 改正: シュクレーヌ → シュクレーヌ(極微粒グラニュー糖)
[PR]
by soleiljap | 2008-12-03 10:32 | ◆ Sweets | Trackback(2)
*Recipe  胡桃のショートブレッド

お待たせしました。ショートブレッドのレシピを載せておきます。6回作りました(笑)
a0029889_847030.jpg


胡桃のショートブレッド

【材料】
・有塩バター      95g
・砂糖(シュクレーヌ) 40g
・薄力粉  140g  
・強力粉   30g
・クルミ   37g  

*胡桃は170℃のオーブンで7分30秒ロースト後、細かく刻んでおく。
*バターは1㎝角に切って冷蔵庫で冷やしておく。
             
【作り方】
① フードプロセッサーに粉と砂糖を入れスイッチを2~3回押し混ぜ合わせる。
② バターを加え、短くスイッチを押しながらバターが粉になじみサラサラになるまで混ぜる。
③ ボールに移し、刻んだ胡桃を加え全体を混ぜる。
④ 型に生地を入れ、スプーン(大)の背で押さえながら固める。型から出してラップに包む。
※粉がサラサラでも、押えていくうちに固まってきます。
※底が抜けない型の場合はラップを敷いた上に生地をのせ固める。
⑤ 冷蔵庫で2時間以上冷やす。
⑥ 好みの大きさにカット。フォークなどで模様の穴を開け、140℃のオーブンで30分、130℃に下げて20分焼く。(total 50分) 
※焼きあがっても、そのままオーブンの中に放置。(20分程)

★ フードプロセッサーがない場合は、指ですりつぶしながら粉とバターをサラサラにする。
★ シュクレーヌ(極微粒グラニュー糖)がない場合は上白糖で代用。
※普通のグラニュー糖は出来上がりがザラザラした食感になるので不向き。
私は、自家製バニラシュガーを使用(※使用済みのバニラのサヤとグラニュー糖をミルサー(メーカー名)で細かく砕いたもの)。
★ 冷蔵庫で生地が硬くなった場合、20分ほど常温にだしてから切ると綺麗に切れます。
※生地をやわらかくした場合、カット後一度冷蔵庫へ入れて冷やしてから焼く。



a0029889_2334359.jpg←ココア生地は、薄力粉で調節。 
※120g+ココア20g=140g



↓ スタイリッシュ型に入れると高さ約2センチになる。

a0029889_23381669.jpg

中に入れるものをアレンジしてもいいですね。 
美味しくできますように♪ 
[PR]
by soleiljap | 2008-10-21 23:59 | ◆ Sweets | Trackback(1)
*Recipe 珈琲ゼリー 
a0029889_21443831.jpg
焙煎したての珈琲をいただきました♪ 郵便やさんから手渡された封筒からただよう珈琲の香り。その瞬間、リラックスモードに入ってしまうから、コーヒーのアロマ効果たるやスゴイ。

豆の選別から手作業で、大事に大事に焙煎された珈琲豆。美味しくいれなければバチが当たります。(笑)
すぐに封を開けて、電動ミルで細かくする。手動のミルならもっと香りを楽しめるのですが、・・・残念。
まずはホットで。ネルでじっくり時間をかけて煎れたいところですが、ペーパー。 
お、美味しい!!
次は濃い目に入れて珈琲ゼリーにしました。ガムシロップも生クリームも常備してあるので、シンプルにかけていただく。

実は、最初に作ったものは家族全員にあっという間に食べられてしまい、今朝、再度作りました。美味しい豆ですもの当然ですね。

nasukaさん、とっても美味しかったです。ありがとうございました。次はムースの予定。上手く出来たらアップしますね。

簡単すぎてレシピと言うほどのものではないですが、我が家の配合です。


     珈琲ゼリー

【材料】
・濃い目のコーヒー ・・・・・・・・ 500cc
・板ゼラチン(1枚1.5g) ・・・・ 5枚
・グラニュー糖    ・・・・・・・・ 大さじ2

・シロップ ・・・・・ 鍋に砂糖100g、水200ccを入れ、火にかけ煮とかし、冷やしておく。
・生クリーム ・・・適宜

【作り方】
① 板ゼラチンを水でふやかしておく。
② 濃い目のコーヒーを煎れ、コーヒーが熱いうちに砂糖&水気を絞った板ゼラチンを加え、よく混ぜる。(冷たくなったコーヒーは温める。※沸騰はさせないこと)  
③ お好みの器に入れ冷蔵庫で冷やす。(4時間以上)   
④ 固まったら、シロップ、生クリームをかける。生クリームでデコレーションしたらお洒落なデザートに。

※シロップはアイスコーヒーや、アイスティーのガムシロップとして使えます。我が家は杏仁豆腐のシロップとしていつも常備しています。
※ゼラチンは板(1枚1.5g)を使うので、粉ゼラチンでの硬さはどの程度になるかわかりません。
 
-----------------------------------
飛んできたブラ○○ーのその後。
管理人さんの所へそのまま持っていくには抵抗があったので、今朝ジョギングの帰り、管理人さんに会った時に、その旨話すと、これまでも失くした人が取りに来たことはないとの事。処分してもいいですと言われたので、すぐにゴミ箱へ。一件落着。
[PR]
by soleiljap | 2008-07-17 22:55 | ◆ Sweets | Trackback(1)
*Recipe マカロン 
a0029889_0122883.jpg
 レシピの前に私としては外せない話題を。
 昨日の第一回東京マラソンは冷たい雨の中すごい人でしたね。
 マラソンはよく観ます。ただ走るという地味な競技ですが、最後は自分との戦い。42.195kの過酷なレースの中で「やーめた」 と降りる事は簡単。それでも走り続けることは、私にとって尊敬のなにものでもないのです。
 スポーツに限らず全てにおいて極めるということは努力や忍耐なくしてできるものではありません。人間は追いつめられた時にこそ、しっかりと見据え自分と対峙することが勝利に繋がるのだと思います。
 持久力を要するスポーツにおいて、同じように肉体を鍛え、万全の準備で挑んだレースでも勝敗を分けるのは最後はやはり精神力。苦しい道のりの中で、浮かんでは消える内なる声を聞いてみたいです。

 どこまでも自分に甘い私は、走るという行為のその奥にある沢山の学びを感じ取りたいために、いつもマラソンを見ているのかもしれません。
(いつか走りたいという思いもあるのですが…笑)

 今回の東京マラソン、フルと10kがあったのですが、朝のニュースによると96.7%の人が完走したそうです。応募人数も3万人募集に7万人以上の応募があったとか。マラソンへの人気は高まってきているのでしょうか、NYマラソンやホノルルマラソンのように東京マラソンも定着して欲しいです。

 実は私たち夫婦は数年前、区民マラソンに参加したことがあります。一番短い5kのコースでした。走る前までは、お祭り感覚でみんなで一緒に手をつないでゴールするのだろうと思っていたのですが、スタートラインに立って回りを見渡すと、歳は同じ位なのに全員プロ並に鍛えている人ばかりでした。(笑) 上位の人たちのタイムは5Kを20分ちょっとで走るつわもの達。
 子どもにも両親の走る姿をみてほしかったので、スタート前に、「ママとパパがここ(ゴール)へ戻ってくるから、二人でここで応援してね」 と言って走ったのですが、夫よりかなり遅れてゴール前に着いた時、子ども達の姿は見えませんでした。待ちくたびれた二人はどこかへ遊びに行ってしまったのです。(爆)

 今から準備したら来年の東京マラソンには間に合うかしら、どなたか一緒に走りません?(ウソです) 

a0029889_992642.jpg
 お待たせしましたマカロンのレシピです。
 元々のレシピはシンプルなものを探していた時見つけた、ダロワイヨにいらしたパティシエのレシピを参考にさせていただきました。
 そのままの量で作ると、家庭用のオーブンに2段分になり、温度調節の繊細なマカロン、1段にして焼くほうが無難なのでトレー1枚分でできる量にしました。さらになるべく無駄のないように卵1個分で作れるようにし、甘さも少しだけ控えてみました。
 抹茶のマカロン以降、ずっと同じレシピで作っています。

*レシピはこちら
[PR]
by soleiljap | 2007-11-05 23:10 | ◆ Sweets | Trackback(10)
*Recipe 洋梨とりんごのクランブル
a0029889_22243432.jpg
果物が美味しい季節です。先日買った洋梨、少し硬めだったので暫くおいていたのですが、食べごろになっても誰も食べてくれない。こういう時はお菓子にした方が皆食べるはず。

冷蔵庫に残っていた林檎1/2個と、洋梨2個で、“洋梨とりんごのクランブル”を作りました。

a0029889_1358201.jpg
以前紹介した、“洋梨とバナナのクランブル”からさらに試作を重ねて、また美味しくなった(と思う)クラム。バニラシュガーを入れることで、ふんわり優しい味になりました。

今回は洋梨とりんごでしたが、いちじくも美味しそうです。
※手作りバニラシュガーはricetteさんのblogをご覧下さい♪

a0029889_754243.jpg


*レシピ
[PR]
by soleiljap | 2007-10-23 11:11 | ◆ Sweets | Trackback
*Recipe 小豆餡の花巻き と 今朝の富士山 oishii
a0029889_23333771.jpg
寒くなると肉まん、あんまんが恋しくなる、と誰かさんが言っていたので。先日も作った花巻きを今回は餡を入れて作ってみました。餡は冷凍しておいたもの。やっと使いきる(嬉)。
(画像は2次発酵前のものです)
a0029889_2334183.jpg
中華の花巻きには伝統の巻き方ってあるのかしらね。細かいことは気にしません。工作気分で楽しく巻きました。こんなパンありますよね。
蒸篭からモクモクと上がる湯気と一緒にただよう小麦粉とイーストの匂い。この瞬間がまたいいもの。
a0029889_2334159.jpg
そして、出来たてを食べられるのも、作った者だけに与えられる特権。(家族がそばにいたら別ですけど・・・笑)
ごちそうさまでした♪ すごく美味しかったのですが、餡が手につくのが難です。

レシピは、先日初めて花巻きを作ろうと思って、以前紹介した中華まんのレシピを引っ張り出したのですが、スキムミルクを切らしていて、スキムミルクなしで作ったら、これも美味しかったのです。
今回の作業でさらに微調節して配合をまとめました。よかったら皆様も作ってみてください。
巻き方はいろいろあるみたいなので、いろいろ作って教えてくださったら嬉しいです。



a0029889_814178.jpg
今朝7時前、台所で朝食の準備をしていると、カーテンを開ける音といっしょに、夫の「富士山が見えるよ」の声。

いつもと変らない富士山なのに、毎回心踊るほど嬉しい。
久々に姿を現した富士山は、霞の中でほんのり雪化粧をしていました。大きな空には雲がまるで水墨画のようににじんで、水色の空を透かしていました。上手く撮れなくてごめんなさい。(クリックで大きくなります)
その富士山も朝9時には、すっかり雲に隠れてしまいました。

皆様も素敵な一日をお過ごしください。寒いので温かくしてね♪

*花巻きのレシピ
[PR]
by soleiljap | 2007-10-20 10:28 | ◆ パ ン | Trackback
*Recipe 芋きんつば
a0029889_21142416.jpg
急ぎ足で冬が近づいてきたような週末でしたね。関東は朝から冷たい雨。
外出された方はきっと寒かったのではないでしょうか。どうぞ温かくしてくださいね。

出かける予定のない日曜日は久々にお菓子作り。
先日の十五夜で沢山買っておいたさつま芋と、残った餡子で「芋きんつば」を作ることに。
全て材料は家にあったので、あっという間に出来あがりました。

レシピは、以前のせた「芋きんつば」をご覧くださいね。
前回はお芋を潰しただけでしたが、今回は裏ごししてみました。
餡子とお芋って合いますね。
a0029889_2131933.jpg

[PR]
by soleiljap | 2007-09-30 23:17 | ◆ Sweets | Trackback