タグ:季節の行事 ( 49 ) タグの人気記事
鏡開き
a0029889_2325245.jpg
今日は朝から出ずっぱりの一日でした。 先ほどPCをつけてびっくり!なんと昨日、非公開で画像だけアップしたつもりが、なんと公開になっていた。 記事は後ほど書きます。

まずは今日の鏡開きの画像から。 今朝、いただく前に撮りました。 
ブログを初めて、何回この鏡開きの記事を書いたことでしょうか。 我が家のおせちと七草粥と鏡開きは年初めのお決まりの行事。 11日の鏡開きを終えて、やっと我が家のお正月は終わります。 

a0029889_23313744.jpg
こちらの可愛い三猿の彫りがほどこされた丸盆は、今年の干支にぴったり。 私の長年の愛用品です。 
息子が小学校6年の時、修学旅行で行った日光でみんなで彫ってお土産に持って帰ってきたものです。 一生懸命彫っている姿が想像できるので、ずっと目の届くところにおいています。 大事に使ってきたのですが、数年前に落として一部欠けてしまいました(矢印)。 すぐに接着剤でつけたのですが、どう見ても分かりますね。 

さて、今年もつつがなくスタートしました。 あすからいつもの日常が始まります。一日一日を大切に過ごしましょう!

* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-01-12 00:04 | ◆ Sweets | Trackback
七草粥
a0029889_094849.jpg
一年の無病息災を祈り、お正月に食べ疲れた胃腸を七草粥でいたわる。  なんて素晴らしい風習なのでしょう。 
一週間過ぎると、流石にお餅ももういいかな。 たくさん食べすぎて体重も気になりだすのが、ちょうどこのころ。 私にとって、年末からお正月、そして七草粥、鏡開きと新年を迎える行事は、一番日本らしく、そして先人たちの叡智を実感する日々なのです。

a0029889_019476.jpg
朝、お米を洗って水に浸してでかけます。 
すずなとすずしろは、お米と一緒に炊きますが、他は、アクが強いので一度さっと塩茹でしたら、水に暫くさらしておいたものを使います。栄養分は逃げるかもしれませんが、雑草臭さをとり、美味しいお粥にするためです。

a0029889_23534312.jpg
私はお粥と梅干しで十分なのですが、子どもには、鹿児島の妹がおくってくれたさつま揚げも一緒に。(母は炊きたての少し硬めに炊いた白いご飯といただきますわ♪)
毎年家族4人揃っていただいていた七草粥も、今年は娘と二人だけ。 みんな社会人になると中々夕飯が揃わないものです。 打ち合わせで遅く帰ってきた夫には食べさせましたが、息子はまだ帰ってきておりません。(明日食べさせます)

* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-01-07 23:51 | ◆ 料  理 | Trackback
元旦の食卓 ~おせち料理 2016~
a0029889_253317.jpg
新年明けましておめでとうございます。新しい年が皆さまにとって輝かしい年でありますように!

さて、恒例の元旦の食卓です。こうやって今年も無事に皆でお祝いできたこと、嬉しい限りです。年末から続いた怒濤のおせち作りも、食卓についた家族の穏かな顔をみると疲れも吹き飛びます。 ただ今年は娘が30日から大阪へ旅行へ行ったため、元旦は夫と息子との3人での食卓でした。(元日の夕方に帰京しましたが)
おせちはかまぼこと伊達巻以外はすべて手作りです。

a0029889_2575236.jpg
毎回変わらぬ元旦の食卓の風景。 でも、少しずつテーブルセッティングは変えているのですよ。(分かりました?) 重箱やお屠蘇セットは流石に変えられないので、食器と数少ない小物で変化をつけて楽しんでいます。

今年はいつも使っている漆の敷膳をやめて金色のマットにしました。 漆器(銘々皿)もこれまで使わなかったものを使用。(画像は下に載せました)
a0029889_1193493.jpg



a0029889_034293.jpg
我が家は皆お酒が弱いので、お決まりの屠蘇を少しいただいたら、すぐにお雑煮です。 

a0029889_533289.jpg
大好きな黒豆作り。時間はかかりますが、その間にきんとんや田作り、たたきごぼう等を作れるし、黒豆は最初にとりかかるおせち。

少しずつ娘の為に、日程表と一緒に、作りやすい量でレシピにも起こしているのですが、将来、肝心の娘が作るかどうかが心配。笑


一の重
a0029889_420045.jpg
黒豆、かまぼこ、伊達巻、錦卵、数の子、昆布巻き、たたきごぼう。



二の重
a0029889_415503.jpg
紅白なます、海老の八方煮、牛肉の八幡巻、紅鮭粕漬、酢蓮、栗きんとん、田作り。



三の重
a0029889_48406.jpg
煮しめ


重詰めは見た目の色合いも重要なので、船体のバランスを考えながら、隣の持ってくるものは何がいいかなと常に考えながら詰めています。


a0029889_20091.jpg
漆器は以前も書きましたが、母の影響か、大好きな器です。 芸術性が高く、世界に誇れる日本の工芸品です。本当に美しい。(母が亡くなり、あの沢山の漆器はどうしているのだろう。 たまに出して使ってあげているといいな・・・)

漆器は普段使いはできないので、お祝いやお客様用です。今回、金縁の白い洋皿に漆の取り皿を重ねてみました。薪絵はそれぞれの皿で絵柄が違います。

a0029889_0181542.jpg
最後になりましたが、神棚とお仏壇のお供えです。(錦卵を入れ忘れている!今頃気づく)



さて、はや三が日が過ぎようとしています。今年もあっという間に一年が過ぎていくのでしょうか。
悔いのない一年にしたいですね。そのために、一日一日を大事に過ごしましょう。

本年もよろしくお願いいたします。

* * * * * * * * * *

[PR]
by soleiljap | 2016-01-03 01:25 | ◆ おせち料理 | Trackback
七草粥
a0029889_2122054.jpg

松の内が終わり、今日でお正月も終わりです。 朝、玄関のお飾りをはずし、七草粥用にお米を水につけて、ブログ用に写真を撮って会社へ。 ランチの時間に画像をアップしようと思ったけれど、ログインできず。 この画像、生ものなので急いでアップします。笑

a0029889_21373558.jpg
七草粥は我が家では夜いただきます。 7日の粥は本当に胃が喜んでいるのが分かります。 
疲れた胃に優しいお粥を、野菜不足になっている身体に春の七草で栄養をと・・・まさに昔の人の叡智ですね。

暮れから始まった一連のお正月行事は、日本が一番日本らしくなれる時。 そこには日本人の精神性の高さや繊細でどこの国よりも高い(と思う)美意識と感性がしっかり根付いています。 こんな素晴らしい国に生まれ育ち、生活しているのですからもっと幸せを感じてもいいはず。 そう、「足るを知る」。 今年は今一度、日本の伝統と文化を見直す年にしたいと思います。
[PR]
by soleiljap | 2015-01-07 22:38 | ◆ 料  理 | Trackback
錦卵 (おせち) *recipe 
a0029889_2142116.jpg
家で作るお節料理の中の一品で錦卵(二色卵)があります。

紅白がおめでたい色のように、黄色と白も金銀にみたてられ、おめでたい色とのこと。
もともとお節の食材の彩りは華やかで、赤白黄緑黒と全ての色が網羅されていますが、錦卵の黄色は格別。
重詰めが楽しくなる欠かせない一品です

a0029889_21401213.jpg
作り方も至って簡単。 今回は電子レンジのスチーム機能をつかったので、蒸し器を出すこともなくあっという間にできました。

a0029889_0364637.jpg
道具は画像のような型と、裏ごし器。

写真の型は私が結婚当初に買ったもので、新しそうに見えますが20年以上使っているもの。
押し寿司用の型ですが、ずっと錦卵用に使っています。 前回、とうとうバラバラに外れてしまい、今年は凧糸で縛って使いました。(笑)

More機能にレシピを記しておきます。

★錦卵の作り方★
[PR]
by soleiljap | 2015-01-05 00:28 | ◆ おせち料理 | Trackback
謹賀新春 おせち料理 2015
明けましておめでとうございます! 
2015年が皆さまにとって実り多き年でありますように。本年もよろしくお願いいたします。
a0029889_1264875.jpg
大変ご無沙汰してしまいました。更新できなかった理由はゆっくり書くとして、まずは今年のおせちを!
a0029889_1281312.jpg
お節作り、作るメニューは毎年同じものなのですが、出来上がった時の腰の痛みと背中の張り、そして足が棒の事を思うと、毎年、一度はためらいます。

今年は大晦日に夫と息子が真鶴までイカ釣りに行き、ちょうどお節の仕上げに入る頃帰宅。大漁は嬉しいのですが、帰宅後2時間キッチンを占領され、お節の完成が押してしまう。
今年も、やはりTVは見られず・・・ でも、元旦に食卓に並んだお正月料理をみると、今年も頑張ったなという充実感で疲れも吹き飛ぶのです。

a0029889_15249100.jpg
黒豆作りは大好き。今年はSTAUBで焚き上げました。お鍋の力で時間は短縮(それでも7時間煮ました)、ふっくら柔らかく満足のいく仕上がりに。


a0029889_1573459.jpg
お雑煮はいつもかしわ(鶏肉)も入れて出汁をとるのですが、今回は鰹と昆布のお出汁のみ。


a0029889_1295671.jpg
今年は段取りがよかったのか、仕事納めが26日だったこともあり、あまり腰に来なかったような・・・。お節を食べた後、いつもは泥のように眠ってしまうのですが今日はすこぶる元気でした♪

久々のブログの更新、お節作りより疲れました。画像をダウンロードしてからすでに3時間が経とうとしている。笑 

もう寝ます! お休みなさい!
[PR]
by soleiljap | 2015-01-02 03:38 | ◆ おせち料理 | Trackback
元日の夜のおせち
今年の箱根駅伝もたくさんの感動を残し無事に終わりましたね。

毎年、観終わって思うことは。「沢山の感動をありがとう!」ということ。
学生たちのこの一年の努力を思うと、一人ひとりの真剣な表情の裏にある沢山のドラマや、タスキを繋げるという大きな「責任感」に胸がいっぱいになり、すべての学生を応援していました。
すべてが本物だから、感動し涙するんですよね。嘘がないからずっと目が離せないのです。

昨年は政治家に東電にその他悪党たちにの嘘を見せつけられてきたので、『本物』に胸を打つのだと思います。 「本物」という言葉、昨年何度も私の心の中で反芻した言葉でした。
本物の言葉、本物の心、本物の食べ物、本物の芸術・・・・・・。
でも、偽物もたまには必要だったりします。偽物ばかりを見せられると、なぜか本物が際立つものなのです。そのための目と心を養わなければ……。

そこで、もうひとつの今年の目標は、「不動心」と、そして「本物」です。

a0029889_1031846.jpg
前置きが長くなりました。
さて、こちらは元日の夜の食卓。お節をプレートに並べました。
こうやっていただくと、食べ忘れなく、えり好みせず、ひと通り食べられるのでとてもいいのです。
と言いつつ、一つ忘れていました。牛肉の八幡巻き! (子どもたちにとっては唯一の肉だったのに…笑)

a0029889_1219568.jpg
お煮しめもひとつひとつの素材の味が生きています。
地味なひと品なのですが、個別に煮含めていくので、手間と時間がかかるのです。


a0029889_10475338.jpg
せっかく裏白を敷いてカッコよく並べるはずだったのに、品数が多くひしめき合っています。
大皿いっぱいのお節、お腹一杯になって、食べたあと、みんなお腹をさすっていました。

a0029889_0473092.jpg
我が家は、お正月でも誰もお酒をのまない(いえ、呑めない人)。なので、サイドには必ずお茶。(笑) 

お節はかくもみんなの胃袋へ吸収され、すし詰め状態の冷蔵庫も少しずつ隙間を取り戻してきました。
それでも、もう暫くはお節がつづくでしょう。>家族
[PR]
by soleiljap | 2013-01-03 17:40 | ◆ おせち料理
おせち料理 <2013>
a0029889_15593287.jpg

元旦に美しい富士山を目にして、暫く手を合わせて数枚写真を撮るも、すぐにキッチンへ。
一年の計は元旦にあり。今年も気持ちよく大好きな料理でスタートすることができました。(いささか疲れてはいましたが・・・)

a0029889_19461428.jpg
テーブルセッティングとお重詰め等、おおよその準備は大晦日にすませておいたので、後はお餅を焼いてお澄ましを温めてテーブルに並べるだけ。

それにしても、昨夜までの疲れはどこへいったのでしょう。つい数時間前まで、「来年は絶対温泉に行ってやる!」と、ガチガチに凝った肩と腰を伸ばしながら決心したはずなのに。(笑) 

昨年は母の喪中もあり、簡単なお正月料理でした。なので、久しぶりに力が入ったわけですが、内容はいつものお節です。(今年は、伊達巻は手作りせずに買いました)

a0029889_1625368.jpg
かまぼこと伊達巻以外は手作りです。(画像はクリックで大きくなります)

一の重・・・黒豆、昆布巻き、数の子、錦卵、田作り、かまぼこ、伊達巻。
二の重・・・紅白なます、車エビの八方煮、栗きんとん、酢れんこん、たたきごぼう、牛肉の八幡巻き。
三の重・・・煮しめ (具材は個別に煮含める)

a0029889_1604088.jpg
お雑煮は勿論一番だし。
日本料理の神髄がここにあります。幸せを感じる出汁の味です。

a0029889_16383867.jpg
お節の準備で、一番最初に手掛けるのが黒豆。丹波の黒豆、以前は10時間以上かけて作っていましたが、今回は時短を考えて圧力鍋と併用しました。ふっくら、やわらかい艶々の黒豆ができました。
a0029889_19553830.jpg
すべてに意味がある寿の食べ物、食べ忘れがないよういただきました。
a0029889_1795873.jpg
お刺身は切り身を皿に並べなおしただけ。


a0029889_18474265.jpg
今は、お節もバラエティーに富み、和洋中といろいろですが、やはり本来のお節が一番落ち着きます。

あれほど、来年は温泉にいく!、とぼやいていた私ですが、みんなの喜ぶ顔を観ていたら、今年も作ってよかったなあと思うのでした。

季節を大事にし、心を育んできた日本の料理、お正月料理はまさに 『食卓の寿ぎ』 ですね。

(※3連の画像はクリックで大きくなります)


「世界無形文化遺産として、日本食をユネスコに登録申請」 というニュースを見ました。
日本料理は世界に誇れる食文化です。いつも、世界の三大料理に日本食を挙げるべき、と思っている私としては、これは登録されて欲しいです。
[PR]
by soleiljap | 2013-01-02 22:48 | ◆ おせち料理
バレンタインデーのチョコケーキ
お天気は昨日今日ともに曇り時々雨。
ここ数日ダイヤモンド富士を見たくて追っかけていましたが、このお天気だと無理かな・・・。
予想だと、本日がその日になるはずでした。富士山が望めるだけでも幸せなのですから、ダイヤモンド富士はまたの楽しみにしたいと思います。
楽しみにされていた方、ごめんなさい。いつか、必ずその日がきますように一緒に待ってくださいね。

a0029889_14313947.jpg
今年のバレンタインデーにダイヤモンド富士の写真のプレゼントはなりませんでしたが、恒例のチョコです。

この習慣は、我が国のチョコレート業界の陰謀?いえ商業作戦なのは周知ですが、私は普段の感謝の気持ちを伝えるいい機会だと思っています。(きっかけも大事です) 

その愛(感謝)を伝えるイベントに、ご主人に茶目っけたっぷりでとても素敵なメッセージを添えてチョコをおくられた方がいらっしゃいます。^^
最近、毎回楽しく読ませていただいているブログ“色彩ソムリエ―ル 坂内里嘉子のアトリエにようこそ”のRikakoさんは色彩のプロ。ご自身が綴られる<セルフイベント>も楽しく、また参考にもさせていただいています。


さて、バレンタインのケーキはガトーショコラとオレンジガナッシュのマリアージュ、といえば、先日教わったばかりのクグロフショコラ。型は直径12㎝のものです。家族で召し上がっていただきたいので、この大きさにしました。私がこのケーキを最初にいただいた時の感動を皆さんにも届けられたらいいな。

a0029889_14182586.jpg
日曜日に娘のチョコ作りが終わってから焼いたので、ラッピングは真夜中になってしまいました。

赤いリボン(トップの画像)は娘のお友達のお母様へ。翌日登校の娘に持たせるので、皆が寝静まってからの写真撮影となりました。
[PR]
by soleiljap | 2012-02-14 16:02 | ◆ Sweets | Trackback
Happy St. Valentine's Day 2012
a0029889_2274465.jpg
この週末はキッチンを娘に占領されそうなので、早めのバレンタインです。

a0029889_2240401.jpg
私から夫と息子へ、先日作ったブルーベリーのコンポートが残っていたので、ハートのムースdeブルーベリーを作りました。底と真ん中にココアのスポンジ生地が敷いてあります。
バレンタインデー4日前なのですが、すでに1/3食べられてしまいました。明日にはもうなくなっているでしょう・・・

皆さまのところにも沢山の愛が届きますように・・・  素敵な週末を!





※新しい記事はこの下に置きます。
[PR]
by soleiljap | 2012-02-10 22:31 | ◆ Sweets | Trackback