タグ:季節の行事 ( 50 ) タグの人気記事
1月11は鏡開きの日  ※追記あり
a0029889_9342767.jpg
1月11日は恒例の鏡開き。家族の無病息災を願って、お供えしておいたお餅をぜんざいに入れていただきました。子どもたちも学校へ行く前に食べていきました。

私、生まれて物後心ついてから鏡開きにぜんざいを食べなかった年はないくらいぜんざい(餡子)が好きです。先日、雪のゲレンデでおしるこを頂いてから、益々この日が待ち遠しかったです。(笑)
娘は餡子は好んでは食べませんが、息子は大好き。夫もぜんざいは自分からよそって食べてます。(というか冷たいぜんざいが好きなので、温めるまえに自分でよそっている)
昨夜作って、朝食に食べられるようにしておきました。ことしの小豆は、暮れに友人のお母様から頂いたもの。皮が柔らかく小豆の味がしっかりして、いつもより美味しいです。

a0029889_11261797.jpg毎年書いていますが、鏡開きというと、父が1月11日にお供えの餅をさげて、ストーブの前で丁寧にカビを取りながら、小さく割った餅をストーブで焼いていたのを思い出します。

結婚してプラスチックの餅が出回るようになると、毎年プラ餅をお供えするようになりました。鏡開きの日にパッケージを開いて出てくる餅をオーブントースターで焼いて食べているのですから、風情などあったものではないですね。わが子どもたちの中で鏡開きといえば、プラスチックの餅&オーブントースターという図なんでしょうか。せめて、私が経験した鏡開きは話してあげたいと思います。
(田舎はまだ生の(機械で)ついた餅をお供えしています)

鏡を開く、、昔は切ることを嫌い、開くといわれています。本来のカビがきた餅は鏡開きの頃は乾燥して、手で裂けますが、プラスチック入りの餅で、一個ずつパックされているものはいいのですが、固めてある餅は包丁をいれないと切れませんよね。2段重ねの餅を丸ごと焼くにもいかないし。


a0029889_932032.jpg
お椀は、それぞれ子どもたちの名前が入っています。いいものではないのですが、普段使いにしていないので、こういう時に使わなければ!

追記:
我が家のお正月の行事は、11日の鏡開きで一応終わります。地方によって、各家庭によって違いますが、大晦日の年越しそばからスタートするお正月の行事は、元旦のおせち、初詣、新年の挨拶、そして、7日の七草粥で玄関のお飾りをはずし、お粥をいただき、11日の鏡開きではお供えの餅をさげてぜんざいに入れて食べる。
この一連を終えて、我が家はお正月が終わるといった感じでしょうか。

今年は、七草粥の前日に娘が「明日は七草粥だね」と言っていました。また、鏡開きが近づくと、(これは毎年なんですが)ぜんざい好きの息子が、「もうすぐ鏡開きだね」と言います。
時代の流れで行事の内容はむかしのようにはいきませんが、子どもたちの心に根付いてきたことを実感するたびに、ほんわかとした気持ちになります。そして、blogを通して日本の古きよき文化を見つけるたびに本当に嬉しくなります。

私たちが先代から受けついできた日本の文化や習慣。様子は時代とともに少しずつかわっても、根底にある精神は忘れずに子どもたちへと繋げていきたいですね。


最後に。
ぜんざいとおしるこの違い、地方によって呼び名が違うんですよね。「マヤヤのお料理ブログ」でその違いを書いてくださっています。
私の実家(鹿児島)は鹿児島なので、関西の呼び方のようです。 
関西と関東、もっと広く言えば地方、地方でも呼び名、調理法、その違いは多々ありますね。食の世界ってホントに興味深いです。
[PR]
by soleiljap | 2008-01-11 12:27 | ◆ Sweets | Trackback(1)
今年のクリスマス・メニュー '07
a0029889_0295297.jpg
明日で仕事納めの会社も多いのではないでしょうか。
明日は午前中、出かけるので、本日大掃除の一部をやってきました。窓の掃除と私のデスク周りです。我が社の窓は天井から床まで続く窓。天井が長いの当然長い。窓長靴をはいて、ホースとゴムのついた窓掃除グッズ(名前分からず)で、磨いた枚数5枚。全身を使いながら身体を動かしていたので冷たい空気が心地よかったです。

a0029889_844238.jpg
さて、クリスマス料理の詳細が遅くなりました。
メニューは時間がないところで決めたので、ブログ的には代わり映えのないものばかり。それでも今回は流石にパエリアはなし。(この2、3ヶ月で2回作った)
牛、豚、鶏肉とどれがメインなのか分かりませんね。(笑)、娘からはトマトのブルスケッタ。息子はスープを作るならクラムチャウダーと、リクエストがあったので、取り混ぜメニューとなりました。おうち御飯の醍醐味といったところでしょうか。(笑)

a0029889_0215173.jpg
メニュー
・クラムチャウダー・・・ほんとはブロッコリーのスープを作る予定だった。
・カプレーゼ・・・・簡単でちょっとかわいい彩りに重宝。
・ローストチキン・・・・今年はパスしようかと思ったけれど、小さめのがあったので、年に一度のことなので作ることに。
・ローストビーフ・・・・今年は火で炙ってアルミホイルに包み冷凍庫へ。
・スペアリブ(エスニック風)・・・・ひと月ほど前に作って美味しかったので。(実は自分が食べたかったの。
・トマトのブルスケッタ・・・・ガーリックトーストと一緒に。娘が作る。翌日も作っていたな・・・。
・チーズ・・・・ブルサン・ポワーブル、カマンベール。

これで4人分と思うとかなりの量だとおもうでしょ。でもでも、みんなワシワシと食べるんです。いかに普段の食事が質素かわかる。(笑)

a0029889_22472654.jpg
デザートはレアチーズケーキ。(今、我が家のオーブンの温度調節がうまくいかず、スポンジ系は断念)
今回はクリームチーズが半分残っていたので、直径15センチのセルクルで、レシピを適当に調節しながら作ってみました。これが、また美味しかった。普段、レアチーズケーキはお替りしない娘も、一番にお替り。 「ママって、ケーキ作るの上手よね」ですって。

ツリーも26日にはすっかり片付き、ついでにワックスがけして、大掃除の一部クリアなり。
ここからが体力勝負!がんばろうっと。
[PR]
by soleiljap | 2007-12-27 23:02 | ◆ Party | Trackback(1)
イヴの食卓
a0029889_21313765.jpg
昨夜、クリスマス・イヴの食卓です。
今年はぎりぎりまでバタバタとしていたので、クリスマス・パーティのアレンジまで頭がまわらず、結局家族だけのパーティになりました。
グリーンのクロスが反射の関係で怪しい雰囲気になるので、「グリーンはやめようか?」と娘にいうと、「クリスマスだからグリーンはいれて」ですって。

a0029889_16155610.jpg前日、恵比寿ガーデン・プレイスの“PARTY”で買った、コバルトブルーの色がついたトレーを使ったらますます、怪しい雰囲気。

詳細はのちほど♪ お仕事します。
皆様のところへも落ち着いたらゆっくり伺います。おそくなってごめんなさい。



さぁ、ダッシュ!! (koroちゃんのまねっこ♪)
[PR]
by soleiljap | 2007-12-25 12:10 | ◆ Party
Happy Happy Christmas~♪
a0029889_0371911.jpg

一年って、本当にはやいですね。
今日は一日穏やかなお天気になりそうです。
お出かけになられるかたも、家で過ごされるかたも、どうぞ素敵な
クリスマス・イヴをお過ごしください。
そして、世界中の子どもたちがみんなハッピーなクリスマスをむかえられますように。
[PR]
by soleiljap | 2007-12-24 00:56 | ◆ Party
Christmas Tree 2007   ―17年という歳月―
a0029889_21573298.jpg
新しいPCからの初めての投稿。

日曜日にやっとクリスマスツリーを出しました。
毎年見てくださる皆さまにはおなじみのクリスマス・ツリーですが、今年もアップいたします。それも登場回数の多い天使ちゃんと蛙くんで。(笑)


息子が生まれた年にやってきたツリーも、この冬でもう18回目の登場。当初は子どもの為+自分たちも楽しみたいから飾っていたツリー。いつの間にか子どもの成長とともにたくさんの思い出が真珠の玉のようにつながっていました。
数えるくらいしかなかったオーナメントも、機会あるごとに少しずつ買い集め、いつの間にか樅の木を包むくらいに増え、一つひとつに家族みんなの思い出がつまっています。
あの頃、17年後の未来なんて思ってもいませんでしたが、こうやって振り返ると、毎年、サンタを待つ子どもたちのピュアな心に触れたくて、大人たちはせっせとクリスマスの準備をしていたのかな、なんて思ったり。
子どもでなくなる日、それは、サンタの存在を信じなくなった時かもしれない。

夜空に鈴の音を響かせ、真っ赤な服に身を包んだサンタが今年もやってきますように♪


娘と二人で飾りつけ。一つ一つ大事に包んである紙をそーっとはがしながら、思い出の詰まったオーナメントにほんわかとした時間をすごしました。試験中の息子は時々顔を出しては経過観察。TVに夢中のパパはCMの度に遠くから見物。

点灯式のあとは、床暖房のきいたぽかぽかの床に二人でごろんと寝転んで、暫くうっとりと眺めていました。
勿論、BGMは、これ!


ツリーを出しながらちょっと残念なことが・・・ 老朽化なのでしょう。樅の木の支柱は金属ですが、枝を支えている一部がプラスチックで、乾燥によるひび割れで、一番下の大きな枝が一本外れていました。(悲)
[PR]
by soleiljap | 2007-12-11 10:12 | ◆ Party | Trackback(1)
Christmas is comming ♪
a0029889_1351216.jpg
未だPCの状態が安定しません。会社からの更新です。

クリスマスの記事をみると、我が家もそろそろ・・・・・・と焦りつつ、実はまだツリーを出していません。画像は昨年撮ったもの。
以前読んだ「女性の品格」という本に、忙しさを口に出さないことが品格ある女性、と書いてありました。

とは言っても、年末から年始にかけての忙しさは、主婦にとっては猫の手も借りたいくらいの忙しさ。
体力勝負のこの時期、どうぞ皆様も身体にはくれぐれもお気をつけ、頑張ってください。

というわけで、ツリーをだすまで ’04から’06年のツリーのエントリーをまとめてみました。

Christmas Tree 2006
Christmas Tree 2005
Christmas Tree 2004


blogを始めてもう4回目のクリスマス。毎年一個ずつ増えるオーナメント。毎年平和でクリスマスを迎えられるのも皆が健康でいてくれるから。ありがとう。今年も笑顔いっぱいのクリスマスにしようね♪


************************************
※ スパムメール対策のためにアドレスを変更いたしました。ご連絡くださる場合、サイドバーのメールフォームからご連絡いただけるよう宜しくお願いいたします。
[PR]
by soleiljap | 2007-12-04 14:31 | ◆ Party | Trackback
十五夜の夜

a0029889_0455763.jpg
今パソコンを打っている部屋からお月様が見えます。雲が近づいては通りすぎていきます。

まんまるい月を見るといつも「ももちゃん」を思い出します。
一番上の姉は小さい頃、自分のことを「ももちゃん」と呼んでいたそうです。(彼女の名前は、どう読んでも「もも」という名前には当てはまらないのですが・・・)
ある夜、縁側でお父さんと空を見ていたももちゃんは、まん丸の月を見つけました。それは生まれて初めてみる丸いお月さまでした。彼女は突然、空を指差しながら、「ももちゃんにあの白い毬をとって」と叫んだそうです。
おとうさんが 「あれはとれないんだよ」と言っても、「竿(サオ)でとってー」 とききません。
仕方なくお父さんは庭に出て、竿を1本手に取り、お月様に向かって一生懸命背伸びをしました。月をたぐり寄せる振りをしたり、ジャンプしたり。ももちゃんはお父さんのそんな姿をみて、やっとお月様を諦めたそうです。


満月になると両親がいつも話してくれていたので、絵本のように絵として脳裏に焼きついてしまいました。
ももちゃんに限らず、子どもの頃はみんなお月様に兎がいると信じていましたよね。月へ旅立つかぐや姫を思い浮かべながら、私にもきっとお迎えがくる、と本気で思っていました。

月へのロマン、空への興味はつきません。星や惑星、異星人、宇宙はまだまだ沢山の不思議が詰まった未知の世界です。

毬といえば、inariwanさんが美しいお月様を撮られています。すぐ手に届きそうな位大きな十五夜のお月様。きれい~♪

恒例の月見団子は、一度作ってみたかった兎のお団子。お団子はkoroさんからいただいたお団子の粉(もち米+うるち米の粉)で作りました。滑らかで、キメが細かくてツヤツヤのお団子ができました。とても美味しかったです。koroちゃん、ありがとう!

a0029889_0311986.jpg
胡麻餡と小豆のつぶあん。
胡麻餡は市販のペーストを使ったのですぐにできました。つぶ餡は、冷凍してあったので、こちらもすぐに出来ました。


a0029889_0282812.jpg
果物と里芋、さつま芋を盛った籠とススキ。実家では一升瓶にススキを差していました。

a0029889_020045.jpg
ススキは3本200円也。ススキも買わなければならない時代なのね。(悲)

a0029889_0504165.jpg
夜9時前に、外に出て撮る。いつもながらお粗末な写真でごめんなさい。
一人で撮影していたのですが、きっと沢山の人が同じようにお月様を見ているんだ、とおもったら、ほんわか温かい気持ちになりました。(笑) 
[PR]
by soleiljap | 2007-09-26 00:41 | ◆ Sweets | Trackback(8)
端午の節句に
a0029889_2259531.jpg
日本の伝統行事をひも解くと、その起源は古く中国からのものですが、その後、日本の風土や気候にあった文化として受け継がれてきています。そこには日本人の美意識が沢山つめ込まれています。

お正月やひな祭りもそうであったように、根底にあるものは、無病息災、子孫繁栄や五穀豊穣、同時に季節を愛でることのような気がします。

行事には必ず季節の花や木々、旬の食べ物が登場します。
たとえば、端午の節句に飾られる菖蒲は、尚武(武をたっとぶ)からきているそうです。おせち料理でもそうですが、日本にはこのようなごろ合わせや縁起を担いだものが沢山ありますよね。

端午の節句の柏餅は日本独特のものらしいです。柏の葉は新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴から 「家系が途絶えない」「子孫繁栄」につながることから柏の葉っぱが使われたそうです。

感慨にふける母をよそに、わが子たちは「子どもの日」を特別な思いで待ちわびているんです。それは鹿児島からの荷物。子どもの日のお祝いと誕生日プレゼントが一緒に届くのです。プレゼントには手紙やカードが添えられて、生まれてから今まで欠かさず届けられました。時に荷物と一緒に新聞紙に包まれた母の漬けた梅干しや乾物、夫の好きな壷漬け等が入っていたり。今年は息子の就学旅行のお餞別まで入っていました。
母や姉、今は亡き父)の心遣い、荷造りする労力、一つ一つが感謝の気持ちでいっぱいです。子どもたちには、大きくなったら恩返ししなきゃね、と毎回話しています。(恩返ししなきゃバチがあたるよ)

a0029889_2235873.jpgこの日は夫の提案で外食。お店は決めてといわれたので、恵比寿ガーデンのフレンチに予約を入れたら満席。(パパよかったね) 子どもの希望で焼肉レストランになりました。(レストランの画像はありません) 帰りにDVDを借りてみんなで観る。

柏餅は餡がなかったので餡作りから。漉し餡を作りたいと思いながら、今回もつぶ餡。煮あがって冷ましたら、水分を飛ばしすぎたようで固かったので、再度お湯をいれて練りました。どうやら練りすぎたようです。漉し餡みたいになりました。
今回は駿河屋さんのレシピを参考にして作りました。
以前作った「どらやき」のレシピも同じ和菓子屋さんのものです。こちらのHPはどのレシピも丁寧な説明でとても参考になります。

a0029889_2372753.jpg柏餅のレシピは、いつも材料を揃える恵比寿の三越地下の材料売り場に置いてあったもの。
浮き粉を入れるので透明感があってツルンとした生地に仕上りました。餡を包んで再度7~8分蒸すのですが、途中、蓋を2,3回開けると艶がでるそうです。

息子の友達がきていたのでだすと、お替りしてくれました。嬉しいですね。



柏の葉ってこうやって広げると、とてもデザイン的で面白い。
a0029889_1704224.jpg


★子どもの日に同じように柏餅を作られた、私の大好きなお母さん(歳は近いです)♪
まさかり半島日記のkoroさんの「子どもの日」にトラックバック~~♪
[PR]
by soleiljap | 2007-05-08 08:21 | ◆ Sweets | Trackback(2)
ひな祭りの食卓
a0029889_20161056.jpg
 今年の桃の節句は子どもたちが続けて期末試験にぶつかり、遅れること一週間。やっと先週の土曜日に家族でお祝いをすることができました。
 花屋にはもう美しい桃の花はなく、パパがスイトピーの花を買ってきました。そして、子どもたちも喜ぶ、お子さま用白酒もなかった。(残念)

 ひな祭りのお料理といえば、やはりお寿司。

a0029889_20265693.jpg
 新鮮なお刺身が手にはいったので、今年も押し寿司に。菱形ならず、四角い押し寿司です。しいたけ、にんじん、レンコンをそれぞれ煮たものと錦糸卵を酢飯の間に挟んで、上に8種類のお刺身を並べただけ。(画像は7種類。イカを忘れていた!) 緑は山椒の芽をのせるつもりが、3軒のお店で探したのですが、売っていなくて、カイワレで代用。画像を見ながら、やはり山椒の芽のほうがよかったかな。(今年は絶対、山椒を鉢で育てます)

a0029889_12152138.jpg
 毎年、ぎりぎりに出すお雛様。実家の両親が、たった一人の女の子の孫に初節句に買ってくれたもの。何度もお店に足を運んで選んだそうです。
 出すのが遅い私に実家の母はいつも、旧暦でやればいいのよ、と言ってくれます。でも4月3日まで出しておくのも、埃がつくしということでパーティーが終わるとさっさと片付けるのです。
 
 今年も娘に着物を着せてあげられませんでした。画像の中のフォトフレームの着物の写真は、娘が初節句にお雛様の前で撮ったもの。母が小さい頃着ていたものらしいです。女の子の孫はたった一人、ママは三姉妹。娘のところに来た着物は古いけれど歳相応に着られるものが順にあるので、今しか着られないものは早く着せてあげなければと、おてんばの娘をみて焦っています(笑)。

a0029889_20253891.jpg
 お料理はみての通りです。菜の花のからし酢味噌、カキフライ、中華風春雨サラダ、蛤の潮汁、アサリの酒蒸し。アサリは先日夫が千葉の方へ仕事にいき、そちらでいただいたもの。(これから毎日アサリ料理が続く)
 今回は春雨サラダにササミがあったけれど、すべて海鮮づくし。魚介類オンパレードでした。
 みんな食べすぎでお腹いっぱいになってケーキは入りませんでした。頑張って作ったのにね。
翌日にいただきました。 (画像は後日アップします) → こちら
[PR]
by soleiljap | 2007-03-12 20:15 | ◆ Party | Trackback
お誕生日おめでとう♪
a0029889_9453734.jpg
 昨日(20日)は夫の誕生日でした。
 今週末から子供達のテストが続けて2週に渡ってあります。3月には雛祭りもあるし、ということで、ウィークデーでバタバタの準備でしたが、昨夜家族でお祝いをしました。

a0029889_10564980.jpg
 今回の料理は中華です。
 画像をみて気付いたのですが、セッティングが殺風景。キャンドルもすっかり忘れていました。おまけに画像が悪い。夜の撮影はいつものことですが難しい。

 メニューは、れんげ皿に車海老のピリカラ揚げ(創作)…はじめはエビチリの準備をしていたのですが、先日購入したれんげの小皿を使いたかったのでピリカラ揚げに変更。白髪ネギを乗せるのを忘れました。一人分ずつの前菜としてこの皿は重宝しそうです。皆の大好きな唐揚げ春巻きチンゲンサイのにんにく炒めは桜海老も一緒に炒めました。ご飯は中華おこわ。干し貝柱(ほたて)を戻して汁ごと使った、こくのある美味しいおこわができました。今朝、息子のお弁当にも入れました。
a0029889_10525633.jpg
 ケーキは皆も食べたいころかしら、という事で定番のレア・チーズケーキ。本当は私が食べたかったのです。今回はハートをラズベリーソースで描こうとしたのですが、おたまじゃくしになってしまいました。急きょ生クリームでデコレーション。
a0029889_12275128.jpg
 ロウソクの本数は四捨五入。自分の時は絶対にさせません!(笑) 
注:私の場合は四捨五入して6本にはなりませんのであしからず。

 Happy♪(*^ー^)ノ”iiii Birthday PAPA♪ いつまでも元気でお仕事がんばってね♪
[PR]
by soleiljap | 2007-02-21 12:55 | ◆ Party | Trackback