<< 帆立のブルゴーニュ風 夕焼け雲 >>
豚の角煮
a0029889_850569.jpg

美味しいと思ったお料理は何度も作っていくうちに舌が覚えるもので、調味料も適当(勘)、
時間も適当(勘)、で最後は魔法の杖でエイッ!・・・なわけないですね。

でも最初はレシピが頼りです。
この角煮も、昨年教えていただいて、何度つくったでしょう。レシピに調味料の計量がなかったので、今回、レシピをおこす為に、調味料を計りながら作ってみました。

先日作った『焼豚』も同じレシピで作りました。
焼豚同様、いい匂いが部屋中立ちこめ、子どもたちは決まって、『何作ってるの?』とキッチンへ。 そして今日盛りつけてると、いつの間にか隣に二人の子ども。
本当は、『はしっこたべる~?』て呼んだのです。勿論飛んできました。(笑)

a0029889_8403595.jpg




豚の角煮 (*直径20cmの鍋を使いました)
<材料>
・豚バラ肉塊・・・・700g (塊で適当な大きさがこれでした。)
・ネギの青い部分・・・4~5本
・生姜・・・・・一片
・黒砂糖・・・・40g(大さじ2.5杯位)
・醤油・・・・・大さじ3杯
・酒・・・・・100cc 


① 豚ばら肉を塊のまま、表面をフライパンできつね色に焼き、鍋に移し表面がかぶさる
  位(700ccでした)の水を加える。
② 生姜の薄切りとネギを入れ沸騰させる。アクを綺麗にすくいとったら、酒、
  黒砂糖、醤油を入れ、アルミ箔で落とし蓋をして、蓋もして弱火で、水が半量になるまで
  コトコト煮込む。(約一時間20分ほどでした。) このまま一晩おく
③ 一晩おくと、上にラードが浮くのでしっかり取り除く。(ラードはチャーハンなど  に使える。)
④ ゆで卵をいれ色よく煮付けながら煮こむ。
  汁気がなくなるまで煮こみ、適当な大きさに切って盛りつける。

※焼豚も同じ作り方ですが、最後に肉を取り出して、表面に蜂蜜を塗ってフライパンでコロコ  ロ転がしながら、色と照りを出します。
※出来たての温かいうちが一番美味しいです。
[PR]
by soleiljap | 2004-10-17 23:27 | ◆ 料  理
<< 帆立のブルゴーニュ風 夕焼け雲 >>