人気ブログランキング |
<< クロック・ムッシュー & マダム 黒ごまのパウンドケーキ >>
シフォンケーキ
a0029889_1465166.jpg

ケーキの名前って、名前がつけられた背景や由来があって、その歴史を知る事もまた興味深いものです。
このシフォンケーキ、比較的新しいアメリカのケーキのようです。
実はこのシフォンケーキという名前を聞くたびに、私はいつもフランス語の『chiffon』を思い出します。フランスのお菓子ではないのに、何故にシフォンか・・意味もぼろぎれ、とか、(顔や服が)皺になる時の形容などに使われているので、何故このような名前をつけたんでしょう、と不思議に思っていました。聞くところによると、絹のように柔らかなケーキという意味だそうです。仏辞書で調べたら、最後の方に“シフォンの織とか絹メリヤス”と書いてありました。(やっと納得)

a0029889_10173327.jpg私のシフォンケーキの歴史も浅く、スタートはまさに『しわくちゃ』のデビューでした。
あの時も3回焼いて、何とか最後は形を残しましたが、不完全燃焼で納得いかず。その後、デジタルの計量機も買って、いくつものレシピで何度も焼いたのですが、ずーっと失敗続き・・・(涙) このケーキとは相性が悪いんだわ、これで最後にしよう、と決めて作ったのが左の紅茶のシフォン。

a0029889_10204744.jpgなかば諦め気分で準備しながら、『あっ!!』 『これで絶対焼ける』と確信しました。
なんてバカな事をずーっとやっていたのでしょう!!こんな所に落とし穴が・・って私だけでしょうけど・・・
おばかな私は、毎回シフォンの型に、他のケーキでいつもするようにバターを塗って、粉をはたいていたんです。

a0029889_1494862.jpgあんなに膨れて取り出して瓶に逆さに差して、しばらくすると型から抜けたり、中で底だけくっついてクシュっと萎んでいたのは、バターを塗ってたからなんて・・・誰でも知ってる事ですよね。

紅茶のシフォンはベーキングパウダーを使った卵と卵黄は同量の配合だったのですが、今度はベーキングパウダーを入れない卵白を一個増やした配合で作ってみました。(写真右) 高さもあり、しっかり安定したシフォンケーキができました。こちらは友人に持って行く。 
しかし今度は型からはずすのが難しい!(笑)
by soleiljap | 2004-11-13 23:55 | ◆ Sweets
<< クロック・ムッシュー & マダム 黒ごまのパウンドケーキ >>