<< お彼岸 ルームメイト <旅立ち 最終回> >>
Far Breton (ファーブルトン)
a0029889_6185292.jpg
“ファー・ブルトン” ブルターニュ地方の菓子で、「ブルターニュの(牛乳の)お粥」という意味らしい。

この地方には独特の言語「ブルトン語」があって、もうひとつの有名なお菓子、『クイニー・アマン』もブルトン語だそうです。(クイニー=お菓子 アマン=バター)

a0029889_619734.jpg生地の種はクレープの種のようにサラサラしていますが、焼くとしっかり固まります。メレンゲも入れてないのにオーブンの中ではスフレのように膨らみます。
味と食感は、カスタードクリームを焼いて固めたようなお菓子です。『フラン』のアパレイユととても似ています。温かくても冷たくても美味しい。冷たくなったファー・ブルトンをレンジで♪チンして頂いても美味。

a0029889_21573310.jpg

追記:牛乳だけで作ってみたら。
牛乳400ccでも生クリームと変わらず美味しく出来ました♪
アールグレイの紅茶を煮出して作ったのですが、バニラ味に飽きたらこちらもおすすめです。

*牛乳100ccを温め濃い目の紅茶をだし、牛乳を足し400ccにして同じように作る。



Far Breton (ファー・ブルトン)(24×15×4cmの楕円の器/画像)
<材料>
・全卵・・・・・2個
・薄力粉・・・70g
・砂糖・・・・・70g
・牛乳・・・・・200cc
・生クリーム・・・・・・200cc ※牛乳400ccにしてもOK
・バター(無塩)・・・20g    ※有塩バターでも可
・バニラオイル・・・・2滴
・ラム酒・・・・・・・・・大さじ1
・プルーン・・・・・・・12個程
-----------------------------------------------------------
<作り方>
※型にバター(別分量)を塗る (私は底にオーブンシートも敷く)
※バターを分量の牛乳を少しいれ、溶かしておく。
※オーブンを180度に予熱
① ボールに卵と砂糖と塩一つまみを入れ、バニラオイルも加え泡立て器ですり混ぜる。泡立てないこと。(有塩バターの場合は塩は入れない)
② ふるった粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
③ 牛乳、生クリーム、ラム酒を合わせ、②に少しずつ加えながら混ぜ、最後に溶かしバターを加え混ぜ合わせる。
④ バターを塗った型にプルーンを数個置いて③を流し込む。
9分目位までいれて余ったらココット皿などに入れる。いっぱいに入れても焼きながらこぼれる事はないです。
⑤ 180℃で約60分。途中(15~25分経過後)残りのプルーンを上に置いて焼く。
   (目安は表面がほんの少し固まってきたら)

※オーブンや容器によって熱の通りが異なるので、最後は焦げすぎないよう気をつけて。
※オーブンから出したては膨らんでいますが、時間がたつと沈みます。


■2011/12/22 追記  焼成時間は、オーブンや容器によって少々異なるので1時間→約60分に訂正しました
[PR]
by soleiljap | 2005-03-17 07:30 | ◆ Sweets
<< お彼岸 ルームメイト <旅立ち 最終回> >>