人気ブログランキング |
<< 炒り豆腐 手羽先 >>
冬は sopa de ajo (ソッパ・デ・アホ)の季節
a0029889_11504731.jpg
世界中には、本当に美味しいものが沢山あります。
フランスで初めて食べたチーズの数々、その国のレストランが軒を連ねる界隈でいただく中華料理やベトナム料理、韓国人の友人に連れていってもらった韓国家庭料理。フランスには世界の台所が集まっていました。また貧乏学生ゆえ、日本からパトロン(親戚縁者)がきた時だけ行ける星付きフレンチレストランでは、コース料理が織り成す食の芸術に心奪われ、食前酒からアントレ・・・デザートまで、そのトータルにおいてシェフやギャルソンのスマートなサービスは、味だけではなく、もてなす側の心の大切さをも実感したものです。

さて、アメリカ大陸に長年いた夫が教えてくれた絶品料理も2つだけ(笑)あります。
その一つがソッパ・デ・アホ、カタカナにすると英語訳が危ない名前になるスープ。スペイン語でニンニクのスープという意味です。
以前も紹介したけれど、夫がメキシコで食べたソッパデアホが忘れられないようで、何度聞かされたことでしょう。
日本のスペイン料理のレストランに行くと必ず注文します。自宅でも作るのですが、夫曰く、「クリアーなブラウンのスープなんだよな」とほざきますの。

なんと、その絶品スープに出会ったのです!いつもスペインから楽しい話題を発信してくださる「くーまくーま2」のafricaさんが教えてくださった本場の「ソッパ・デ・アホ」。こちらは旧blogに公開されてあって、私が拝見したのが暑い季節だったので中々作れずにいましたが、昨日作りました。超簡単!ミルクを入れるのは初めて、これがまた美味しい~~♪

我家は4人家族なので、公開してくださったレシピを4人分にして作りました。これからも是非作りたいので分量を起こしてみました。(ベースはafricaさんのレシピ)

a0029889_2017618.jpg
<材料>4人分
水1200cc、ニンニク大4片、エクストラバージンオイル70cc、バゲット薄切りスライス8枚(一人2枚)、卵4個、牛乳約150cc(一人40cc程度)、塩 ※味付けは塩のみがベスト
<作り方>
■鍋に1200ccの水を入れて火にかける。(沸騰したら弱火)
1. ニンニク大(画像)4片をスライスしフライパンに入れる。(まだ火にかけない)
2. エクストラ・バージン・オイルを加え、火にかける。(中火~弱火)
3. ゆっくりとにニンニクの香りと味をだす。
4. ニンニクがキツネ色(図4)になったら、沸騰しているお湯に一気に加える。(もたもたしているとニンニクが焦げます) ※お湯の飛びはねに注意
5. ニンニクが細かくなり、澄んだブラウンのスープになる。暫らく混ぜ、塩で味を整える。
6. 4のフライパンでバゲットを両面焼く。(画像のパンは厚すぎました。もう少し薄めに切る)
7. 鍋に卵を落としポーチドエッグにして、バゲットを加えスープをアツアツにして火を止め、冷たいミルクを加える。
-----------------------------------------
※今回は皆一同に揃わなかったので、すぐ食べる家族分を別のパンに取り分け、ポーチドエッグから作りました。





a0029889_27255.jpg
ニンニクの香りと味がたまりません。ミルクを入れることでやわらかな味にしてくれるんですね。熱すぎるので冷ます効果もありそう。
スプーンでバゲットと中に沈んだポーチドエッグを崩しながら、全体を混ぜていただきます。これからの寒い季節にはもってこいのスープ。元気をつけたい時や風邪気味なんて時、是非作っみてください。身体がポカポカ温かくなります。

a0029889_2023680.jpg今まで食べた中で一番美味しかったです。画像はパンが多すぎました。パンって水分を含むと膨張するんでしたね(笑)。

我家のソッパ・デ・アホは、もうこれに決まりです!

africaさん、美味しいレシピをありがとうございました♪
by soleiljap | 2005-12-14 16:01 | ◆ 料  理
<< 炒り豆腐 手羽先 >>