<< 娘のリクエストは……  初ケーキ >>
*Recipe アイスボックスクッキー  旨っ!
a0029889_2175490.jpg
今年は年頭からありがたいことに公私の忙しさがいいバランスを保っている。暇をもてあますのも、当たり前だけど忙しすぎるのも嫌。独身時代は本こそ沢山読んだけれど、仕事以外の時間はあんなに時間があったのに何一つ出来なかったような。今は読みたい本もベッドの横に積ん読状態だけれど、今のところ毎朝6時前起床のお弁当作りも苦じゃないし、ほとんど重役出勤のオフィス通いは(申し訳なく思いつつ)、お陰で、朝ケーキを焼いて写真を撮りblogも何とか継続できている。そして、何といっても今ピアノが面白い。4ヶ月経ったけれど日々発見と感動の連続。娘との毎回笑い転げながらの連弾の練習もとてもいいストレス発散になっている。目標はあの曲。言うと笑われてしまいそうなので今は内緒。でも必ず弾いてみせますわ♪
適度に忙しい方が時間をやりくりしながらいろんなことをやってしまうのかもしれないですね。

a0029889_2182935.jpg今日のお菓子はアイスボックスクッキー。このクッキーは以前にもアップしたのですが、今回はあらたに配合を見直して新しくレシピを起こしました。というのも、昨年きっしゅさんからいただいたパリのお土産の砂糖、『シュクレーヌ』 (極微粒グラニュー糖)を使ったクッキーの美味しさに感動したからなのです。

すぐ下の抹茶のクッキーに使ったのですが、出来あがりの軽さに感激。歯ざわりの軽いサクサク感をお好みの方には是非おすすめです。

昨夜、粉、バター、卵の量を少しずつ変えながら作って見つけた配合です。単純な材料だからこそ配合と素材が決め手になるクッキー。簡単なわりには見映えもよくてプレゼントにもなる重宝なクッキーです。
美味しいので皆様も是非作ってみてくださいね。レシピを載せておきます。

※シュクレーヌ(極微粒グラニュー糖)はお菓子の材料店に置いてあります。






アイスボックスクッキー

<材料> 
・ バター(有塩) … 50g
・ シュクレーヌ(極微粒グラニュー糖) … 30g
・ 卵 黄 … 1/2個分
・ 薄力粉(スーパー・バイオレット) … 60g
・ バニラ・エッセンス… 2滴
※ココア生地は ココア5g + 薄力粉55g (抹茶も同じ)

<作り方>
下準備: ★バターを室温にもどしておく ★粉を2回ふるっておく

①室温に戻したバターに砂糖を3回にわけ加え、泡だて器で白くなるまでしっかり混ぜる。
②卵黄を加えよく混ぜる。バニラ・エッセンスを加える。(2滴)
③粉を1/2 加え、ゴムベラで粉とバターをくしっかり混ぜあわせる。残りの粉を加え手早く混ぜ、全体がムラなくしっとりまとまったらラップに棒状に包み、冷蔵庫で1時間程休ませる。
④ ココア生地も同様につくる。

※ローストしたアーモンドスライスやすり潰したアールグレイ茶葉を加える場合はここでしっかりと形を作って冷蔵庫で半日~一晩冷やし固める。
※生地がやわらかくなり過ぎたら、冷蔵庫で冷やしながら作業する。

■市松模様
⑤固まった③のバニラとココア生地をそれぞれ同じ太さの棒状に切って市松模様に重ねる。
⑥形を整えラップにしっかり包んで冷蔵庫で半日以上冷やし固める。
⑦オーブンシートにスライスした生地を置いて、160℃のオーブンで18~20分様子を見ながら焼く。(我家のオーブンでは19分弱)
⑧オーブンシートごと網のうえに置いて冷ます。

※残った生地は冷凍庫に保存。冷凍した生地を再び焼く場合は、あらかじめ冷蔵庫に戻してやわらかくしておく。
[PR]
by soleiljap | 2007-01-23 19:41 | ◆ Sweets
<< 娘のリクエストは……  初ケーキ >>