<< 門前の小僧 凛とした空気 >>
マンゴーのマカロン
a0029889_9505724.jpg
3月最初の日曜日はとても寒い一日でした。そんな日はお菓子作りをしましょう。
マンゴーマカロンは2度目ですが、今回は生地の中とトッピングにマンゴーのクランチを使ってみました。中にはピューレを煮詰めたものをはさみました。

マカロンは生地の状態を崩さなければ、少しのアイデアでいろんなフレーバーのマカロンが作れます。友だちのblogでそんなマカロンに出会うと、とても刺激を受けます。

昨年の12月から、試作を重ねられ沢山のフレーバーのマカロンを作られたricetteさんのblogもその一つ。完成するごとにお料理の先生らしいポイントを押えたメッセージもあり、実際作られる方には必見です。
沢山のマカロンを焼かれていらっしゃるので、是非ごらんください。

そして、もうひと方、いつも小さいお子さんがいらっしゃる中で美味しいパンやお菓子を作られているyuiさん。マカロンを作り始められてすぐの頃、私もblogにお邪魔するようになったのですが、見る見るうちに腕を上げられ、完成されたときは私もモニターの前で一緒に喜んだほどです。 yuiさん、遅くなってしまいましたが、お約束のトラックバックさせていただきますね♪

a0029889_17213383.jpg

a0029889_1722786.jpg
今日も娘が手伝ってくれました。何度もやっているので、マカロンの準備はお手の物。手際よくアシストしてくれたのであっという間に完成しました。マカロンを作れるようになるのも差ほど遠くないように思うのですが・・・甘いかな。


a0029889_2321466.jpgこちらは私がいつも出来上がったマカロンを入れている袋です。7×10cmのシール付の袋(100枚入り)で、200円前後だったと思います。いつも近所の文具店で購入しています。
マカロンは出来立てはネチッとして、歯にくっつくような食感がありますが、袋にいれておくと、翌日には皮の部分がパリッと、生地はしっとりとしています。
好みがありますが、私は翌々日の方がさらに美味しく感じます。カシャ、ハフッという食感。そして、味の方も生地を寝かせた分、中身と生地がなじんでさらに美味しくなります。(あくまでも好みですが)
一個ずつ包むと、その後のラッピングも楽です。

※本日のマカロンは直径約4センチです。

【追記】
 ■ koroちゃんのマカロンもとってもめんこいの~♪ (3月4日記)
[PR]
by soleiljap | 2009-03-01 23:40 | ◆ Sweets
<< 門前の小僧 凛とした空気 >>