2004年 06月 23日 ( 3 )
簡単どら焼き
a0029889_174820.jpg
簡単すぎてUPするのも気がひけるくらい。でも子ども達や、友人にとても人気のおやつです。
あんこは、缶詰のゆであずきを(ここですでに手抜きの気配・・・)にかけ、水分を飛ばし適当なかたさにします。生地は、小麦粉と牛乳、卵、しっとり感を出すためにヨーグルトと少しの砂糖。パンケーキを作る要領で丸く焼きます。ヨーグルトがパンケーキをしっとりさせ、甘さも控えてあるので、あんの甘さが引き立って美味しいです♪
[PR]
by soleiljap | 2004-06-23 17:40 | ◆ Sweets
中華風春雨サラダ
a0029889_115629.jpg
ちらし寿司がでたので、次は中華風春雨サラダ!我が家のおもてなしメニュー(和食・サラダ部門?)の上位に上がるのがこのサラダ。
これも”すめし”と同様、母から伝わったお料理(ドレッシング)です。母のちらし寿司と同じく、気がつけばこのサラダを食べていたと言うほど歴史が長いのです。

大人、子ども、国籍を問わず、どなたに出しても気に入ってくださいます。トッピングにボイルのえびや白身のお刺身などのせたり、作る人の個性でいろんなバリーエーションが楽しめ、普段のお食事から、ちょっとかしこまったテーブルまで幅が利くのも魅力。
[PR]
by soleiljap | 2004-06-23 11:52 | ◆ 料  理
我が家のちらし寿司は母の味
a0029889_03130.jpg
パーティーで良く作るメニューです。
お寿司料理はネタの新鮮さは勿論ですが、”酢飯”さえ押さえれば、簡単といえば簡単なお料理。
海外での日本料理ブームのお陰で、昨今日本にいらっしゃる外国の方もほとんどお刺身も抵抗なく召し上がるようです。

我が家の”酢めし”の配合はおばあちゃんから伝わったレシピです。昔、料理本に載ってた分量で作ってみたところ、ぼんやりした味で、決して美味しいとは言るものではなかったのです。
母が作る”すめし”が一番美味しいと気づいた私は、お寿司のメニューの日、さっそく、ノートと鉛筆を持ってキッチンへ。母はいつもお米は一升を炊きます。調味料は砂糖と塩と酢だけ。
計量器で計ると思いきや、酢以外は手でつかんで分量を見ています。なんと今まで秤など使ったことがなかったのです。

母のお寿司が美味しかったのは、どうやら母の”手”にあったようです。
[PR]
by soleiljap | 2004-06-23 00:32 | ◆ 料  理